白の布マスクをつけると、変態仮面になってしまったような気がします。私だけ?

感謝の気持ちでいっぱいでございます✨
8

「白」

珈琲を淹れる

君の横顔は

どこまでも白く

抑えたはずの感情が

僕に訴えかける

この感情を

素直に伝えられたら

こんな苦しまずに

済むのにと

自らに

憐憫の目を向け

君を見つめる

そんな感情を

抱きながら

君が淹れてくれた

ホワイトモカを飲むと

いつもより

苦く感じた

スキ!ありがとうございます!

夏野菜をおいしく!

緑色野菜を加熱すると色落ちがしませんか

色止めをすると数日経っても綺麗に使えます。

インゲンマメの色止めを見てください。

家庭菜園で取れたつるなしいんげんをおいしく調理します。

種: つるなしいんげん テンダーグリーンPB (トーホク)
栽培期間: 約60日間

収穫:  7月26日(日曜日)8時頃 長梅雨のため 傷んでいる房もある。
     1株から8~10房が実っている。
施肥:栽培

もっとみる
スキありがとうございます。励みになります。
3

君って。

暗闇に目が慣れるにつれて、君の足の白さが浮かび上がる。そっと重ねられた足はすらりと伸びて、指先まで魅力的だね。

僕のそれよりもはるかにしなやかで、触りたくなる。

引き寄せられるように手を伸ばして、君の足首から手を滑らせて、そのまま君の足の親指と人差し指の間に僕の指を差し込んだ。

くすぐったいと身をよじって、足を引いてしまった君の無邪気な笑顔に、僕は呼び戻される。

君といると、つい君に溺れて

もっとみる
ワインをどうぞ。
26

【詩】残滓

「おれたちは、いつかみんな化石になる」
〈化石?〉
「そうだ。肌も体温も、血も理想も、風を感じたときの皮膚の感覚も、心を体の真ん中に固定しているひとつひとつの思い出も、なにもかもぜんぶ剥がされて、半紙みたいに頼りなげな、まっしろな化石になる。骨になる」
〈そうなったら、どうやってみんなを見分けるの? なにをもって、その人をその人だって決めるの?〉
「ふくわらいってしってるか」
〈あの、目隠しをし

もっとみる
彼語る 「彼」というのは 土である
1

日本滞在歴 自分のage 留学生 Ms.テイクの “わだかまり”の日々

【日本滞在歴 自分のage  留学生 Ms.テイクの “わだかまり”の日々~】

Dear Kevin.  How are you?  I am an international student staying in Japan. 

My stay in Japan is the same as my age.

My name is Ms.Take.(Miss.Take/Mistaken)

もっとみる
私も好きやで(* ̄∇ ̄)ノ
4

opus.01---

透明な水の入ったバケツに
白い絵の具のついた絵筆を
静かに落とす。

絵の具はパパのたばこの煙のように
水の中を揺らいだ。

その煙はモクモクと透明を飲み込んでゆき
やがて自分の色へと染めてしまった。

透明は何も言わずにただ染められ、
それからもう元の色には戻らなかった。

ひとつ小さな嘘をついて、つじつまを合わせるための嘘を重ねていく時ように。
一度濁った透明をもとの美

もっとみる