JIS

【BUELL】ややこしい×3【ネジの規格】

インチ螺子は古い規格?

今やインチサイズを使っているのはハーレーとBUELL(倒産してるから今やではないが)くらいで、アメ車などはとっくの昔に使っていないわけで。

機械の修理などしているとアメリカの真似をして作っていた頃の日本製工業機械などはインチねじが使われていたりすることがありますが、それもめったに出会うことも無いわけで。

テーパー螺子など種類は沢山ありますがバイクに使いそうな規格や注意

もっとみる
( ≧∀≦)ノ
1

JIS Z 8530:2019読書会(みんなで人間中心デザインに関するJISを読もう)

12月中旬、JIS Z 8530:2019(人間工学-インタラクティブシステムにおける人間中心設計)の3回目の読書会を行いました。

<JIS Z 8530:2019について>
インタラクティブシステムを対象とした人間中心設計プロセスに関するJIS規格(日本産業規格)です。ISO 9241-210:2010という国際規格がベースとなっています。最近では、経済産業省 高度デザイン人材育成研究会の高度

もっとみる
ありがとうございます!

浜村凡平です。

やったー!

伝説の剣を手にいれたぞー!

よし。

これがあれば。

どりゃーーー!!!

………。

………。

なんでこんなとこ斬っちゃったんだろ。

あーあ。

何やってんのよ。

もっとみる
ありがとうございます。架空砂糖(大さじ1)、受け取って下さい。
6

さてととれんとにし(ぽえとりー)でもながしとこか。。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/347371/

結束バンド。。ねえぇ。。

とりすういすきーでとりあえずうたえてつげえけぢゃってくれそうやし。。

はいゆうさんはたかいよぉお。。 いうてkれるひとですなあ・・。。

ああさいほうそうのけんたかしままさおさんのしんろうまじでくみとってるこはこわい。。

そらなるでしょう。。

どっちが石敢當や。。

。。

#なん

もっとみる
何か心に残ったかな?
1

JIS is it─見えない規格

「JIS」とは日本工業規格のこと。本展は日常生活のなかに溢れているJIS規格を共通テーマとしたグループ展である。企画したのは、東京藝術大学出身の繪畑彩子、折戸朗子、町田沙弥香、弓削真由子による「芸術コンプレックス」で、会場内にそれぞれの作品を展示した。

折戸はJIS規格を拡大解釈した作品を発表した。極端に横に長いスケッチブックは水平線を、逆に縦に長いそれは大きな滝を、それぞれ描くのにふさわしい。

もっとみる

パブリックスタンド&相席バーJIS大宮店に行ってきた

先日、パブリックスタンド池袋店に行った時の話を書きました。

今回は、大宮編です。

もっとみる
この出会いに感謝!
3

ISO 9241-210:2019がリリース

ISO 9241-210:2019(Ergonomics of human-system interaction -- Part 210: Human-centred design for interactive systems)がリリースされました。

序文を読む限り、今回はマイナーチェンジで、以下の変更が入っている模様です。
・図1(人間中心設計活動の相互依存性)の調整
・7.1節でアクセシビ

もっとみる
嬉しいです!
4

すすむ標準化 もとむ人間化

現場で工事をやっててふと思う。
管財、電材、鋼材、・・・いろんなものの詳細が、JISという規格でそろえてくれているから、こんなにスムーズに準備から施工までの段取りが出来るのだな、と。JIS万歳。

と言いますのも、現場をコーディネートしていると、いろんな段取りが必要になります。
作業のお願い、物品の調達、ちょっとした買い物・・・。そんな時、私がこの世の全てに精通しているわけではないので、当然ながら

もっとみる

相席屋に行ってきた

1月某日、人生で初めて相席屋に行ってきたのでご報告します。

本当なら大学の先輩2人とぼくでスノボに行く予定だったのですが、

なかなか誰も動き出さず(笑)予約するのが遅くなって「帰りのバスがない!」という事態になりそうだったので「今回はスノボを諦めて普通に飲もう」

となり「せっかくだったら相席屋行ってみようぜ」と一人の先輩(Aさんとします)が言い出したので、行ってみることに。

その先輩、彼女

もっとみる
シェアしてくれるともっと嬉しいです…
2