自営業の妻

自営夫婦にケンカは付きもの。早めに終息パターンを作っておくと楽です

実は先日、久しぶりに夫婦げんかをしました。原因はスタッフの教育方針の相違から。

前々から気づいてはいたんですけど、私と旦那とでは、スタッフの育成方法も彼らに期待するものにもけっこうな違いがあるんですよね。

教育係を担っているのは私なのであるていど任せて欲しいとは前々から言っていたはず。それなのに横から口を出されてイラッとしてしまいました...。

とはいえ、一緒に働きはじめて7年も経った今は、

もっとみる
Thank you!
19

子供の受験は家族の大問題!合格するためには④

前の記事①

前の記事②

前の記事③

どんな塾を選ぶかは大事なことだと思う。

通信教育だけで、有名大学に合格したお友達がいた。

きっと孤独に強い子なのだろうなと思った。お母さんを見てそう感じた。

話しやすくて魅力的な人、でもちゃんと自分に軸があって、ぶれなさそうな人だった。

子供の性格、孤独に強いか弱いか、依存的か自立的かで、選ぶ塾の形態は変わってくる。

中学のとき少し通ったが、大手

もっとみる

子供の受験は家族の大問題!合格するためには③

前の記事①

前の記事②

上の子の大学受験は我が家始まって以来の大イベントだった。子供から本当に貴重な経験をさせてもらった。

高校2年生の秋、これから受験勉強を始めるにあたって、子供と話し合った。

私は、浪人費用を払いたくないという、ケチな執念を燃やしていた。

これからはこうした方がいいと思うことを子供に話した。
上からではなく、自分の失敗経験からのアドバイスだったので、子供も素直に受け取

もっとみる

自営業で直感力が鍛えられてしまった。

お客さんに接するうちに、直感力が鍛えられてしまった。

お客さんの送ってきたメールを見て、その人の性格まで、見えるようになった気がする。

何気なく相手の発した言葉やしぐさで、あっ、と思ったら、まず警戒する。

昔は、こんなことはなかった。

人の言葉を信用して、痛い目を見ることを繰り返して、注意深くなったらこうなった。

言葉を信用しないだけで、いろんなことが見えてくる。

例えばsnsで、発信

もっとみる

事務局と妻に支えられて。

何度も書いているが、うちの妻はよくできた人である。
オンラインで仕事している姿を付き合い始めの頃からずっと見ているので
時折自分の仕事している姿を下記のような記事にしてくれる。

自分の頑張りを側で見てくれている人がいる。
と言うのは本当に励みになる。ありがたいねえ。

事務局と妻に支えられて、まごすけ社長は頑張ってます(*`・ω・´)

妻の記事より引用。
▼▼
事務をお願いしているやまだ いく

もっとみる
ありがとうございます!祝ってやる〜(`・∀・´)
10

子供の受験は家族の大問題!合格するためには②

前回の記事

子供にやる気を出してもらうには、まず、受験に対して、現実味を持たせることが、大事だと思った。現実味を持たせるためには、、

いきなり金メダルを目指してはいけない。

自分の経験から、レベルの高い、学校をいきなり目標に掲げるとどうなるのかわかっていた。

目指していること自体はかっこいいのかもしれないが、実際は足元がフラフラしているし、目の前には霧がかかっている。

2年生の秋、我が子

もっとみる

子供の受験は家族の大問題!合格するためには①

子供の受験には家庭の運命がかかっているといっても過言ではない。

我が家の場合、高校までは公立ですませたいと思っていたので、私立高校の年間100万円の授業料なんて、できれば払いたくはなかった。

大学受験の時には、浪人費用も、できれば払いたくはなかった。

私立に行ったり、浪人したり、子供が複数いたら、生活が厳しくなるのは目に見えている。

私は、自分の過去の経験や、自分の兄弟を見ていて、受験に落

もっとみる

社長の給与、増えても減っても一喜一憂しない。

会社の利益によって変わるのが社長の給与です。

決算が終わって、利益が出ていれば、税理士さんに、もうちょっと増額しましょうと言われるかも知れませんね。

逆に赤字だったら?

現金がなくて、給料日に払えない。だから、個人の貯金を会社に入金して給与に当てている、、こんな社長さんも多いと思います。。

給与の決め方って、本当に難しいんですよね。

税理士さんに、今期はこれくらいの給与でいきましょうって

もっとみる

【32歳:結婚し、子供も生まれ、どんな年にしたいか】

お祝いいただいた方々、ありがとうございます。
すごく考えるようになったし、怖いものも増えました。
決してネガティブな意味ではありません。

幸せを感じるのと同じくらい考えます。でも本当に感謝してます。守らなければならないし、大切で仕方がない。弱みでもありますが、すごく支えられており、本当にありがたいです。
31歳は結婚して、子供も生まれて、妻も私も色々戸惑うことも多かったです。ただ、色々と多くの学

もっとみる
ヒャフー!
3

外に働きに出るという選択肢

私は夫の会社の仕事を手伝いながら、週に2、3日は別の仕事で外に出ている。
夫の仕事を手伝うために、夫の保険に入るために、今はこの働き方を選んでいるが、自分の仕事を少しでも続けていて本当に良かったと思っているのだ。

自分の人生をすべて夫に明け渡してはいけない。そんなのは人が良過ぎる。
奴隷ではないし、安く使える人ではない。
自分がしている別の仕事のおかげで、例え離婚してもなんとかなると思えている。

もっとみる