日本ベッド製造株式会社

日本ベッド製造株式会社の公式クリエイターページです。 創業は1926年。 茨城の自社工場から「寝心地の主役」になるマットレスをお届けしています。 公式サイトはこちらです:https://www.nihonbed.com/

日本ベッド製造株式会社

日本ベッド製造株式会社の公式クリエイターページです。 創業は1926年。 茨城の自社工場から「寝心地の主役」になるマットレスをお届けしています。 公式サイトはこちらです:https://www.nihonbed.com/

マガジン

  • うさみんの楽しいおうち - 日本ベッドハカセと眠りの話 -

    うさみんとハカセの眠りにまつわるお話。うさみんと仲間たちに、日本ベッドハカセがあれこれ語ります。最初は、眠りに関するよく聞く簡単なお話から、やがてはマットレスを試すときのコツまで(!?)

  • 眠れる森へようこそ

    日本ベッド 南青山本社屋のテーマは「眠れる森」。本社周りの花や緑の様子をお届けしています。

  • 日本ベッドを語ろう

    日本ベッドは昔ながらの「宣伝下手」。「よき製品はよき宣伝也」、よいものをつくっていれば自然に皆さまに伝わると信じて長年マットレスをつくって参りました。でもこれからは、少しずつ自分たちを語ろうと思います。

最近の記事

  • 固定された記事

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その1「フレックスアセンブリ」

日本ベッドのマットレスのつくり方には、大きな特徴が4つあります。 ひとつずつご紹介して参りましょう。 point1:フレックスアセンブリ フレックスアセンブリは、横になるときの体を均等に受け止めるユニット成型の技です。 ユニット(スプリングユニット)というのは、ポケットコイルマットレスの芯の部分、ポケットコイルスプリングがまとまりになったもののことを言います。 日本ベッドは、独特の方法でこのまとまりをつくり上げています。 コイルスプリングが不織布のポケットに入れられた

    • 眠るに限る

      ─「うさみん 風邪ひいちゃった? 無理しないで、早く寝ようね」 ─「風邪をひいたら『ノンレム睡眠』だ!」 眠るに限る 楽しくてはしゃぎ過ぎて眠れないとか、悩みごとがあって眠れない、とか、気分によって眠れないことってあるよね。 気分が睡眠を左右するのと同じように、身体の具合も睡眠に影響することがあるんだ。 激しい運動をしたりして疲れたときにも眠くなるね。 でも特にすごく運動したというわけでもないのに、ちょっと具合がおかしいなあ、何だか異様に眠いなあ、と感じるときはない

      • 翌朝、

        翌朝、テラスにあふれる眩しい光 残る早朝の霜の跡

        • 昨年1月の雪は、

          昨年1月の雪は、夕方に降り始め 30分も経つ頃には、 五階テラスはもう真っ白

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • うさみんの楽しいおうち - 日本ベッドハカセと眠りの話 -
          日本ベッド製造株式会社
        • 眠れる森へようこそ
          日本ベッド製造株式会社
        • 日本ベッドを語ろう
          日本ベッド製造株式会社

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          古代の人も安眠を求めていた

          ─「むかーしの人って『眠り』とか『夢』とか、今よりずーっと特別なものだと思ってたみたい」 ─「うん、そうだね。古代の人たちも、眠ることは大事だって分かっていたんだよ」 古代の人も安眠を求めていた 古代の人たちは「睡眠」を畏れ多いものだと捉え、「夢」も何かしら特別なものとして扱っていたようだ。 エジプトにもギリシャにも「眠りの神殿」があって、夢を見ることで神さまのお告げを得たり、病を癒やしたりしていたんだよ。 ギリシャ神話にもローマ神話にも「眠りの神」が登場する。 神

          世の中にはさまざまな睡眠のとり方をする生き物がいる

          ─「そうそう、イルカくんてね、左右の脳が交互に眠るんだって!」 ─「泳いでいようが飛んでいようが 絶対に睡眠は必要だからなんだよ」 世の中にはさまざまな睡眠のとり方をする生き物がいる 例えばイルカ。 肺呼吸をするイルカは、睡眠中でも頭頂部を水上に出して呼吸をする。 呼吸をするには泳がないといけない仕組みだから、イルカくんはずっと泳ぎ続けていないといけないわけだ。 でも泳いでいるからといって、その間ずっと眠らないでいるわけにもいかない。 そこで、バンドウイルカは左脳と右

          お日様の恩恵、だな

          ─「いいお天気だあ!朝日が気持ちいいよ」 ─「朝日とお似合いだな、にこかめくん!」 お日様の恩恵、だな 光には、体内時計のリセット効果があって、 交感神経を優位にする強力なスイッチだ。 太陽のもとでアクティブに過ごすと、ぐっすり眠れる。 それは体が疲労するからというだけじゃない。 光をたっぷり浴びることに、リズムを整える意味があるんだ。 目から入る光は、脳に「睡眠から覚醒に切り替えよ!」という指令を出す信号なんだ。 人は、脳内の視床下部の、視交叉上核というところに

          3月、ミモザの春

          3月、ミモザの春 喜びを集める眩しい黄色 -2021.03. 公式サイト初出-

          2月、寒さの中で

          2月、寒さの中でミモザのつぼみが春を待っています。 赤い葉はブルーベリーの冬の色 三階テラスのミモザは少し気が早い ヒヨドリの去った空はまだ冬の寒空です。 -2021.02.公式サイト初出-

          夕方の軽い運動はいいぞ

          ─「日のあるうちに、お散歩行って来ようっと」 ─「夕方のお散歩、いいねぇ」 夕方の軽い運動はいいぞ 人体には恒常性の維持機能(ホメオスタシス)の働きがある。 眠りにつく頃、深部体温は下がり始め、同時に自然な眠気も訪れる。 深部体温が大きく早く下がると、スムーズに眠りにつくことが出来るんだ。 健康な若い人で、1℃弱下がると言われている。 このとき体の表面は、体温を放出するため温かくなっているよ。 夕方に軽い運動をして体温を上げておくと、 眠りにつくときに向けて体温の

          テラスから年明け最初の

          テラスから年明け最初の日が暮れます。 佳い年になりますように。 -2021.01. 公式サイト初出-

          寝床内(しんしょうない)気候の話をしよう

          ─「眩しすぎるのにも困ってたんだけど… 冬場はやっぱりすごく乾燥してるでしょう?それもちょっと辛くて」 ─「温度・湿度をバランスよく。季節に合わせて工夫をしないとね。眠るときの環境も同じだ」 寝床内(しんしょうない)気候の話をしよう 寝具の中の温度や湿度を「寝床内(しんしょうない)気候」というんだ。 気持ち良く眠るには、寝具の中の温度は体温よりも少し低い33℃前後、 湿度は季節による差も大きいが、50~60%にキープするとよい。 とはいっても、実際に「寝床の中の気候」

          イチゴノキ

          -2020.12. 公式サイト初出-

          五階のテラスに

          五階のテラスにイチゴノキがやってきました。 -2020.12. 公式サイト初出-

          光は生命活動に直結する「信号」だ

          ─「眩しすぎるんじゃないかなー。夜でも飛べちゃう明るさだよ」 ─「まわりがどのくらい明るいか。眠るときの重要なポイントだ」 日本ベッドハカセ!やっぱりそうなの? 光は生命活動に直結する「信号」だ 生物にとって眼球から入る光は、生命活動に直結する「信号」として作用する。 「明かり」として辺りが見えるように照らしているだけじゃないんだ。 「眠る」という生命活動にも大きく影響するよ。 例えばホテルの客室。日本の一般的な家屋内より、暗く感じることが多い。何かしようとするにはち

          暖かい秋の午後

          暖かい秋の午後 ギンバイカの実はすっかり色濃くなっています。 日が短くなって来ました。 -2020.11. 公式サイト初出-