「老化」のスピードを速める3要素

私達は年齢とともに「老化」していきます。
しかし、その「老化」を速める3要素をご存知でしょうか?

🌼①酸化

酸化とは活性酸素の発生によって細胞の「錆び」を生じさせることです。
身体は酸化すると炎症反応を起こしやすくなり、アレルギーや皮膚炎、動脈硬化、癌など様々な疾病を招きます。

マーガリンやショートニングに含まれる、トランス脂肪酸はどのような状態であっても、体内を酸化に導いてしまうので、よ

もっとみる
スキありがとうございます🌼今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

老化に伴う心身の変化と影響

心身の変化の特徴

回復力の変化→全般的に低下

免疫力の変化→低下

順応性の変化→外的な環境の変化へ敏感に適応することが困難

日常生活への影響

身体機能の加齢変化

 循環器系→赤血球の減少や心拍出量の低下、動脈硬化のリスクなど

 呼吸器系→肺活量の低下や誤嚥が起こりやすい

 消化器系→唾液や胃酸の産生が減少、便秘になりやすい、糖代謝低下

 神経系→運動神経低下、脳の質量や血流量の減

もっとみる
ありがとうございます!これを励みにがんばっていきます!

地中海の食事をするとうつ病のリスクが低くなる研究の話

⇩参考文献

①前書き

皆さんは、どんな食事をとっていますか?

毎日、ちゃんと体にいい食事をとっていますか?

(なんかお母さんが言う言葉ですね)

体に悪い食べ物としては超加工食品や

精製されたお米、パンなど体に悪い食べ物はいっぱいありますが

体にいい食べ物も山ほどあり、どれを食べたらいいのか迷いますよね。

今回は、実は地中海の食事が体に良く、メンタルの不調も改善してくれるかもしれない

もっとみる
ありがとう、フォローもお願いね~
10

ココアを飲むと老化して歩きにくくなった足が歩きやすくなる研究の話

⇩参考文献

https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/CIRCRESAHA.119.315600?fun_cid=15820142308657157390

①前書き

皆さんはいつか歳をとって、おじいさん、おばあさんになります。

歳をとると真っ先に不便になるのは何でしょうか?

そうです、足の筋肉が衰えるため、徐々に歩けなくなっていきます。

もっとみる
ありがとう、フォローもお願いね~
15

なんか40が転換期って、ほんとかも。
そういう人、多いかも。

日常に安らぎを求める割合が
多くなるみたい。
私は、もともと、
シゲキックスは馴染まないけど。



低質なギャグを言い出した時点で
老化の進行を露呈してるだけ。(・・;)

というのを承知の上で浮かぶままに表記。

初めて老化を感じたとき

私が初めて老化を感じたのは、小学校3年生位の時である。

ちょっと早すぎない?と思うかもしれないが、ほんとにそうなのである。

それは、学校の帰り道のことだった。
友達と帰っていた私は、前を走っていく友達を、いつものように追いかけていた。しかし、急に疲れを感じ、走るのを止めてしまった。今までは、楽しく友達と追いかけっこをしていたら、楽しさしか感じなかったし、基本ビーダッシュで移動している感覚だった

もっとみる
🐜10ござます

生命科学から見た死と老化

我々はなぜ死ぬのか?

こどもから「ヒトは何故死ぬの?」と聞かれたあなたは「そりゃ生き物だからだよ、生き物はいつかは死ぬでしょ」と答えるかもしれない。「じゃあ生き物は何故死ぬの?」と聞かれると、しつこいなと思いつつ「宇宙にもビッグバンがあるのだから、終わりもあるはずだ、すべてのモノは消え去る運命にあるんだ」と胸を張るかも知れない。

しかし、生命の基本単位である細胞は、じつは殺されでもしない限り、

もっとみる
Thanks a lot!
13

memo: 致死的なウイルスにも負けず、長寿で生き抜くわざがある(動物のはなし)

パンデミックとなってからというもの、科学の有名な雑誌がすべて新型コロナに関する論文を公開してくれている。それだけではなく、話を伺う科学者の方々の中には、自分の仕事を今はおいてでも、新型コロナの実験を始めたと仰っている方にも出会う。世界中の研究者が日進月歩で進むコロナウイルスのデータをサイトにアップし続けてくれている。世界中の研究者が協力して、データ共有して、なんとかこの事態を打開しようと努力し続け

もっとみる
うれしいです。ありがとうございます
5

仕事で成長する必要なんてないと思う

ロッシーです。

「成長=善」だとみんな思っていますが、本当にそうなのでしょうか?

私は、「成長が常に善だとは限らない」と思っています。

成長は自然とするもの

植物を見ていると、種から芽が出て若葉になり、そのあと急速に成長していきます。植物が何を考えているのかは分かりませんが、「頑張って成長するぜ!」と思っているようには見えません。

成長するときは、勝手に成長するものです。人間だって、成長

もっとみる
ありがとうございます!
17

20代からの正しい歯磨きと歯茎ケア、就寝前のガラガラうがい

40歳を過ぎたら一気にいろいろ不具合が出てきて凹むことも多かった10年。

強く磨き過ぎたのと老化で歯茎が傷んでしまい治療の費用も時間も馬鹿にならない。適度なブラッシングと歯間ブラシをサイズを変えて念入りに。モール付きのフロスに殺菌リンス染み込ませて歯茎ポケットケアにシフト。歯茎が痩せてしまった事による歯のぐらつきは恐怖。

歯科矯正中の子供たちも歯間ブラシの使い方次第で、クリーニングの質が向上。

もっとみる
スキありがとうございます😊どうぞ素敵な一日を!