TheWho

真実のロックバンドの新たな名盤『Who』

The Whoのニューアルバムのリリースが発表されたとき、きっと良いアルバムを出してくれるだろうという確信がありました。
現在も精力的に活動しているとはいえ、デビューしてから50年以上のバンドのニューアルバムは、一般的にはそこまで期待されるものではないかもしれません。

ライブでもファンは往年の代表曲求めるもので、新曲を望む人はそう多くないでしょう。
Whoも、2006年に24年ぶりのアルバムをリ

もっとみる

The Whoを観るはずだった話

60年代から活動しているThe Whoというロックバンドが好きです。
世代的に後追いも後追いで、生で見たのは2008年の来日、横浜アリーナの一回のみ。

そんなWhoが2019年にニューアルバムをリリースました。
オフィシャルサイトでアルバムのプリオーダーをすると、UKツアーのチケット優先予約サイトにアクセスできるらしい。公演は2020年3月。ちょうど仕事的に休みが取れそう。これは行くしかない。

もっとみる

【音楽変遷/開拓‐個人的なオススメ】The Who

こんにちは。KATAE / かたえと申します。
まず、こちらに訪れていただいた皆様にお礼を。
数ある投稿の中から訪れてくださり、ありがとうございます。
ご覧になってくださった方に、少しでも感じるものや繋がることがあれば嬉しいです。

自分で新しい音楽を探そう・見つけたいと思った時どうやってみつけたらいいかわからない人もいらっしゃると思います。
こちらの記事がそんな方の参考になれば幸いです!!

もっとみる
ありがとうございます!あなたにとって、素敵な一日でありますように。
9

Vespa50s

#Mods ムーブメントという流れが過去にあった。それは、ファッションとバイクの融合でもあり、若者の文化でもあった。
イギリス発祥のそのムーブメントは1960年代に大きなうねりとなり、若者、ファッション、音楽、といういつの時代でも偉大なクリエイティブの発信源となる3つの要素が重なりあっていた。そんな彼らの愛した乗り物が #ランブレッタ や #ベスパ である。
最新のピッチリとしたスーツやジャケット

もっとみる
帽子を被ると見えなくなるのは髪?それとも。。
2

僕が「けいおん!」の秋山澪ちゃんの生まれ変わりだと思っているワケ

僕が初めて音楽に興味を持ったのは中学一年生の時でした。その頃は自分のPCもラジカセも持っておらず、音楽を進んで聴くという習慣がありませんでした。

そんな時、YouTubeなるものが存在するということを風の噂で耳にします。初めて聞いた時は、違法アップロードや、グロい動画があるといった、少しヤバめのサイトという認識でした。

それは中一男子にしてみれば、魅力以外の何者でもありません。早速父のPCを使

もっとみる

Desert Trip 第3夜 -2016- 僕と音楽と(50)

今宵で最後と思うと、残念な気持ちになるが、夢の時間はいつまでもとはならない。

 The Whoは、武道館で観た。
 このラインナップに連なるだけあって、此方での人気は凄いものがある。

2016.10.16
The Who Setlist
at Empire Polo Club, Indio, CA, USA

Setlist

I Can't Explain
The Seeker
Who Ar

もっとみる

これを知っているフリすれば洋楽通ぶれる!系なアーティスト紹介

こんにちは。

人間一度ぐらい知ったかしてみたいもんだと思うんですが、安易に知ったかすると墓穴を掘るものでございます。
洋楽界隈は知ったかが起きやすいジャンルで、というのも「○○は当然聞いたことあるよね?」的なスタンスで話してくる人が多いんですよね。

今日はそんな面倒くさい洋楽オタク相手に、洋楽オタクである僕が「この人たちあたりを知ってるって言っとけば通ぶれるっしょ」と思うアーティストを紹介した

もっとみる
スキありがとうございます!
19

Vol.29 The Who

ビートルズ、ローリング・ストーンズと並ぶイギリスの3大ロックバンドとして世界中で知られていますが、日本での知名度は他の2者に比べるとやや寂しい感じであることは否めません。
音楽性や後の世代への影響度などは決して引けを取るものではないのですが、70年代当時に日本であまりプロモーションがされなかった(来日もしていない)のが大きな原因のようです。
ただモッズカルチャー好きであったりプレイヤー志向であった

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
3

愛すべき落書きの日々No5

縁とは不思議である。出会いに恵まれているなぁと思ってはいたが、まさかこのnoteでも素敵な出会いがあるとは。ありがたや、ありがたや。このまえ愛すべき落書きの日々No2で落書いたカーティス・リー・メイフィールドの話に出てきた長崎の古着屋のクランプダウン、さらに憧れていたピートさん(Mods先輩)と知り合いの方からコメントいただきました。その方ともきっとクランプダウンでお会いしていると思いますし、想像

もっとみる
感謝します!
7

THE WHO

どうも!!

はちみつです!!

これは以前あるサイトで連載していた『ハニートラップマガジン』っていうwebコラムを、埋もれさせてしまうにはもったいない…と(勝手に)思い、一部加筆修正して掲載しております!!

知ってる方も知らない方も、楽しんでください!!

それでは!!

コラム『ハニートラップマガジン』始めます!!










このコラムは、私はちみつがその魅力に

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!!!!
7