noteビジネス

noteのビジネスカテゴリ公式アカウントです。「ビジネス」「マネー」に関するさまざまな記事をマガジンでまとめたり、クリエイターのみなさんが記事を書きやすくなるようなお題を発信します。カテゴリページはこちら:https://note.com/topic/business

noteビジネス

noteのビジネスカテゴリ公式アカウントです。「ビジネス」「マネー」に関するさまざまな記事をマガジンでまとめたり、クリエイターのみなさんが記事を書きやすくなるようなお題を発信します。カテゴリページはこちら:https://note.com/topic/business

    マガジン

    • ビジネス 記事まとめ

      • 8,215本

      ビジネスカテゴリの新着記事をピックアップする、公式マガジンです。

    • PM 記事まとめ

      • 185本

      PM(プロダクトマネジャー、プロジェクトマネジャー)の記事をピックアップする公式マガジンです。#PM、#PdM、#プロジェクトマネジャー、#プロダクトマネジャーのハッシュタグをつけての投稿をお願いいたします!

    • 人事・採用 記事まとめ

      • 291本

      人事や採用についての記事をまとめる、公式マガジンです。#人事や#採用のハッシュタグで投稿をお願いします!

    • 広報・PR 記事まとめ

      • 92本

      広報やPRに関する記事をまとめる公式マガジンです。#広報や#PRで投稿をお願いします!

    • リモートワーク(ビジネス) 記事まとめ

      • 335本

      リモートワークに関する記事を自動でピックアップする、公式マガジンです。

    記事一覧

    固定された記事

    ビジネスパーソンにおすすめの、5つの記事テーマをご紹介します!

    4月20日に、ビジネスパーソン向けに、noteを活用したコンテンツ発信の方法をお伝えする「ビジネスパーソンのためのnote勉強会」を開催しました! この記事では、勉強会で…

    noteビジネス
    2か月前

    「PM勉強会」に登壇できるチャンス!「PMとして大切にしていること」を「#PMの仕事」で募集します!

    noteビジネスでは、PMやPdMの仕事にまつわる投稿を「PM記事まとめ」マガジンにまとめてきました。今年5月の開始以降、すでに170本以上の記事が集まっています! 最近ピッ…

    noteビジネス
    2週間前

    ビームス、マネーフォワードに聞く、社員を巻き込む新しい発信のかたち #等身大の企業広報

    だれでもがWeb上で発信できる現代。人々が求めているのは、きれいな言葉で彩られた広告ではなく、リアルなひとの姿が感じられるコンテンツです。 言い換えるならば、従業…

    noteビジネス
    3週間前

    Twitterは「道」&「マーケティングの場」。人気編集者・竹村俊助さんに聞く「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーショ…

    noteとTwitterを組み合わせてつかう際のTipsを語る「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」イベント。今回は実践編として、編集者の竹村俊助さんにおこしい…

    noteビジネス
    3週間前

    キリン・平山高敏さんに聞く「なぜいま法人がnoteを選ぶのか?〜効果が得られるはじめ方・つづけ方〜」note法人利用 1万件突破記…

    noteの法人利用が1万件を突破しました! その記念として、キリンホールディングスでオウンドメディアを作り上げた平山高敏さんにお話をお伺いします。オウンドメディアの…

    noteビジネス
    2か月前

    着飾らずに素の自分を出す━━株式会社グッドパッチ 代表取締役社長・土屋尚史さん流、SNSのつかい方

    「Twitterは僕にとっては呼吸のようなもの。やる目的や理由が先にあるのではなく、そのときそのときの思いをただ残したいんです。それが結果的に資産になってもいます」 …

    noteビジネス
    2か月前

    会社への「愛」を、社外の人にどう伝えるか――SmartHRたけべさんと、エン・ジャパン清水さんが語る、「オープン社内報」のはじ…

    コーポレートサイトやSNS、オウンドメディアなど、企業が情報発信するツールはさまざまありますが、なかでも最近「オープン社内報」の取り組みが注目されています。 「オ…

    noteビジネス
    2か月前

    東スポnote編集長 森中航さん&タビオ靴下屋事業部 田口裕貴さんに聞く、「noteとTwitterの相乗効果」をねらったコミュニケーシ…

    noteとTwitter。SNSのツールとして使われてはいても、機能や文化はまったく違います。企業アカウントは、この2つのツールをどのように使っていくべきでしょうか?  今回…

    noteビジネス
    2か月前

    職種別の「#私の仕事」について熱く語る投稿を募集します!

    noteビジネスカテゴリでは、みなさんの関心に合った記事に出会えるように職種別のマガジンを強化していきます! それにあわせてお題企画も実施いたします! 「#私の仕事…

    noteビジネス
    3か月前

    ビジネスパーソン向けの5つの「職種別マガジン」を開始&リニューアルします!

    noteのビジネスカテゴリでは、みなさんの興味に合わせた記事に出会える機会を増やしていくため、職種別の「記事まとめマガジン」を強化していきます! 5つの職種別マガジ…

    noteビジネス
    3か月前

    人生のすべてをコンテンツとしてとらえるーーSHE株式会社CEO福田恵里さん式SNSの届け方

    「大学時代、Twitterで尊敬する起業家やクリエイターの方々に、片っ端から『会って話がしたい!』とDMを送りました。10人に1人は会っていただけて、将来自分がやりたいこと…

    noteビジネス
    3か月前

    ニュースを使ったスキルアップ! 日経COMEMOの人気著者に聞く、仕事に役立つ「ニュースの活用術」 #ニュースを読んで書…

    さまざまな分野のリーダーたちが自分の知見を投稿するサービス「日経COMEMO」。今回は、COMEMO執筆陣の中から、Zアカデミア学長、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長…

    noteビジネス
    3か月前

    サッポロビール・土代さんと東急ハンズ・本田さんに聞く、顧客の声からヒットを生む方法とは? #等身大の企業広報

    だれもが自由に発信できる現代において、インターネット上では会社や商品・サービスに対するさまざまな声があふれています。一個人から寄せられた感想や要望を、企業はどの…

    noteビジネス
    3か月前

    【結果発表】日経電子版・日経COMEMOに投稿が掲載!「#ニュースからの学び」の結果をお届けします。

    自分の仕事や業界に関係するニュースに対する意見や考察、ニュースを読んで考えたことを募集したお題企画「#ニュースからの学び」の結果発表をします! 【6/15追記】受賞…

    noteビジネス
    4か月前

    オウンドメディアにルールはない━━カインズ・清水さんとキリン・平山さんが語る、オウンドメディア成功の秘訣 #等身大の企業広…

    コーポレートサイトやSNS、プレスリリースなど、企業が情報発信をする場所はさまざまあります。そんななか、オウンドメディアに求められる役割とは何なのでしょうか。どう…

    noteビジネス
    4か月前

    つながる先に誰がいるのか、しっかりと観察する——PLAY株式会社 代表取締役・イセオサムさん流、SNSでの情報の届け方

    SNSは、友達とおもしろいことをするために つながる手段——「ボケて」などのスマホアプリのプロデュースの印象が強いイセオサムさんですが、数々の企業の取締役やYouTube…

    noteビジネス
    5か月前
    固定された記事

    ビジネスパーソンにおすすめの、5つの記事テーマをご紹介します!

    4月20日に、ビジネスパーソン向けに、noteを活用したコンテンツ発信の方法をお伝えする「ビジネスパーソンのためのnote勉強会」を開催しました! この記事では、勉強会でお話しした、ビジネスパーソンのみなさんにおすすめの執筆テーマを、事例とともにご紹介します。 他のクリエイターの記事事例を参考にして、ぜひ、みなさん自分に当てはめて、内容を考えてみてください! おすすめの記事テーマのご紹介今回は5つのテーマを紹介します。 新社会人のかたや、若手のビジネスパーソンにもおすす

    スキ
    30

    「PM勉強会」に登壇できるチャンス!「PMとして大切にしていること」を「#PMの仕事」で募集します!

    noteビジネスでは、PMやPdMの仕事にまつわる投稿を「PM記事まとめ」マガジンにまとめてきました。今年5月の開始以降、すでに170本以上の記事が集まっています! 最近ピックアップされた人気の記事はこちらです。 さらに「PMコミュニティ」を盛り上げるために、「投稿企画」と「PM勉強会」を行います! 投稿企画について「PMとして大切にしていること」のテーマで投稿を募集します。すてきな記事は、マガジンやまとめ記事、SNS、8月以降に開催予定の「PM勉強会」で紹介する可能性

    スキ
    1

    ビームス、マネーフォワードに聞く、社員を巻き込む新しい発信のかたち #等身大の企業広報

    だれでもがWeb上で発信できる現代。人々が求めているのは、きれいな言葉で彩られた広告ではなく、リアルなひとの姿が感じられるコンテンツです。 言い換えるならば、従業員一人ひとりが自ら発信した生の声は、自社をエンパワーメントするコンテンツになりうるということ。 では企業はどうすれば、従業員のエンゲージメントを高め、自分ごととして自社や自社のサービスについて語ってもらうことができるのでしょうか。 第13回目の「等身大の企業広報」では、株式会社ビームス矢嶋正明さんと、株式会社マ

    スキ
    23

    Twitterは「道」&「マーケティングの場」。人気編集者・竹村俊助さんに聞く「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」実践編

    noteとTwitterを組み合わせてつかう際のTipsを語る「noteとTwitterでつくる新しい企業コミュニケーション」イベント。今回は実践編として、編集者の竹村俊助さんにおこしいただきました。 竹村さんは、ダイヤモンド社などを経て、株式会社WORDSを設立。前田裕二著『メモの魔力』、高島宗一郎著『福岡市を経営する』などヒット作を連発している売れっ子編集者です。 企業のnote活用についても様々な記事を書いている竹村さん。より多くのひとに読まれるnoteの書き方テク

    スキ
    81

    キリン・平山高敏さんに聞く「なぜいま法人がnoteを選ぶのか?〜効果が得られるはじめ方・つづけ方〜」note法人利用 1万件突破記念イベントレポート

    noteの法人利用が1万件を突破しました! その記念として、キリンホールディングスでオウンドメディアを作り上げた平山高敏さんにお話をお伺いします。オウンドメディアの現状からコンセプトの建て方、実際の作り方とその評価について。そして、その中でnoteをどのように捉えて使っていくべきなのか? 平山さんの知見と経験に基づくロジカルな解説は、オウンドメディアに関わる人のみならず、企業の発信に携わるメディア運営に携わるすべての人の参考になる内容です。 また後半では、noteの廣瀬藍

    スキ
    67

    着飾らずに素の自分を出す━━株式会社グッドパッチ 代表取締役社長・土屋尚史さん流、SNSのつかい方

    「Twitterは僕にとっては呼吸のようなもの。やる目的や理由が先にあるのではなく、そのときそのときの思いをただ残したいんです。それが結果的に資産になってもいます」 こう語るのは、株式会社グッドパッチの代表取締役社長兼CEOを務める土屋尚史さん。2020年6月にデザイン会社初の上場を果たしたグッドパッチでは、「デザインの力を証明する」というミッションを掲げ、ユーザー体験も含めた広い意味でのデザイン全般に取り組んでいます。 イベント「ビジネスに役立つSNSやnoteのつづけ

    スキ
    31

    会社への「愛」を、社外の人にどう伝えるか――SmartHRたけべさんと、エン・ジャパン清水さんが語る、「オープン社内報」のはじめかた

    コーポレートサイトやSNS、オウンドメディアなど、企業が情報発信するツールはさまざまありますが、なかでも最近「オープン社内報」の取り組みが注目されています。 「オープン社内報」とは、noteなどを活用して、これまで社内だけで共有していた「社内報」を、社外にも公開し、企業の情報発信ツールとして活用する取り組みです。 今回の「等身大の企業広報」では、いち早く「オープン社内報」に取り組んでいるSmartHRのたけべ ともこさんと、YouTubeを使った「オープン社内報」で話題の

    スキ
    51

    東スポnote編集長 森中航さん&タビオ靴下屋事業部 田口裕貴さんに聞く、「noteとTwitterの相乗効果」をねらったコミュニケーション戦略とは?

    noteとTwitter。SNSのツールとして使われてはいても、機能や文化はまったく違います。企業アカウントは、この2つのツールをどのように使っていくべきでしょうか?  今回は、WebメディアとしてSNSを使いこなす東スポnote編集長 森中 航さんと、企業アカウントを運営するタビオ株式会社の田口裕貴さんにお話を聞き、note、Twitterそれぞれの活用法のみならず、組み合わせた際の相乗効果について探っていきます。 ▼イベントのアーカイブはこちらでご覧になれます。 デ

    スキ
    36

    職種別の「#私の仕事」について熱く語る投稿を募集します!

    noteビジネスカテゴリでは、みなさんの関心に合った記事に出会えるように職種別のマガジンを強化していきます! それにあわせてお題企画も実施いたします! 「#私の仕事」のスピンオフとして、職種ごとの「#私の仕事」について熱く語る投稿を募集します! 4月から仕事をはじめたばかりのかたも、その道何十年のベテランのかたも、どなたも大歓迎です! みなさんそれぞれの職種の記事が見つけやすくなるように、次のようなハッシュタグを設定しました。個別のハッシュタグでも、「#私の仕事」でも

    スキ
    40

    ビジネスパーソン向けの5つの「職種別マガジン」を開始&リニューアルします!

    noteのビジネスカテゴリでは、みなさんの興味に合わせた記事に出会える機会を増やしていくため、職種別の「記事まとめマガジン」を強化していきます! 5つの職種別マガジンまずは第一弾として、 ・マーケティング ・編集・ライター ・広報・PR ・人事・採用 ・PM ※プロダクトマネジャー、プロジェクトマネジャー の5つのマガジンで定期的に記事のピックアップをおこなっていきます。 マーケティングや編集・ライターについては、「#マーケティング 記事まとめ」「#編集 #ライター

    スキ
    9

    人生のすべてをコンテンツとしてとらえるーーSHE株式会社CEO福田恵里さん式SNSの届け方

    「大学時代、Twitterで尊敬する起業家やクリエイターの方々に、片っ端から『会って話がしたい!』とDMを送りました。10人に1人は会っていただけて、将来自分がやりたいことについて話を聞いてもらいました」 こう語るのは、「新しい働き方を実現する女性のためのライフ&キャリアスクール」SHElikes(シーライクス)を運営するSHE株式会社CEO / CCOの福田恵里さん。 福田さんは子どものころから「インターネットの世界が大好き」だったそう。SHEを起業するきっかけや、会社

    スキ
    99

    ニュースを使ったスキルアップ! 日経COMEMOの人気著者に聞く、仕事に役立つ「ニュースの活用術」 #ニュースを読んで書く

    さまざまな分野のリーダーたちが自分の知見を投稿するサービス「日経COMEMO」。今回は、COMEMO執筆陣の中から、Zアカデミア学長、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長の伊藤羊一さん、サイバーエージェント専務執行役員の石田裕子さんのお二人に登場していただき、ニュースの活用術をお伺いします。 お二人は、ニュースは読むだけではなく、それを書いてアウトプットすることで真の価値を発揮すると言います。ならば、どのニュースを選んで書いたらいいのか? そもそもどのように書けばいいのか

    スキ
    34

    サッポロビール・土代さんと東急ハンズ・本田さんに聞く、顧客の声からヒットを生む方法とは? #等身大の企業広報

    だれもが自由に発信できる現代において、インターネット上では会社や商品・サービスに対するさまざまな声があふれています。一個人から寄せられた感想や要望を、企業はどのように受け止め、生かしていけばよいのでしょうか。 今回の「等身大の企業広報」は、お客様との共創によるビールづくりに挑戦しているサッポロビールの土代裕也さんと、Twitterアカウントの「中の人」としてソーシャルメディア戦略に関わっている東急ハンズの本田浩一さんにご登壇いただきました。「顧客」と「つくるひと」の境界が曖

    スキ
    35

    【結果発表】日経電子版・日経COMEMOに投稿が掲載!「#ニュースからの学び」の結果をお届けします。

    自分の仕事や業界に関係するニュースに対する意見や考察、ニュースを読んで考えたことを募集したお題企画「#ニュースからの学び」の結果発表をします! 【6/15追記】受賞作品をご紹介します!今回のお題企画では、ニュースについて独自な視点で意見や感想を述べる投稿が1,000件以上集まりました。 この作品の中から、日経COMEMOの執筆陣がテーマへの合致度や投稿の独自性を基準にピックアップ。今回は、お手本作品を書いた石田裕子さん(サイバーエージェント専務執行役員)、伊藤羊一さん(Z

    スキ
    86

    オウンドメディアにルールはない━━カインズ・清水さんとキリン・平山さんが語る、オウンドメディア成功の秘訣 #等身大の企業広報

    コーポレートサイトやSNS、プレスリリースなど、企業が情報発信をする場所はさまざまあります。そんななか、オウンドメディアに求められる役割とは何なのでしょうか。どうすればうまく運営しつづけられるのでしょうか。 今回の「等身大の企業広報」では、注目を集めるオウンドメディアを運営されているカインズの清水俊隆さんとキリンホールディングスの平山高敏さんをお招きし、運営のこだわりや試行錯誤の過程をお伺いしました。オウンドメディアの運営に悩んでいる方にとってヒントになれば幸いです。 合

    スキ
    67

    つながる先に誰がいるのか、しっかりと観察する——PLAY株式会社 代表取締役・イセオサムさん流、SNSでの情報の届け方

    SNSは、友達とおもしろいことをするために つながる手段——「ボケて」などのスマホアプリのプロデュースの印象が強いイセオサムさんですが、数々の企業の取締役やYouTubeチャンネルの運営、クローズドなオンラインサロンの運営など、マルチに活躍していらっしゃいます。ご自身では自分のことをどう表現されていますか? イセ 広くいうとプロデューサーと呼んでいます。起業家のアイデアや事業をドライブさせる支援や、オンラインサロンではサラリーマンが本業以外の活動に一歩踏み出すためのコミュニ

    スキ
    49