noteビジネス

noteのビジネスカテゴリ公式アカウントです。「ビジネス」「マネー」に関するさまざまな記事をマガジンでまとめたり、クリエイターのみなさんが記事を書きやすくなるようなお題を発信します。カテゴリページはこちら:https://note.com/topic/business

noteビジネス

noteのビジネスカテゴリ公式アカウントです。「ビジネス」「マネー」に関するさまざまな記事をマガジンでまとめたり、クリエイターのみなさんが記事を書きやすくなるようなお題を発信します。カテゴリページはこちら:https://note.com/topic/business

    マガジン

    • PM 記事まとめ

      • 289本

      PM(プロダクトマネジャー、プロジェクトマネジャー)の記事をピックアップする公式マガジンです。#PM、#PdM、#プロジェクトマネジャー、#プロダクトマネジャーのハッシュタグをつけての投稿をお願いいたします!

    • ビジネス 記事まとめ

      • 12,347本

      ビジネスカテゴリの新着記事をピックアップする、公式マガジンです。

    • 人事・採用 記事まとめ

      • 499本

      人事や採用についての記事をまとめる、公式マガジンです。#人事や#採用のハッシュタグで投稿をお願いします!

    • 広報・PR 記事まとめ

      • 226本

      広報やPRに関する記事をまとめる公式マガジンです。#広報や#PRで投稿をお願いします!

    • すてきな #企業のnoteまとめ

      • 205本

      企業のnoteを運営する工夫や、体験談などを投稿していただく「#企業のnote」のすてきな記事を紹介しています。

      • PM 記事まとめ

        • 289本
      • ビジネス 記事まとめ

        • 12,347本
      • 人事・採用 記事まとめ

        • 499本
      • 広報・PR 記事まとめ

        • 226本
      • すてきな #企業のnoteまとめ

        • 205本
      • すべてのマガジンを表示

    最近の記事

    • 固定された記事

    ビジネスパーソンにおすすめの、5つの記事テーマをご紹介します!

    4月20日に、ビジネスパーソン向けに、noteを活用したコンテンツ発信の方法をお伝えする「ビジネスパーソンのためのnote勉強会」を開催しました! この記事では、勉強会でお話しした、ビジネスパーソンのみなさんにおすすめの執筆テーマを、事例とともにご紹介します。 他のクリエイターの記事事例を参考にして、ぜひ、みなさん自分に当てはめて、内容を考えてみてください! おすすめの記事テーマのご紹介今回は5つのテーマを紹介します。 新社会人のかたや、若手のビジネスパーソンにもおすす

      • 記事の要点をちぎってツイートする。アプリマーケティング研究所代表・鶴谷さんに聞く、Twitterからnoteへの誘導のコツ

        noteとTwitterを組み合わせてつかう際のTipsを語る「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」イベント。今回は実践編として、月間約10〜20万人が閲覧する人気メディア「アプリマーケティング研究所」を運営している鶴谷智洋さんにおこしいただきました。 鶴谷さんは、取材から記事公開まで基本的に一人で担当し、Twitterの運用も行っています。記事公開後に投稿するツイートに寄せられるスキやリツート数は、3ケタに及ぶこともしばしば。そこで今回は、not

        • 日経新聞と開催したお題企画「#私の学び直し」で、5名のクリエイターが受賞しました!

          2022年11月1日から約1ヶ月半、日本経済新聞とnoteで共同で開催した投稿企画「#私の学び直し」の受賞者を発表します! 期間中(11/1〜12/14)には、10,655件もの作品をご応募いただきました! 予想を上回るたくさんの作品を投稿いただき、ありがとうございます。応募作品一覧はこちらです。 選考の結果、次の5名の受賞者が決定しました。 「日経COMEMO」賞(3名) : ビジネスリーダーが専門領域の知見を投稿するサービス「日経COMEMO」や日経電子版で紹介いた

          • 「ファンとの関係構築のカギは"信頼性"にあり」クリエイターエコノミーの現在地

            だれでもがクリエイターとして活躍し、収益を得られる時代。拡大する国内クリエイターエコノミー市場に関し、以下の調査結果が発表されています。 日本におけるクリエイターエコノミーの現在地と未来について、アル株式会社代表取締役の古川健介(以下、けんすう)さんと、フリーランスの経済ジャーナリストとして活躍している後藤達也さんにお話をうかがいました。 大きな変化は技術ではなく文化からーー以前はInstagramやTikTokのユーザーのことをインスタグラマー、ティックトッカーと呼んで

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • PM 記事まとめ
            noteビジネス 他
          • ビジネス 記事まとめ
            noteビジネス 他
          • 人事・採用 記事まとめ
            noteビジネス 他
          • 広報・PR 記事まとめ
            noteビジネス 他
          • すてきな #企業のnoteまとめ
            noteビジネス 他
          • リモートワーク(ビジネス) 記事まとめ
            noteビジネス 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            マーケティングに万能薬はない━━『売上の地図』著者・池田紀行さんが語る、noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション #noteとTwitter

            noteとTwitterを組み合わせて使う際のTipsを語る「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」イベント。今回は、株式会社トライバルメディアハウス 代表取締役社長の池田紀行さんにおこしいただきました。 池田さんは6月に書籍『売上の地図』を出版され、マーケティング業界で大きな話題になっています。この本では、ソーシャルメディアやオウンドメディアの売上への貢献の考え方についても詳細に説明しており、従来の企業の売上に関する書籍とは一線を画しています。

            企業はTikTokをどう活用するべきか? 繋がる力が生み出す新しいトレンド

            「TikTok売れ」という言葉が、日経トレンディの2021年ヒット商品ベスト30の1位に輝くなど、TikTokは我々の生活に浸透しています。 そこで今回は「TikTokとnoteでつくる新しい企業コミュニケーション」をテーマに、TikTok for Business Japanの松本幸貴さんをお招きしてイベントを行いました。 高い拡散力と、新しいトレンドを生み出す力を持つTikTokですが、企業はどのように活用していけばいいのでしょうか。その独自の仕組みやTikTok広告

            日経新聞と開催したお題企画「#天職だと感じた瞬間」で、7名のクリエイターが受賞しました!

            2022年9月14日から約1ヶ月半、日経新聞とnoteで共同で開催した投稿企画「#天職だと感じた瞬間」の受賞者を発表します! 期間中(9/14〜10/30)には、4,271件もの作品をご応募いただきました! こちらの予想を上回るたくさんの作品を投稿いただき、ありがとうございます。応募作品一覧はこちらです。 選考の結果、次の7名の受賞者が決定しました。受賞者の投稿は、ビジネスリーダーが専門領域の知見を投稿するサービス「日経COMEMO」や日経電子版で紹介いたします。また、優

            日経電子版・COMEMOに掲載されるチャンス!「#私の学び直し」で投稿を募集します。

            日本経済新聞とnoteの共同の連続お題企画として、「仕事や働き方」についてみなさんの投稿を募集しています。すてきな作品は日経新聞が運営する「日経COMEMO」や「日経電子版」に掲載される可能性があります。さらに、日経COMEMOのKOL(キーオピニオンリーダー)として、定期的に執筆できるチャンスもあります! 本日から始まるお題は「#私の学び直し」です。 社会人の学び直し、新たなスキルの習得を意味する「リスキリング」が注目されています。 「スキルアップのためにやっていること

            【イベントレポート】島根県海士町の取り組みから紐解く「noteとLINEでつくるファンコミュニティ」 #等身大の企業広報

            インターネットやSNSの普及により、企業だけでなく、自治体もさまざまな情報発信に取り組む時代に突入しています。 そこで、今回は等身大の企業広報の自治体編として、島根県海士町でnoteやLINEを担当されている寺田理弘さんをゲストにお招きし、自治体ならではの情報発信の取り組みや事例についてお聞きしました。 また、自治体のnote活用を支援しているnoteディレクターの青柳望美さんからは、100件を超える自治体のnote利用の事例を元に、最新の情報発信事例をお話しいただきまし

            まずは自分の「ナラティブ」を意識することから。『ナラティブカンパニー』著者・本田さんに聞く「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」実践編

            noteとTwitterを組み合わせてつかう際のTipsを語る「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」イベント。今回は実践編の第3弾として、書籍『戦略PR』や『ナラティブカンパニー』などの著者としても有名な、PRストラテジストの本田哲也さんにおこしいただきました。 2009年に出版されベストセラーとなった『戦略PR』をはじめとして、さまざまな著書をお持ちの本田哲也さん。 昨年出版された『ナラティブカンパニー』は、ニューノーマルの時代における「ナラテ

            ひとの心を動かすリリースとは━━かつや鈴木さんと東京たらこスパゲティ小林さんに聞く、ファンとつながるプレスリリース活用法 #等身大の企業広報

            従来はメディアやプレス向けだった「プレスリリース」が、インターネットやSNSの普及によって顧客やファンに直接届く時代になりました。だからこそ、どんな内容のプレスリリースにするか、どのタイミングでどう届けるかは、とても重要です。 見たひとの心を動かしたり、「だれかに伝えたい」と感じさせるプレスリリースにするにはどうすればよいのでしょうか。 今回の等身大の企業広報では、アークランドサービスホールディングス株式会社のブランドである「かつや」担当の鈴木恵美さんと、「東京たらこスパ

            日経電子版・COMEMOに投稿が載るチャンス!「#天職だと感じた瞬間」であなたの“仕事への思い”を募集します。

            本日より日本経済新聞と共同の連続お題企画として、「仕事や働き方」に関する投稿を募集します!すてきな作品は日経新聞が運営する「日経COMEMO」や「日経電子版」に掲載される可能性があります。さらに、日経COMEMOのKOL(キーオピニオンリーダー)として、定期的に執筆できるチャンスもあります! 今回のお題は「#天職だと感じた瞬間」です。「やりがいを感じたエピソード」や「“この仕事でよかった”と感じた理由」を「#天職だと感じた瞬間」で投稿してください。 企画詳細■募集詳細

            広報視点で考える「#等身大の企業広報」イベントレポート

            SNS時代に即した新しいかたちの広報について考える「等身大の企業広報」イベント。早いもので、スタートしてから1年半が過ぎました。 今回は、noteのPRチームの森本愛さんとブランドコミュニケーションチームの金子智美(以下、かねとも)さんが参加し、広報の視点で考える「等身大の企業広報」の可能性と課題について意見を交換しました。以下にその内容をまとめましたのでご覧ください。 「等身大の広報」はキャリアの初期からーー従来のマスメディアを通じた企業広報と、noteやSNSが普及し

            YouTubeの動画撮影プロセスも全見せ━━「noteとYouTubeでつくる新しい企業コミュニケーション」実践編 #noteとYouTube

            企業のデジタルシフトが進むなか、動画を活用して自らの事業やブランディングに活かす企業が増えています。 昨年11月に開催したオンラインイベント「YouTube活用でさらに拡張する noteでつくる新しい企業コミュニケーション」では、YouTubeの定元邦浩さんにご登壇いただき、企業がnoteやYouTubeを組み合わせて活用する際の基本的な考え方やテクニックをご紹介しました。 今回は、実際にnoteやYouTubeをつかって情報発信をしているminne by GMOペパボの

            「PM勉強会」に登壇できるチャンス!「PMとして大切にしていること」を「#PMの仕事」で募集します!

            noteビジネスでは、PMやPdMの仕事にまつわる投稿を「PM記事まとめ」マガジンにまとめてきました。今年5月の開始以降、すでに170本以上の記事が集まっています! 最近ピックアップされた人気の記事はこちらです。 さらに「PMコミュニティ」を盛り上げるために、「投稿企画」と「PM勉強会」を行います! 投稿企画について「PMとして大切にしていること」のテーマで投稿を募集します。すてきな記事は、マガジンやまとめ記事、SNS、8月以降に開催予定の「PM勉強会」で紹介する可能性

            ビームス、マネーフォワードに聞く、社員を巻き込む新しい発信のかたち #等身大の企業広報

            だれでもがWeb上で発信できる現代。人々が求めているのは、きれいな言葉で彩られた広告ではなく、リアルなひとの姿が感じられるコンテンツです。 言い換えるならば、従業員一人ひとりが自ら発信した生の声は、自社をエンパワーメントするコンテンツになりうるということ。 では企業はどうすれば、従業員のエンゲージメントを高め、自分ごととして自社や自社のサービスについて語ってもらうことができるのでしょうか。 第13回目の「等身大の企業広報」では、株式会社ビームス矢嶋正明さんと、株式会社マ