「THE SAKAI TOKYO 」ドイツから東京へ‼︎ 独フランクフルトのミシュラン江戸前鮨が 東京六本木へOpen‼︎

ドイツ・フランクフルトの
ミシュラン掲載寿司店「THE SAKAI」
2020年11月六本木にオープン。

埼玉県さいたま市大宮区の鮨店「すし堺」が
日本の鮨を世界に伝えようと
2018年8月にドイツフランクフルトに出店し
ミシュランガイドドイツ版で
見事ミシュランプレートを獲得。

その後「THE SAKAI TOKYO」として
六本木へオープン。

大将の二宮氏は
すし堺グループの埼玉県浦和に

もっとみる

【東京グルメ】ドイツから東京へ‼︎独フランクフルトのミシュラン江戸前鮨が六本木進出「THE SAKAI TOKYO」|ザ サカイトウキョウ|東京都港区|鮨|sushi|ウニ王子チャンネルvol.128

今回は東京都港区六本木にあります
「ザ サカイ トウキョウ(THE SAKAI TOKYO)」さんへお邪魔しました。

ドイツ・フランクフルトの
ミシュラン掲載寿司店「THE SAKAI」
2020年11月六本木にオープン。

埼玉県さいたま市大宮区の鮨店「すし堺」が
日本の鮨を世界に伝えようと
2018年8月にドイツフランクフルトに出店し
ミシュランガイドドイツ版で
見事ミシュランプレートを獲得
もっとみる

至上2番目のハッカクは、脂ノリノリなのだ!【わたちゃんの、浅草 鮨道場】

2021年4月6日
ほぼ1か月ぶりなのだ。コロナの関係で「今日を逃したら、しばらくいけそうにないので絶対連れて行ってくれ」というカミサンとともに入店。

店はまだ週末しか開けていないらしい。大将は平日はアルバイトで食いつなぎ、週末は常連のために開店しているという暮らし。本当に頭が下がるし、ありがたい。

<つまみ>
海ぶどう
この食感がたまならい。海ブドウは冷やすと死んでしまうので、常温保存にしな

もっとみる
ありがとうございます。
1

半年に一度の贅沢を愉しんだ日#100文字の世界

暖簾をくぐって席につく

白木のカウンター

盃を選ぶ

蒸し鮑、茶わん蒸し

鯛、漬けまぐろ

白烏賊、海老

「うまい」の語源は「甘い」と舌が知る

小肌、金目鯛

うに、お吸い物

追加で巻きもの

鮨に酔う至福のひと時

また半年の後に

もっとみる
私の心の満開の花💖さしあげます🌺🌷
89

【500~50,000円 予算別】このためだけに遠出したくなる都内のご飯・レストラン129店

美味しいものが食べたい。イギリスから帰る飛行機で、そう決意しました。

イギリスのご飯はおいしくない。よく言われることですが、味がしないものを食べ続けると、人は食への渇望を覚えます。

そして始まった東京生活。都内で水をスポンジが吸うように、10年以上食べて、食べて、食べてきました。この記事では、私が実際に【現在通っている】お店を列挙します。今通っているお店たちなので、プライバシーもあり有料購入者

もっとみる
好きです
218

NVとヴィンテージ・シャンパーニュ

シャンパーニュには、「ノン・ヴィンテージ(NV)」と「ヴィンテージ」が存在します。毎年生産されるNVは、均質化のために複数年のワインがブレンドされます。熟成期間が比較的みじかく、フレッシュな味わい。対して、秀作年にのみ生産されるのがヴィンテージ・シャンパーニュ。その年のワインだけを使用し、NVよりながく熟成させるのが一般的。旨味の濃いシャンパーニュとなります。とくに「おいしい」と感じるNVがあれば

もっとみる

絶対に妥協しない、うまいマグロの舞台裏【#鮨たな華の偏愛鮨~マグロ編~】

「北海道の鮨屋のマグロには正直期待していないんだよね」

鮨好きな方にほど、こう言われてしまうことが実は多いんです。

「北海道といえば、海鮮が有名なのに?」と驚く方も少なくないと思いますが、日本最大の市場は東京にある豊洲。

鮨好きの中では「良いマグロは豊洲で止まってしまうから、北海道には来ない。マグロは東京で食べるのが一番うまい。」という定説があります。

でも僕は、その定説をひっくり返したか

もっとみる
スキありがとうございます🌹

「すし家祥太」韓国出身の大将は 漫画「将太の寿司」に憧れ寿司職人になり ミシュラン一つ星獲得。

令和元年11月麻布十番にOpen。
開店してわずか一年足らずで
ミシュラン一つ星獲得。

店主、祥太の本名は「ムン・ギョンハン」
1987年、韓国・論山市生まれ。
漫画『将太の寿司』に憧れて
寿司職人になった韓国人です。

中学3年で『将太の寿司』の主人公の熱い生き様や寿司勝負に鳥肌が立つほど感動し
高校卒業後は迷わず地元の調理師専門学校へ。韓国では男性に義務づけられている兵役も2年務めた。
兵役

もっとみる

【東京グルメ】「すし家祥太」韓国出身の大将は漫画「将太の寿司」に憧れ寿司職人になり見事ミシュラン一つ星獲得。|Sushiya Shota|東京都港区|鮨|sushi|ウニ王子チャンネルvol.127

今回は東京都港区麻布十番にあります
「すし家 祥太(sushiya shota)」さんへお邪魔しました。

令和元年11月麻布十番にOpen。
開店してわずか一年足らずで
ミシュラン一つ星獲得。

店主、祥太の本名は「ムン・ギョンハン」
1987年、韓国・論山市生まれ。
漫画『将太の寿司』に憧れて
寿司職人になった韓国人です。

中学3年で『将太の寿司』の主人公の熱い生き様や寿司勝負に鳥肌が立つほ
もっとみる