評価制度

事業課題への向き合い方を聞いてみた!感性を発揮してチャンスを掴み取れる環境とは(前編)

今回は『ポケコロ」のアイテムデザインを担当するデザイナーHさんに、ココネの事業課題への取り組みやャンスを掴み取るために必要なことについてインタビューしました。

感性を発揮する場所は自ら掴み取る

ーー経歴を教えてください。

H:前職はノベルティ作成の会社で、ペットボトルや缶コーヒーのおまけなどを担当するグラフィックデザイナーでした。主に中年男性をターゲットにしたデザインが多かったです。ただ私は

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします♡
6

カラダノートの2021年7月期、上期の人事評価が完了した話

コーポレートブランディング部で広報と採用を担当しています。彦坂です。

2月から下半期に突入し、あっという間に1ヶ月が経過しました。
この間に上期のメンバーの人事評価フィードバックがありまして。

今回は、カラダノートの人事評価の考え方と今回の上期の人事評価総括を
どどんとお話します。

人事評価制度は、組織にあり方によって変化

カラダノートの人事評価制度は組織のあり方によってブラッシュアップや

もっとみる

「うちの会社は在宅勤務に向いてない」って言うけれど

皆さんこんにちは、澤です。

COVID-19以降、在宅勤務になった方も多くいらっしゃるでしょう。
「日本は出勤前提のマインドセットが染みついている」「日本の住宅事情は在宅勤務に合わない」という話を、ボクは何度か耳にしました。
確かに、日本の都市部の住宅は狭いところが多く、在宅勤務をすると家族がすぐ近くにいて集中できないという場合もありそうですね。

とはいえ、実際のところ在宅勤務に苦労しているの

もっとみる
ひゃっほー!感謝です!
101

【取材後記】OLTAさんに「リアルタイムフィードバックの運用法」を伺いました。

みなさま、こんにちは!編集長のやまもと(@hanahanayaman)です。

2月も折り返しですね。最近はClubhouse熱が若干落ち着いてきた感じがありますが、新たにDispoが注目されたりと、SNSの変化がめまぐるしいなと思う今日この頃。

仕事柄、新しいサービスは触ったり調べたりするようにしているものの、実はSNSがあまり好きではありません(笑)リアルの方が断然好き。最近は暖かくなってき

もっとみる
ありがとうございます!読んでいただけて嬉しいです。
14

同業界他社と真逆のルール

2月12日の日経新聞で「明治安田、生保営業を固定給」という記事が掲載されました。歩合給を廃止し、社員の収入を安定化させようという方針です。他の保険会社の関係者様からも、同様の動きのお話を聞いたことがあります。

同記事の一部を抜粋してみます。

~~明治安田生命保険は2022年度から、営業職員の毎月の給与を全額固定給に切り替える。契約実績に応じて毎月変動させていた歩合給をなくし、毎月の収入を安定さ

もっとみる
ありがとうございます!
16

転換期のもやもや/カスタマーサクセスとして評価してもらうには?

こんばんは。
#のおかげのようで 「スキ」を頂く事が出来ました!
誰かからの反応があるなんてこれっぽちも思っていなかったのでとっても嬉しく、とってもドキドキです。

ありがとうございます!

まだ慣れずですが、反応くださった方々の所へもぜひお邪魔させてください!学ばせてください!

さて、2度目という事でポジティブな事を書こうと走り書きもしていました。

が、タイトル通りのもやもやと金曜日に出くわ

もっとみる

給料の上げ方A

先日、若い同僚と話していて「給料上げたいっす!」みたいなことを言われました。まあ、特別ガツガツしてなくても多い方が嬉しいですよね。

その場と解散後のチャットで、僕が思うサラリーマンの給料の上げ方を少し話しました。今回は、自分で整理するためにもそれを共有します。あ、「仕事ができるようになる」とはちょっと違う、昇給の考え方の話です。非常につまらん話です。

あ、もちろん、個人の見解でございます。

もっとみる

評価と成果の違い。〜あなたが評価されない理由〜

年末年始。
会社の目標設定や振り返り。
目標に関して考えることが多く、
悩んでいる人も多かったので
よく似ているこの2つの言葉の違いを
意識してとらえなおしました。
主には会社の中での評価について解説します。

評価者(評価する側)になって1年程度ですが、
評価制度に対しての捉え方はメンバーの時からやっていましたので
共通する部分と評価者側からの目線でまとめます。

「評価」と「成果」の違い。

もっとみる
ありがとうございます!!
28

トピック2 給与制度と給与の公開は会社のカルチャーに紐づいている / プロビジ#1 百人百通りの人事制度を実現した男 サイボウズ山田副社長に訊く 取材日:2020年12月8日

前回は「全就業員の給与は公開するべきか」
というテーマの対談動画をお届けしましたが、

そもそも、どのような会社が給与を公開するべきで、
どのような会社は給与を公開するべきでは
ないのでしょうか?

ちなみに、弊社(KACHIEL)は
役員報酬から社員給与、そして経費まで
すべてを社内に公開・情報共有しています。

今回は
「給与公開をする理由と会社のカルチャーとの関係」
をテーマに、

○KAC
もっとみる

コンピテンシーの見直し

#コンヒラ #在宅 #評価制度

今日は在宅で、評価制度のコンピテンシーの大幅な見直しレビューをしています。いわゆる「急ぎでないが、重要な仕事」の第2領域でしたが、時間がかかりすぎて、「急ぎで重要な仕事」に追い込まれています。

目的は以下三つです。
・コンピテンシーの数を3分の1に集約し、選択しやすくするとともに、日常のコミュニケーションで使いやすくする
・難易度を揃えて、等級別に期待する能力を

もっとみる