noteイベント情報

note主催イベントの情報をお届けする公式noteです。

noteイベント情報

note主催イベントの情報をお届けする公式noteです。

リンク

マガジン

  • noteイベントレポート

    • 164本

    noteで開催するイベントのレポート記事をまとめています。

  • 創作大賞イベント

    創作大賞2024関連のイベント一覧です。 #創作大賞イベント #創作大賞に質問

  • 過去のnoteライブ一覧

    これまでに開催してきたnoteライブのお知らせをまとめているマガジンです。

  • 今後開催するnoteライブ/イベント一覧

    • 3本

    これから開催するnoteライブのお知らせをまとめているマガジンです。

  • 安心創作勉強会

    クリエイターが安心して創作するために知っておきたい情報をお届けするイベント、「安心創作勉強会」についてのマガジンです。

最近の記事

締め切り間近!創作大賞受賞者 × 担当編集に聞く、最後まで粘るポイントは?

創作大賞2024の締め切りもまもなく。noteの創作大賞2023で受賞し書籍化を果たしたせやま南天さんと霜月透子さん、お二人の担当編集者である木造ほのかさん(朝日新聞出版)と大島有美子さん(新潮社)をお招きし、創作のコツや締め切り直前のアドバイスをお聞きしました。 応募を検討している方々は、ぜひ追い込み時に参考にしてみてください。 昨年の受賞作について頑張っている人たちに届けたい『クリームイエローの海と春キャベツのある家』 ──受賞作のお話からお聞きしたいと思います。ま

    • ジェーン・スーさん・伊藤亜和さんに聞く「家族について書くということ」#創作大賞2024

      エッセイストとして多数の作品を発表しているジェーン・スーさん。ラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』のパーソナリティを務めるほか、作詞家としても活躍しています。 X(旧Twitter)にポストされた伊藤亜和さんのnote「パパと私」を読んだスーさんは、「地獄のTwitterにも天国あり」と感動しシェア。スーさんをはじめ多くのひとにシェアされたことで「パパと私」は大きな反響を呼び、創作大賞2023 メディアワークス文庫賞を受賞しました。本作は伊藤さんのデビュー作『存在の耐えられ

    • 採用広報で成果を出すためのオウンドメディアの活用法を、サイバーエージェントの田内さんに伺います。

      7月開催の「実践企業に学ぶ オウンドメディア成功の秘訣」では、サイバーエージェントで採用広報を担当されている田内貴大さんをゲストにお迎えしてオンラインイベントを開催します。 【こんな方におすすめ】 ・採用広報に興味がある人事担当や広報担当の方々 ・企業のSNS公式アカウントやオウンドメディア担当者の方々 開催背景 こちらの「実践企業に学ぶ オウンドメディア成功の秘訣」は、企業がオウンドメディアをどういう目的で立ち上げ、どのように運営をつづけていくべきか、企業のオウンドメ

    • 7月23日に、法人note勉強会を四谷のnoteオフィスで開催します。

      noteの企業活用を検討されている方や、試行錯誤中の方向けに、四谷にありますnoteオフィスで「法人note勉強会」を開催させていただきます。 当日は、参加者の方の質問にできる限り答えさせていただきますので、是非ご参加下さい。 【こんな方におすすめ】 ・法人の情報発信におけるポイントを知りたい方 ・noteもしくはnote proに興味がある方 ・マーケティング、広報、採用担当の方 開催背景 不定期で開催しております「法人note勉強会」ですが、7月23日にも開催させてい

    締め切り間近!創作大賞受賞者 × 担当編集に聞く、最後まで粘るポイントは?

    マガジン

    • 創作大賞イベント
      13本
    • noteイベントレポート
      164本
    • 過去のnoteライブ一覧
      469本
    • 今後開催するnoteライブ/イベント一覧
      3本
    • 安心創作勉強会
      17本
    • ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方
      53本

    記事

    • 「本当にほしい人材」に集まってもらうための採用広報のポイントとは? マルゴト代表の今さんに伺います。

      7月の「noteとSNSで広がる!企業の情報発信戦略」では、書籍『中途採用の定石』著者でもあるマルゴト代表取締役の今 啓亮さんをゲストにお迎えしてオンラインイベントを開催します。 【こんな方におすすめ】 ・採用担当、広報・PR、マーケティング担当の方々 ・企業のSNS公式アカウントやオウンドメディア担当者の方々 開催背景こちらのイベントは、企業がnoteやSNSを活用してどのように情報発信をしていくべきか、様々な専門家や有識者の方々に、公開インタビュー的にポイントをお聞き

      「本当にほしい人材」に集まってもらうための採用広報のポイントとは? マルゴト代表の今さんに伺います。

      ミステリー小説って、どう書くの?『薬屋のひとりごと』日向夏さん&『死にたがりの君に贈る物語』綾崎隼さんに聞く、超私的ミステリー小説の書き方【アーカイブ公開中】

      7月2日(火)19:30から、小説家の日向夏さん(代表作:『薬屋のひとりごと』)と、綾崎隼さん(代表作:『死にたがりの君に贈る物語』)のおふたりに、ミステリー小説の書き方について語っていただくクロストークイベントを開催します! ▼ こんな方におすすめ ・「創作大賞2024」でミステリー小説部門に応募したいと思っている方 ・小説家として商業デビューを目指している方 ・書いた小説を推敲する上でのプロ作家の視点を知りたい方 配信はこちらからご覧いただけます 日向夏さんは、小説

      ミステリー小説って、どう書くの?『薬屋のひとりごと』日向夏さん&『死にたがりの君に贈る物語』綾崎隼さんに聞く、超私的ミステリー小説の書き方【アーカイブ公開中】

      ホラー小説の書き方とは。織守きょうやさん×背筋さん×梨さん #創作大賞2024

      創作大賞2024で、新設されたホラー小説部門。挑戦したいけど、いまいち書き方がわからない……と、思っている方はいませんか? 今回はいま活躍中のホラー作家3名をゲストにお招きし、「ホラー小説の書き方」についてうかがうトークイベントを開催しました。ゲストは織守きょうやさん、背筋さん、梨さん。それぞれのホラー観やキャラクターのつくり方について、くわしくお話しいただきました。 ホラーは非常に懐が深いジャンル──さっそくですが、ホラーには怪談、オカルトなどさまざまなジャンルがあると

      ホラー小説の書き方とは。織守きょうやさん×背筋さん×梨さん #創作大賞2024

      【6/29(土)】創作大賞の追い込みをみんなで!昨年受賞者・編集者のトーク&質問&交流会も開催します。

      noteで開催中のコンテスト「創作大賞2024」も締め切り間近。 6月29日(土)11:00から、東京・四谷のnote placeを、応募作の執筆ができるスペースとして開放します。また、午後には昨年度の受賞者と担当編集者によるトーク&質問会と、交流会も開催します。 「創作大賞2024」の最後の追い込みをしたい方、応募にあたっての大事なポイントを受賞者や編集者に学びたい方は、ぜひご来場ください! ▼やること&タイムライン ・11:00- 創作スペースの開放(①) ・16:0

      【6/29(土)】創作大賞の追い込みをみんなで!昨年受賞者・編集者のトーク&質問&交流会も開催します。

      ジェーン・スーさん・伊藤亜和さんがエッセイを語る「家族について書くということ」 #創作大賞イベント【アーカイブ公開中】

      伊藤亜和さんは昨年、「パパと私」で創作大賞2023 メディアワークス文庫賞を受賞。6月には本作が収録されたデビュー作『存在の耐えられない愛おしさ』が刊行されます。 イベントレポートはこちら 配信はこちらから 「パパと私」が注目を浴びたきっかけは、ジェーン・スーさんなど多くの人がX(旧Twitter)でシェアしたこと。伊藤さんの才能を見出したジェーン・スーさんとの対談を、6月24日(月)にnoteで開催します。 おふたりはエッセイスト/文筆家であるというだけでなく、父親

      ジェーン・スーさん・伊藤亜和さんがエッセイを語る「家族について書くということ」 #創作大賞イベント【アーカイブ公開中】

      【6月21日(金)20時〜】ラ・リーガをキーワードで深掘り。第4回「La Nota ~キーワードで辿るスペイン・フットボール〜 」を開催します。

      世界屈指の人気と実力を誇るスペインのフットボールリーグ、ラ・リーガを深掘りするイベント「La Nota ~キーワードで辿るスペイン・フットボール〜 」。第4回の開催が6月21日(金)に決定しました! このイベントでは、U-NEXTのラ・リーガ中継で専属実況を務める倉敷保雄さん、小澤一郎さん(VTR出演)、桑原学さん、そしてサッカー解説者の林陵平さんをお招きし、毎回ピッチ内、ピッチ外に関するキーワードを1つずつセクレトして、ラ・リーガの魅力を語っていただきます。 第3回のテ

      【6月21日(金)20時〜】ラ・リーガをキーワードで深掘り。第4回「La Nota ~キーワードで辿るスペイン・フットボール〜 」を開催します。

      【6/20(木)20時】炎上、誹謗中傷どう防ぐ?いま知るべき事例と対策 #安心創作勉強会

      本勉強会は終了しました。アーカイブ映像は以下からご覧いただけます。 インターネットでの誹謗中傷や炎上といったトラブルが社会課題になっています。 今回は、デジタル・ジャーナリスト育成機構(D-JEDI)との共催で「炎上、誹謗中傷どう防ぐ?いま知るべき事例と対策 」と題して、炎上のしくみや個人でできる予防法などを学びます。 こんな方におすすめ炎上や誹謗中傷が怖くてインターネットの発信をたのしめない どんな流れで炎上にいたるのか知りたい 炎上しやすいテーマを知っておきたい

      【6/20(木)20時】炎上、誹謗中傷どう防ぐ?いま知るべき事例と対策 #安心創作勉強会

      新川帆立さん・秋谷りんこさんに聞く「デビューまでにすべきこと、作家のキャリアの築き方」#創作大賞2024

      『元彼の遺言状』でデビューした新川帆立さんは、著書が立て続けにドラマ化され、4月に発売された『女の国会』も早くも反響を呼んでいます。 秋谷りんこさんは、そんな新川さんに「創作大賞2023」で見出され、別冊文藝春秋賞を受賞。『ナースの卯月に視えるもの』でデビューしました。本作は、発売2週間足らずで三刷が決定。いま話題のお仕事小説です。 そのお二人をお招きしたイベント「デビューの軌跡と作家のキャリア」では、お互いの著作のことやデビューまでの過程、コンテスト応募にあたっての心得

      新川帆立さん・秋谷りんこさんに聞く「デビューまでにすべきこと、作家のキャリアの築き方」#創作大賞2024

      【6/6(木)19:30】織守きょうやさん×背筋さん×梨さん「わたしのホラー小説の書き方」#創作大賞イベント

      イベントレポートはこちら ↓ ・・・ 6月6日(木)19:30から、ホラー作家3名にそれぞれの「ホラー小説の書き方」をお話いただくトークイベントを開催します。ゲストは、織守きょうやさん(『記憶屋』『彼女はそこにいる』)、背筋さん(『近畿地方のある場所について』)、梨さん(『かわいそ笑』『6』)の3名です。 配信はこちらからご覧いただけます ▼こんなひとにおすすめ 開催中のコンテスト「創作大賞2024」に応募したいと思っている方 ホラー小説の書き方を学びたい方、はじ

      【6/6(木)19:30】織守きょうやさん×背筋さん×梨さん「わたしのホラー小説の書き方」#創作大賞イベント

      小説の書き方って?『異世界居酒屋「のぶ」』蝉川夏哉さんに学ぶ小説のキホン

      創作大賞2024に参加したい。小説を出したいけど、書き方がわからない。そんな方々に向けて、noteでは代表作『異世界居酒屋「のぶ」』の小説家・蝉川夏哉さんに、小説の書き方の基礎的なノウハウを教えていただく講座を開催しました。 蝉川夏哉さんは小説投稿サイトからデビュー。『異世界居酒屋「のぶ」』が第2回「なろうコン大賞」(現・ネット小説大賞)を受賞しました。同作はその後マンガ化、アニメ化、実写ドラマ化など、さまざまなメディアミックスが行われる大ヒット作品となっています。 本記

      小説の書き方って?『異世界居酒屋「のぶ」』蝉川夏哉さんに学ぶ小説のキホン

    • 企業のSNSマーケティングとは?「成果につなげる7つの鉄則」

      デジタルメディアの発展により、企業のマーケティング戦略は大きな変革をもたらしています。この変化に対応するため、従来のコミュニケーション手法を見直す必要に迫られている方々も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、株式会社GiftXの創業者で書籍『SNSマーケティング7つの鉄則』を上梓された飯髙悠太さんをお迎えし、企業がどのようにnoteやSNSをマーケティングに利用すべきか、現代の情報発信戦略について掘り下げました。 ※本記事は2023年12月12日に開催された「note

      いま、文芸同人誌をつくるメリットは?文学フリマに出す意義から同人誌制作の裏話まで!

      近年、Web上で自身の作品を公開することが一般的になり、「文芸同人誌」の盛り上がりも加速しています。noteでもクリエイター自身が制作した同人誌を、有料で販売する動きが増加。このような流れを受けて、先日noteでは同人誌制作の魅力に迫るトークイベントを開催しました。 登壇したのは、人気マンガ『高度に発達した医学は魔法と区別がつかない』の原作など多数の著作を手がけつつ、文芸同人誌サークル「作家軽飯」の代表も務める津田彷徨さん、オリジナルアニメ『K』や『AYAKA ‐あやか‐』

      いま、文芸同人誌をつくるメリットは?文学フリマに出す意義から同人誌制作の裏話まで!