細野豪志

その質問、必要ですか?

東日本大震災というターニングポイント

 2011年に起きた東日本大震災は、戦後の日本においてターニングポイントになった災害として記憶されるだろう。

 1995年にも阪神・淡路大震災という大災害が起きている。被害規模などを見れば、阪神・淡路大震災も災害史に残るものといえるが、東日本大震災はそれを上回る。

 なぜなら、東日本大震災では地震そのものの倒壊被害、倒壊に伴う火災といった被害をはるかに上

もっとみる
スキ、ありがとうございます。フォローもしていただければ幸いです
3

政治家はInstagramをやるべき! Facebook Japanさんに使い方を伝授してもらった

最近話題になっている首相官邸のインスタグラム。

「ストーリーのクオリティが尋常ではない」「女子高生が運用しているのではないか」と言われていますが、実は、世界各国では政治家や大統領がInstagramでプライベートを発信したり、ライブ配信をすることは珍しくないそうです。

一方で、日本の政治家のなかでは「若者が使うものなのでは」「使い方がわからない」と苦手意識を持っている方が多いのも事実。細野も始

もっとみる

#参院選 シリーズ第4回 #参院静岡 選挙区 最新情勢は?いよいよ #立憲 からは #徳川家広 氏の出陣でいきなり情勢は戦国時代へ突入NOW❤️自民党2人目擁立、候補者情報も入り大激変の静岡選挙区NOW❤️  #政局ウォッチNOW❤️#どこよりも早い選挙区情勢 #参院選静岡選挙区 2019/06/10現在

政治アナリスト #政局ウォッチNOW❤️

ことチャオです。

●現在 徳川家広氏を支援する地元有力企業情報や、自民2人めに名前が上がる人物について書きました。

今回は、チャオのインターンきりはら君の地元静岡選挙区が舞台です。

20歳の大学生も胸を痛め心配する静岡挙区は、風雲、戦国時代に突入NOW❤️さてどうなるのか??

参院選まで残りあと2ヶ月弱になりました。衆参ダブル選の可能性が日に日に

もっとみる
サポート感謝NOW❤️NOW❤️チャオ❤️
4

自衛隊退任後のセカンドキャリアはどうなる? 米国の退役軍人省を参考に退官した自衛官のサポートを強化すべきー細野豪志×永井政文

少子高齢化の波を受け、企業の人手不足が深刻化するなか、さらに人員募集が困難を極めている仕事があります。

それが、国の安全保障の中心的存在である自衛隊員です。

今回は、自衛官として一線を走り続け、2002年には国会議員として初となる細野豪志の体験入隊を指導した永井政文さんに、自衛隊退任後のセカンドキャリアや、自衛隊を志望する若者の現状などについてのお話を伺いました。

【永井政文(ながい・まさふ

もっとみる

「なぜ現実的な安全保障を共有できないんですかね?」駒崎弘樹が細野豪志に切り込む!

なぜ細野豪志は自民党入りを決意し、二階派を選んだのか。

希望の党のころの話を含め、認定NPO法人 フローレンス代表理事・駒崎 弘樹さんに(思いがけず)切り込んでいただきました。

※この対談は、上記記事の続きとなります。

【駒崎 弘樹(こまざき・ひろき)】認定NPO法人 フローレンス代表理事/医療法人社団ペルル 理事長。1979年生まれ。慶応大学総合政策学部卒業。日本初の「共済型・非施設型」の

もっとみる

「LGBTの人は東京にしかいない」というのは誤解。 レインボーパレードを通じて伝えたいことー細野豪志×柳沢正和

当事者として、LGBTと職場に関する調査や啓発活動などを行う柳沢正和さん。

前回の記事では日本のLGBTに対する変化と、日本が多様性を認めないことによるビジネス視点からの大きな弊害についてお話しいただきました。

今回は、柳沢さんが手術のために入院した際に感じたLGBTとそうでない人との不平等性や、LGBTの「理解増進法」に対する見解、そして4/28に行われるレインボーパレードなどについてのお話

もっとみる

「ただ、みんなと同じになりたい」LGBTを巡る問題で変わり始めたこと、変わらないことー細野豪志×柳沢正和

平成が終わり、来たる2020年にオリンピック・パラリンピックを迎える東京。

その一方で、未だ議論の進まないもののひとつに、「LGBT」の問題があります。

今回対談をしたのは、過去に自身のゲイというセクシャリティをTedxTokyoでカミングアウトし、現在では金融機関で働く傍ら、LGBTと職場に関する調査や啓発活動などを行う柳沢正和さん。

金融業界で大きく活躍されてきた柳沢さんが、この10年の

もっとみる

三浦瑠麗が細野豪志に切り込む!

「意外にですけど、人々は政策を求めてるんじゃなく、そう考えるに至った経緯を知りたいのかもしれませんよ」

なぜ細野豪志は「政治」という道を選び、「児童虐待」をはじめとするダイバーシティの問題に精力的に取り組んでいるのか。そして、今後政治家としてどうあるべきなのか。

国際政治学者・三浦 瑠麗さんに、アドバイスをいただきました。

「児童虐待」に関心を持つきっかけとなった次女の存在

三浦さん:

もっとみる

【自己紹介】政治に興味のないあなたへ / 政治家・細野豪志

はじめまして、政治家の細野豪志(ほそのごうし)と申します。

政治家、というと堅い印象を持たれるかと思いますが、私の政治家としてのスタートは、「地盤・カバン(資金力)・看板(知名度)」という「3バン」なしで政党の公募で衆議院議員に出たチャレンジャーであり、これまでの政治家があまり関心を示してこなかったダイバーシティに取り組んでしましたので、みなさんの身近な存在に感じていただければ幸いです。

この

もっとみる

2900人の消えた子どもたちのためにできること。虐待問題における法改正はどうあるべきかー細野豪志×駒崎弘樹

2018年3月2日、東京都目黒区で当時5歳だった船戸結愛(ゆあ)ちゃんが両親からの虐待を受けて命を落とすという事件が起きました。

そして、2019年1月24日には、千葉県野田市で10歳の栗原心愛(みあ)ちゃんが父親からの虐待を受けて命を落としました。

この2つの痛ましい事件を受けた今、やっと動き始めた虐待にまつわる法改正。これに対し、専門家はどのような視点で捉え、何を期待しているのか。病児保育

もっとみる