Ryo/The Shine Light Respect 60~70's Rock Cover

Classic RockのカバーをYouTubeにUPしてます。ギター歴約35年(20…

Ryo/The Shine Light Respect 60~70's Rock Cover

Classic RockのカバーをYouTubeにUPしてます。ギター歴約35年(20年のブランク含む)、DAW(DTM)歴25年以上。録音、Mix、映像編集兼任。Vocalは妻、他、知人2名。海外の人とのコラボも積極的に展開中。本業は音響&映像設備の設計施工会社を経営してます。

マガジン

  • 【共同マガジン】LOVE,JOY&PEACE

    • 368本

    noteでお友達になった方々に、また別のお友達を紹介できる場を作りたくて始めます! 特に規則はないけれど、ベースはLOVE,JOY&PEACE。 お互いにサポート、応援することはあっても、批判はNo No Noでーす。 大人のクリエイターたちが作る、音楽好きの(音楽好きじゃなくてもいい)楽しいマガジン♬

  • 私的記録

    私的な記録です。シリーズもの、単発もの、両方ここにまとめようと思います。

  • YouTube投稿動画

    YouTubeにアップしている動画です。ほとんどがクラシックロックのカバーです。

  • YouTube投稿動画(海外のミュージシャンとのコラボ編)

    海外のミュージシャンとのコラボレーション動画を集めたものです。

  • The Rolling Stones 関連記事

    ストーンズ関連の記事を書いたものをまとめたものです。 色々、増えてしまったので、マガジンにまとめてみました。

最近の記事

毎日、ふろ場にムカデが出る! 退治してもきりがないぞーー。

タイトル通りなんですが、これは困ったものですね。 前はこんなことはなかったんですが、ここ数年、この時期位から、毎年、数匹くらいは出るのですが、今年は、例年よりひどい。 一週間くらい前に、10センチ弱くらいのを、いわゆるムカデ専用の殺虫剤を使って退治。 ただ、この際、その噴射が充満して(窓が開いてなかったので)、自分もやられました。一時間位、口、のど、鼻の中、目がひりひりに(笑)。 あれには焦りました。一瞬、「病院に行くべきか」と思いましたが、ネットで色々調べたら、あまり

    • 帰宅しました!24 07/24

      出かけたら、帰宅するのは当たり前ですが「帰宅しました」。 タイトルは「わかる人にはわかる」「記念になるタイトル」というイメージで、やや意味不明なタイトルにしておきました(笑)。 皆様、今日は、楽しい時間でした。 あやうく、新幹線の終電を忘れそうになりましたが、チケット、先に購入しておいてよかったです。 ノートを初めて、何年になるか忘れましたが、よもや、オフ会とかで実際に、お会いする日が来るとは、あまり思っていませんでした。 皆様とお会いできて、とても楽しかったです。 ノ

      • ウッドベース(コントラバス)導入!

        昨日、書きましたが、「ウッドベース」導入してみました。 一応、昨日、テスト録音してみましたが、なんとかなりそうです。 ライブハウスにおいてあったのを、すこーしだけ弾かせてもらった感触だけで、「いける?」「買う?」という判断をして買ったので、実際のところはやってみないとわかりませんでしたが、なんとかなりそうです(もちろん、曲によりますし、本職の方に、かなう訳はありませんが)。 金額は税込みで3万以下でしたので、まぁ、悪くない買い物かなと。 音は、価格が価格なので良いとは言え

        • 24日東京行きます&ウッドベース入手

          最近仕事が忙しく、それに暑くもあって、さぼり気味です(皆様の記事は呼んでいますが)。 ちょっと軽めに、近況を書くと ・昨日ウッドベース(コントラバス)を購入しました。「引き取り限定」なので、今日、引き取ってきまーす。 「やったことあるの?」いえ、ないです。ただ、少しはさわったことはありますが、なかなか気持ちよかったので、いつか、安くで買えたらやってみたかった。3万以下で買ったので、状態などはわかりませんが、まぁ、練習するには使えるでしょうし、本職ではないので、まずは、これで

        毎日、ふろ場にムカデが出る! 退治してもきりがないぞーー。

        マガジン

        • 【共同マガジン】LOVE,JOY&PEACE
          368本
        • 私的記録
          14本
        • YouTube投稿動画(海外のミュージシャンとのコラボ編)
          48本
        • YouTube投稿動画
          90本
        • The Rolling Stones 関連記事
          28本
        • ギタリスト列伝
          12本

        記事

          使ったことがある空港や飛行機とかの一覧(エアライン&自家用機)

          今日、奥さんと話していて「行ったことがない都道府県って、まだ、あったかな?」という雑談になりました。 私は、47都道府県全部行ったことがあるんですが、今度の出張のことを話していて、ふとそういう話になった感じでした。 奥さんも、仕事や旅行を含めて、なんだかんだと、ほぼ、全県に行ったことがある感じではありました。「秋田」「茨城」辺りが怪しいと言っておりました。 その話題から、自分の脳内で派生したのがこちらw 「エアラインで利用したことのある空港」や「自家用機で利用したことが

          使ったことがある空港や飛行機とかの一覧(エアライン&自家用機)

          私的記録 : 14 ドンショップの思い出。間接的なジャズとの出会い

          ちょっと思い出話を書きます。それは、当時、大阪梅田にあった「ドン・ショップ」というジャズのお店です。 ブルーノートの近く(向かいだったかな)にあって、地下に降りていくお店でした。たしか、サンケイのビルも近くだったかな。 詳しいことは忘れてきてますが、週末、梅田で終電がなくなった時に、良くいったりしていた記憶があります。 お店では、軽い食事とお酒を提供していてくれた記憶がありますが、当時10代で小僧のような自分であっても、高くもなく朝まで居れるというお店でした。 その上

          私的記録 : 14 ドンショップの思い出。間接的なジャズとの出会い

          うちの奥さん&Stuとリンダ・ロンシュタットからYou're No Goodをやってみました。

          ということで、今回は、Linda Ronstadt から”You're No Good”をやってみました。 コーラスはStuにお願いしましたので、今回はThe Shine Light Respect with Stuということになります。 こんな感じです。 リンダは以前「ダイスを転がせ」をリンダバージョンでやったことがあります。それがこちらリンダバージョンの「ダイスを転がせ」です。 この曲(You're No Good)は、実は、それより前の2019年頃に、テストでや

          うちの奥さん&Stuとリンダ・ロンシュタットからYou're No Goodをやってみました。

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その④ 悪魔を、、、ライブバージョンの変遷

          昔バンドのメンバーが、「ストーンズは、スタジオ版で作りこんでおいて、ライブでぶっ壊して演奏する」というようなことを言っていました。 言い方は大げさかもしれませんが、確かにそういうところはありますよね。スタジオ版は、しっかり作りこまれていますが、ライブとなると、変えまくっているというか。 ストーンズの場合、メロディ主体でなく「印象的な部分部分の集合体」を曲として成立させているので、演奏時の自由度が高くなるんだと思います。さすがに、最近のは、かなり演奏が固定化されてしまってい

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その④ 悪魔を、、、ライブバージョンの変遷

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その③ オリンピック・スタジオとグリン・ジョンズ

          <オリンピックスタジオとグリン・ジョンズの存在> ここから先は、ミュージシャン目線からさらに一歩突っ込んで、エンジニア的な目線。裏方的な目線からも書いてみたいと思います。 前の記事はこちらですが、単独で読んでもらっても大丈夫です。 では、続きとして③行きます。 レコーディング・エンジニアはグリン・ジョンズおよびエディ・クレイマー(エディー・クレイマーはジミヘンとの仕事が有名ですかね)。グリン・ジョンズは、イアン・スチュアートとルームメイトだったこともあり、デビュー前のス

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その③ オリンピック・スタジオとグリン・ジョンズ

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その② 各曲レヴュー

          では、曲ごとの感想を色々書いてみます。レコーディングミュージシャンとしてのローリングストーンズという切り口に近くなるかもです。 ザ・ローリング・ストーンズ 『ベガーズ・バンケット』 THE ROLLING STONES "Beggars Banquet" SIDE A 1.悪魔を憐れむ歌 - Sympathy for the Devil - 6:18 2.ノー・エクスペクテーションズ - No Expectations - 3:56 3.ディア・ドクター - Dear D

          ザ・ローリング・ストーンズ べガーズ・バンケット その② 各曲レヴュー

          ザ・ローリング・ストーンズ  ベガーズ・バンケット その① 及び、ジャンピン・ジャック・フラッシュ

          前回は、1stについて書いてみたので、次は『ベガーズ・バンケット』について書いてみようかなと思います。 と思って書いてたら、またまた長くなったので4つに分割しました(笑)。 とりあえず①から公開し、④まで行ったら、それぞれへの相互リンクを貼ります。 漠然とした思いではあるんですが、今のところ、ストーンズのアルバムレビューは「彼らにとっても転換点となったものから書いてみようかな」というもありこれを選びました。 まず、初めに60年代のストーンズを流れで追うと、だいたい以下の

          ザ・ローリング・ストーンズ  ベガーズ・バンケット その① 及び、ジャンピン・ジャック・フラッシュ

          ウィーン少年合唱団の大阪公演に行ってきました。

          普段から、うちのチャンネルに来てくださっている方は「???」となっておられるかもしれませんが、間違っていません。いつも通り、私が書いてます。 今回は、うちの奥さんが行くというので、この間の土曜日(6月1日)に、「ウィーン少年合唱団」の日本公演に、一緒に行ってきました。 いつもとは違った内容なので、興味がない方はスルーしていただければと思います。 ※私は、実は、クラシックも結構聞くんです(最近は、情報追ってないので、ちょっと取り残されていますが、前は、それなりに聞いていた

          ウィーン少年合唱団の大阪公演に行ってきました。

          海外ミュージシャンとThe Doobie BrothersからRockin' Down The Highwayをやってみました。

          今回は、前回に引き続きThe Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ)からです。 今回は、前回は違って、トム・ジョンストン時代の曲、Rockin' Down The Highwayです。このアルバム(トゥールーズ・ストリート)から取り上げるのは、二曲目だったはずです。 これもだいぶ前に簡単なバックトラックを創って、Stuを誘っておいて放置していた曲です(笑)。 こんな感じです。 原曲は、疾走感ある曲なので、そこはなるだけ損なわれないようにやったつもりです

          海外ミュージシャンとThe Doobie BrothersからRockin' Down The Highwayをやってみました。

          ローリング・ストーンズ 1STアルバム②

          The Rolling Stones 1stアルバムのレビューいきます。 前回は、総括で書きましたが、今回のは、個別の曲ごとのレヴューです(下がその①で総括的な記事です)。 こっちが、正味、ファーストのレビューになりますかね。 基本的にはこのアルバムから数枚はカバー中心ですが、このころの彼らのバンドのコンセプトであった「R&Rやブルース、R&Bを自分たちで演奏したい」というエネルギーがアルバム全体を支配していると思います。 <デヴュー60周年を超えて活動を続けるストーン

          ローリング・ストーンズ 1STアルバム②

          ローリング・ストーンズ 1STアルバム①

          今回は、前から書こうと思っていたローリング・ストーンズのファーストについて書いてみました。って、これ、PC内を検索していたら、10年くらい前に書いていたやつがあったので、それを再整理してアップしました。 でも、この時点では、ブログとかでレヴューを書いていたわけでもないのに、なんで、こんなのを書いていたのか自分でも不明です。 それを使いつつも、加筆修正したので、ちょっと、文章のテイストがいつもとは違っているかもしれません(笑)。 ファーストってことで、少し、周辺の話も含め

          ローリング・ストーンズ 1STアルバム①

          フォネティックコードの勧め コクピット内の画像付き

          皆様、フォネティックコードというのをご存じでしょうか? コードと言っても、オーディオ用のケーブルのお話しではありませんし、今日は音楽ネタでもありません。 Codeの方なので、符号とか、そっちの意味です。 そのなかにフォネティックコードというものがあります。 アルファベットを定められた言葉に置き換えてつかう無線用語のことです。航空機の世界でつかったりしている符牒のようなものです。 これ、齟齬、意思疎通のトラブルを避けるために生み出された国際共通のコードなんですが、知って

          フォネティックコードの勧め コクピット内の画像付き