中小企業 海外展開意識調査

1 アンケート調査の概要

新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威をふるっている。日本国政府は感染拡大に伴い、2020年4月7日に7都道府県を対象に「緊急事態宣言」を発出した。さらに4月16日には対象地域を全国に拡大するなど、国民の生活だけではなく経済活動にも大きな影響を及ぼしている。それに伴い、政府は過去最大規模の緊急経済対策を決定するなど企業や国民に対して対応策を推進しているものの、依然として

もっとみる
うちひろし おのずとやさし つらかたち
1

アニメの海外展開におけるマルチメディア化の傾向=ドイツ編

日本のアニメ作品が海外に輸出されているという事実は日本でもニュースになります。『日経クロステック』の6月3日付けの記事によると輸出されている映像は、その多くがアニメだということが分かります。

放送コンテンツのジャンル別にみると、「放送コンテンツ海外輸出額」全体でも「番組販売権」の輸出額に限った場合でも、ともにアニメが多い。18年度はアニメが8割以上を占め、次いでドラマ、バラエティーが続く構図とな

もっとみる
ダンケ!
19

香港との再会

2014年10月、僕は、仙台で行われた香港貿易発展局主催の輸出促進フェアに参加していた。初めての海外展示会であった香港から気が付けば、約3年が経ち、その間に、日本国内でバカ売れしているはずだったが、現実的にはイマイチであった。日本橋三越をはじめ国内の有名百貨店等での展示販売会を何度も行ったが思った以上に成果が出ていなかった。

初めのうちは、「まあ、まだ始めたばかりだし・・・」くらいに思っていたが

もっとみる

初めての海外展示会

今から約9年前の2011年12月に香港で行われた国際見本市において、グッドデザイン賞、通称Gマークを認定する団体が出展したブースに門間屋がその年にグッドデザイン賞を受賞した1アイテムだけを出展させてもらったのが、初めての海外での展示会だった。

その時は、特に本気で海外進出を考えていたわけでもなく、東日本大震災において被災した企業に関しては、日本国内の指定の場所に商品を送れば面倒な手続きや輸送費も

もっとみる

日本の製品やサービスを海外で成功させるには?

こんにちは。FABRIC TOKYOの森です。
今日も質問に答えていきます。

質問「FABRIC TOKYOは海外展開する予定ですか?
日本企業の製品、サービスの認知度を海外で向上させる方法について知りたいです。」

といった質問を頂いています。
ありがとうございます。

これは答えづらい質問きました。笑
なぜなら、海外展開を割と本気でしたいと思っているからです。しかし、コロナの影響で長引きそう

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアしていただけると嬉しいです!
10

メイドインジャパン(Made In Japan)を考える(4) 〜 狭い日本のマンションノウハウが活きる時 N84

制約はチャンスとしばしば言われる。日本の少子高齢化はピンチでもあるがそのノウハウとそれを元に育てたビジネスはきっと国際競争力が生まれるだろうと言われ続けて10年以上が経つ。先進国の多くは(むしろ意外にもアジアの方が人口規模は多いが)日本と同じように少子高齢化社会に突入しつつある。日本と日本企業は外に売り出す何かはあるのだろうか? 

 日本の家の狭さは世界でも有名でラビットハウスとしばしば外国では

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
55

海外の伝統工芸を知っているか?

「日本の伝統工芸を海外に売ろう!」というのは、よく言われている事だと思います。
国内の売り上げが減少していく中で、その打開策として打ち出される案です。

勿論海外で人気が出て売れてくれれば最高なのですが、ここは冷静な視点も重要なんだろうと思います。

どれくらい知っている?

例えば、自分が海外の伝統工芸品を知っているか考えてみると、良い頭の体操になると思います。

私で言うとペルシャ絨毯とか、バ

もっとみる

コネなし、カネなし、知名度なしの地方零細ものづくり企業の海外展開のススメ③

こんにちは、門間屋の門間です。note第4回目となる今回も、前回に引き続きコネもカネも知名度も無い、無い無い尽くしの弊社のような地方の小さなものづくり企業が、海外展開をするにあたってのステップを弊社の経験を踏まえて簡単にまとめさせていただきます。
前回は、商談のクロージングから輸出して相手先に届くまで、で終わっていましたので、今回はその続きとして、価格設定や販売員の採用、売場での実際のエンドユーザ

もっとみる

シンガポールとオーストラリアのRHQの戦い N77

RHQとはRegional Headquarters略でグローバル企業がリージョン毎に設置する地域の統括機能のことだ。このRHQを呼び込むことで優秀な人材(少なくともとびきり給与の高い)の雇用が確保されるため国の生産性は確実に上がる。そしてこの呼び込みを各国、そして各都市が競っているのだが、ここ5年くらいはオーストラリアの特にシドニーに軍杯が上がっている。
 

 RHQの歴史をたどってみよう。古

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
46