ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方

16
noteで想いを伝え、Twitterで広くつながる「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」
+10

noteで想いを伝え、Twitterで広くつながる「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」

コロナ禍によって企業のデジタルシフトがさらに飛躍的に進む現代。発信力を磨き、顧客とのコミュニケーションを自らの事業やブランディングに昇華させる力が、企業には必要不可欠となっています。 そこで今回、Twitter Japan社のマーケティング責任者・森田謙太郎さんをお招きし、noteとTwitterを組み合わせて活用する具体的な方法について議論しました。あまたあるデジタルツールをどのように活用すればよいか悩まれている方へのヒントになれば幸いです。 登壇者紹介 森田 謙太郎

スキ
35
お客さんが喜ぶことをやりつづける  ──Zアカデミア学長・伊藤羊一さん流、SNSのつづけ方
+3

お客さんが喜ぶことをやりつづける ──Zアカデミア学長・伊藤羊一さん流、SNSのつづけ方

スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに SNSの活用法を聞く「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」インタビューシリーズ。noteプロデューサーの徳力基彦さんをモデレーターとして毎月開催しています。 このスピンオフ企画「インタビューシリーズ」では、スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに、SNSとの出合いや自身がビジネスでSNSをつかいこなすようになったきっかけ、現在の活用法などをおうかがいしています。 7月28

スキ
43
アル代表・けんすうさん流SNSのつづけ方。発信で大事なのは相手の目線に立つこと
+3

アル代表・けんすうさん流SNSのつづけ方。発信で大事なのは相手の目線に立つこと

noteプロデューサーの徳力基彦さんをモデレーターとして毎月開催しているトークイベント「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」シリーズ。このイベントでは、SNSをフル活用している企業の方にご登場いただき、そのノウハウと心構えをお話しいただいています。 このスピンオフ企画「インタビューシリーズ」では、「Startup Hub Tokyo」協力のもと、スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに、SNSとの出合いや自身がビジネスでSNSをつかいこなす

スキ
59
ad:tech tokyo主催・古市優子さん流SNSのつづけ方。キャラクター統一を意識する。
+3

ad:tech tokyo主催・古市優子さん流SNSのつづけ方。キャラクター統一を意識する。

noteプロデューサーの徳力基彦さんをモデレーターとして毎月開催しているトークイベント「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」シリーズ。このイベントでは、SNSをフル活用している企業の方にご登場いただき、そのノウハウと心構えをお話しいただいています。 このスピンオフ企画「インタビューシリーズ」では、スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに、SNSとの出合いや自身がビジネスでSNSをつかいこなすようになったきっかけ、現在の活用法などをおうかがい

スキ
18
初心者は情報入手とコメントから──リンクトイン日本代表・村上臣さん流、SNSのつづけ方
+4

初心者は情報入手とコメントから──リンクトイン日本代表・村上臣さん流、SNSのつづけ方

スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに SNSの活用法を聞く「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」インタビューシリーズ。 第2回目のゲストは、リンクトイン・ジャパン代表の村上 臣(しん)さんです。「LinkedIn(リンクトイン)」は米国シリコンバレー発のビジネス特化型SNS。世界200カ国、7億5600万人の登録者数がおり、日本でも200万人超の登録者がいます。 学生時代にベンチャー企業「電脳隊」を設立し、その後もモバイルやインターネ

スキ
64
ヒットCM「消臭力」仕掛け人・鹿毛康司さんの「心を感じ、絆を深める」SNSのつづけ方
+3

ヒットCM「消臭力」仕掛け人・鹿毛康司さんの「心を感じ、絆を深める」SNSのつづけ方

さまざまな分野で活躍しているゲストをお招きし、noteやSNSとの付き合い方をひも解いていく企画「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」。 第3回目のゲストはマーケター / クリエイティブディレクターの鹿毛康司さんです。鹿毛さんはCMプランナー、監督、コピーライターに、楽曲の作詞作曲も手がける独自のスタイルで、日本の広告業界をリードする存在として長年活躍されてきました。 先日、書籍『「心」が分かるとモノが売れる』(日経BP)を出されたばかり。今回はこの出版を記念して

スキ
81
Voicy代表・緒方憲太郎さん流SNSのつづけ方。声と文字のプラットフォームで奥行きのある発信をめざす
+3

Voicy代表・緒方憲太郎さん流SNSのつづけ方。声と文字のプラットフォームで奥行きのある発信をめざす

2021年4月にはじまったトークイベント「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」シリーズ。このイベントでは、SNSをフル活用している企業の方にご登場いただき、そのノウハウと心構えをお話いただいています。 今回、このスピンオフとして「インタビューシリーズ」企画をスタート。スタートアップの代表や先鋭的な企業で活躍しているビジネスパーソンに、SNSとの出合いや自身がビジネスでSNSを使いこなすようになったきっかけ、現在の活用法などをおうかがいします。 ビジネスのトップラン

スキ
35
社会を動かすメッセージの届け方とは? #等身大の企業広報
+7

社会を動かすメッセージの届け方とは? #等身大の企業広報

noteプロデューサーの徳力基彦さんをモデレーターとして毎月開催している「等身大の企業広報」イベント。8月23日(月)に開催された第6弾では、「社会を動かすメッセージの届け方とは?」をテーマに、元P&Gの大倉佳晃さんと、サイボウズの大槻幸夫さんにお話しいただきました。 パンテーンの「#HairWeGo 」やサイボウズの「がんばるな、ニッポン。」。どちらも企業発のメッセージによって、社会の「当たり前」を考え直すきっかけが生まれたプロジェクトです。一見、従来の企業プロモーション

スキ
93
生活者と友人になる広報とは? #等身大の企業広報
+19

生活者と友人になる広報とは? #等身大の企業広報

noteプロデューサーの徳力基彦さんをモデレーターとして毎月開催している「等身大の企業広報」イベント。7月20日(火) に開催された第5弾では、「生活者と友人になる広報とは?」をテーマに、シャープ公式Twitter担当の山本隆博さんと、ヤッホーブルーイングの岩城佳那さんにお話しいただきました。 オウンドメディアやSNSアカウントなど、企業の情報発信の選択肢が多様化するなか、従来のように生活者に一方的に情報を発信するのではなく、双方向のコミュニケーションが重要になっているとい

スキ
49
「商品へのこだわりを発信しつづけ顧客に愛される老舗」中川政七商店とIKEUCHI ORGANICのSNSのつづけ方
+7

「商品へのこだわりを発信しつづけ顧客に愛される老舗」中川政七商店とIKEUCHI ORGANICのSNSのつづけ方

さまざまな分野で活躍しているゲストをお招きし、noteやSNSとの付き合い方をひも解いていくトークイベント企画「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」。 第2回目のゲストは、1716年創業の中川政七商店で取締役CDO(取材当時)を務められている緒方 恵さんと、創業68年目をむかえた今治タオルメーカーのIKEUCHI ORGANICで営業部長をされている牟田口武志さん。おふたりとも歴史ある企業で、ECサイトや実店舗の運営にSNSをフル活用しています。SNSでの効果的な発

スキ
48