noteでスポーツ

【8/12(水)20時】社会問題を解決するスポーツの力を考える #noteでスポーツ

#noteでスポーツ のイベントでは、これまで各競技のトッププレイヤーやチームなどにお話を聞いてその競技やチームの魅力を発信してきたり、note上でスポーツを発信するためにはどうしたら良いかなどを議論してきました。

スポーツといえば「娯楽」の1つとして捉える方が多いかもしれませんが、実は社会問題を解決する1つのツールとして注目をされています。例えば、Jリーグは「シャレン」という名称で各チームのホ

もっとみる
いいイベントにするぞー!
55

サッカークラブのつくりかた番外編 #noteでスポーツ に参加してみて

いよいよ2020シーズンの開幕が日曜日に迫ってきました。

4ヶ月遅れでの開幕となりますが、サッカーが出来る日常がまた戻ってきたことに感謝しています。プレーする喜びを噛み締めて、皆さんに勇気を与えられるような試合をお見せできるよう、選手スタッフ一丸となって鋭意開幕へ向けた準備をしています。

そんな中、昨日はnoteスポーツディレクターの藤里さんにお誘いいただき #noteでスポーツ に参加させて

もっとみる

腕章を巻く者の責任【FOCUS ON:新潟谷勇人】

明治安田生命J1リーグから数えて「J8」の東京都社会人サッカーリーグ2部に所属しているTOKYO CITY F.C.。渋谷区をホームタウンに活動するクラブには、いったいどんな選手が在籍し、どんな思いを胸に秘めてプレーしているのだろうか。選手1人ひとりのパーソナリティに焦点を当てる連載企画「FOCUS ON」がスタート。第15回は今シーズンからキャプテンを務める加入3年目のDF、背番号6の新潟谷勇人

もっとみる

【7/21(火)19時】 「TOKYO CITY F.C.が目指すソーシャルフットボールクラブとは」を開催します。 #noteでスポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断していたJリーグもいよいよ再開し、日本にサッカーがある日常が戻ってきました。今年も応援しているチームの結果に一喜一憂する日々が帰ってきます。

ところで、皆さんがよく目にするJリーグは現在J1、J2、J3の3部制ですが、実はその下にはJリーグヘの参入を目指すチームによる戦いが行われいることをご存知でしょうか?

TOKYO CITY F.C.は渋谷から将来的なJリーグ

もっとみる
いいイベントつくるぞおおお
51

整骨院の先生とカラダ談義してみた。「ケガを予防するための靴&サンダルは?」

僕はカラダのケアは怠らない方です。
でも月間300kmも走っていると、自分でストレッチやセルフマッサージ、食事に気をつけていても筋肉のハリが取れなくなってきています。

息子には「歳だな・・・」と言われましたが(笑)

そんな訳で、今週時間が取れたので、久しぶりに昔からお世話になっている先生のところに行ってきました。

いろいろ話しましたが、一番盛り上がったのは「靴&サンダル」の話。
ケガをしない

もっとみる
ありがとうございます😊
6

今は慌てるな。弱点を洗い出すことに専念しよう。俺流「自己ベストを出すための行動」2020年版

noteの記事を書こうとした時に、高1の息子が部活から帰ってきました。

陸上部に入部して1ヶ月。
今日、タイムトライアルをやって落ち込んでいたそうです。

2種目計測して一つは自己ベスト。
しかし中学からやっていた種目(800m)は自己ベストから3秒落ちでショックだったみたいです。

例年なら4月に入部して3ヶ月経ち、体力は戻っていなければならない時期。
しかし、今年は状況が違います。

学校が

もっとみる
ありがとうございます😊
4

カラダが大きい人はキツイよね(僕もそう)。これで軽減できるかも!?俺流風の強い日の走り方。

僕は身長180cm、体重75kg。
長距離ランナーとしては大型の部類に入ります。

カラダが大きい人の宿命としてあるのは、

「風の強い日はモロに影響を受ける」
「集団の先頭に出され壁役になる」

この2つでしょう。

海沿いのレースや風の強いレースの時、僕は後ろにつかれたことが多くあります。
頭にくるくらい(笑)

しかし、経験すると慣れるもので、強風の中ペーサーをしてもキッチリペースを守って走

もっとみる
ありがとうございます😊
4

例年なら今頃は秋のレースエントリー時期。今年の状況はどんな感じなのか調べてみた。

6月は、例年なら10〜12月に行われるレースのエントリーが目白押し。
僕が過去エントリーしたことある大会だと「ハセツネ」「手賀沼エコマラソン」「つくばマラソン」などですかね。
「ハセツネ」はクリック合戦をしたのが懐かしいです。

しかし、この年はこの3レース全て中止が確定しています。
非常に残念です。
特につくばマラソンは早々に中止を決定していましたしね。

しかし、どんな状況でもトレーニングして

もっとみる
ありがとうございます😊
5

「スタンフォード式疲れない体」をさらに細かく見てみよう。今回は「疲労発生のメカニズム」について

今回もこの本について書きたいと思います。

「今回も」というのは別記事で「スタンフォード式疲れない体」に関してかいているからです。

この記事ですが、予想以上に読まれているのにビックリ。
みんなそんなに疲れているんでしょうか(そんな訳ない)

でも、興味があるのは間違いないと思っています。
今、読み返しているので、レポートを書く感覚で紹介していきたいと思います。

今回は「疲労発生のメカニズム」に

もっとみる
ありがとうございます😊
13

コツコツが勝つコツ

レベニロッソNC広報担当と選手とのインタビュー形式でお届けする「#レベニと僕らの原動力」。

今回はレベニロッソNC期待の若手、荒井康暉選手の登場です。

怪我で思ったように高校時代にサッカーができなかった荒井選手。社会人でサッカーを続けることを選び、その先で出会ったもう一つの原動力も教えてくれました。

荒井選手のサッカーを始めたキッカケ、またレベニロッソNCでサッカーをしようと思ったキッカケを

もっとみる
応援ありがとうございます!
3