純資産

総資産の意味とは

~むかちんのなんとな~く学べる会計ノート~

むかちんです♪

今回は用語の意味を
サクッと簡単に解説したいと思います。

資産
負債
純資産

については
何度か説明してきました。

今回は総資産についてです。

一度は聞いたことがある方も
多いかと思います。

読んで字のごとく

総資産です。

資産総額です。

貸借対照表の左側である
借方のトータルの金額です。

これですね。

資産合計が

もっとみる

貸借対照表の右側。他人資本と自己資本の違いは、返済義務があるかどうか。

第6回:他人資本と自己資本についてなんとな~く学ぼう♪

こんにちは♪

本日はとてもいい天気です。
日差しがまぶしい♪

空に手を上げたら
悟空のように
元気玉ができるんじゃないか

と思えるくらい

いい天気ですw

さてそんな陽気の中
本日もなんとな~く会計を学んでいきましょう。

前回に引き続き
企業経営における財政状態をあらわす

貸借対照表についてみていきます。

左側(借方)が資産

もっとみる

貸借対照表を見れば、企業経営における財政状態がわかる。

むかちんのなんとな~く学べる会計ノート
第6回:貸借対照表をなんとなく読めるようになろう。

むかちんです♪

前回のノートにて
財務三表についてなんとなく解説しました。

今回は財務三表の一つである
貸借対照表について見ていきます。

貸借対照表では
企業経営における財政状態がわかります。

左側(借方)には資産
右側(貸方)には負債と純資産
が書かれています。

左側では
集めてきたお金が

もっとみる

簿記のルール:借方には資産と費用。貸方には負債と純資産と収益。

むかちんのなんとな~く学べる会計ノート
第4回:簿記のルール②

すっかり寒くなってきましたね。

グルメの秋ということで
美味しいものを食べながら
今回もなんとな~く
会計を勉強していきましょう♪

前回に引き続き
簿記のルールについて解説していきます。

簿記では
左側を借方(かりかた)
右側を貸方(かしかた)

と呼びます。

左側右側と言われても
なんのこっちゃって感じですよね。


もっとみる

財務諸表の話

財務諸表は、経営成績を示す損益計算書と財政状態を示す貸借対照表が中心となる。

損益計算書の右側(貸方)には収益(売上高、営業外収益)、左側(借方)には費用(売上原価、販売費及び一般管理費、営業外費用)が入り、

・売上高から売上原価を差し引いたものを売上総利益

・売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いたものを営業利益

・営業利益に営業外収益を加えて営業外費用を差し引いたものを経常利益

もっとみる

単なる申告から土台づくりへ頭の体操!短期、中長期的な財務状況を理解することで、将来への改善・戦略を考えるための会計スキルアップ!

貸借対照表をよーくよーく見ると、会社がどのような資金状況で経営を行ってきたのか、会社の身体の状態がわかります。 駒井伸俊先生|ビジネスコンサルタント・税理士・中小企業診断士

平均1%の経済成長、売り上げがほとんど変わらない時代に、設備投資が適切でなかったり、新たな人員や広告宣伝が適切でなかったり・・・

売上だけを追っていける時代ではなくなったからこそ、環境変化に対応できない企業が市場から消えて

もっとみる

事後設立

成立した株式会社が、成立後2年以内に、会社が成立する前から存在する財産を会社の純資産の20%を超える価格で取得することをいう。