<Clan Caiman> カイマン族

<Clan Caiman> カイマン族

アルゼンチンのミュージシャン Emilio Haro による架空の民族による架空の民族音楽バンド。マルチ・インストゥルメンタリストである彼の音楽を初めて聴いた時、楽器の音色や配置の仕方に(勝手に)親近感を感じたもの。 最初はそんな彼がバンド編成で、しかも「架空の民族音楽」のアルバム・・・というのはどうもしっくりこない感じがしたものですが、その音楽は勝手な予想を一蹴するもの。「架空の民族音楽」というコンセプト自体は昔から時々目にしますが、それらと比較してもこのアルバムは相当に魅

9
mysound 連載 知られざるワールドミュージックの世界 - 執筆リンク集

mysound 連載 知られざるワールドミュージックの世界 - 執筆リンク集

2017年から2019年の間に、ヤマハの音楽サイトmysoundで連載していた「知られざるワールドミュージックの世界」のリンク集です。毎回切り口を考えて様々なワールドミュージックを紹介しました。難しいことは書いていませんので、気軽にお読みください。山口洋佑さんがテーマに沿って描いてくれたイラストも最高です。なお、番外編となっている最後の一本は、新連載予定だったのが事情により一回こっきりで終わってしまったものです。 ※埋め込みが出来なかったのでURLのみのリンクとなります。

9
【オンラインサロン】一年のまとめの2年目に向けて

【オンラインサロン】一年のまとめの2年目に向けて

昨夜は第1期最後のMEMOS_Jのオンラインサロン。 前回のトルコ編講座の復習と、 この一年間の学びとのまとめとシェア、 そしてフェスへのご質問と、 第二期に向けて、内容から事務的なことまで 話し合いをしました◎ 一年目はまず、広く浅く楽しく、 中東地域の音楽や文化を知ることを目的に エジプト・トルコ・ペルシャを中心に、 それぞれアブダッラー先生、北川先生、石田先生をお招きして講座をお願いしました。 またオープンキャンパスでは、世界各地の音楽をよく知る立岩先生に担当いただ

トランスせよ、トリップせよ①

トランスせよ、トリップせよ①

レイヴを趣味にしているとまれに「いつ頃卒業する?」なんて聞かれたりするんだけど、その卒業という感覚が私にはぜんぜんわからなくて。 自分が愛している文化だから廃れて欲しくないし、日本に根付いてまだ20年ちょっとでしょ? なら、「これくらい年取っても来ていいんだ。未来は明るいな」って若い子たちに思って欲しいんだよね。 フェスもね、好きなんだけど、わりかし別物。 一言で言うなら自由度が違う。 ほんとなにしてても誰でも受け入れてくれる空気感があそこにはある。 こうあるべきだよなって

17
この1年間やっていたこと

この1年間やっていたこと

お久しぶりです! 1年間noteをお休みしていた間にも、思いがけずたくさんの方が記事を読んでくださっていたと知り、とても嬉しく思っています。 この期間していたことを、いくつかご紹介します。 1. ブックレットCD『Vetla Jento Mi ~ハーディングフェーレ伝統曲集~』をリリースしました。初めての、ソロ名義でのCDです。ノルウェーの大好きな伝統曲を9つ選び、22ページのブックレットには、9曲すべての楽譜と解説、ハーディングフェーレに関する情報をまとめました。 ハ

8
Billboard Japan 連載 楽園おんがく - 執筆リンク集

Billboard Japan 連載 楽園おんがく - 執筆リンク集

2013年から2017年の間に、Billboard Japanで連載していた「楽園おんがく」のリンク集です。沖縄をメインにラテンやアフリカの音楽まで幅広く書いていましたが、やはり沖縄でしかできない取材記事は記録としても貴重だと思います。ぜひ御覧ください。 ********************** 映画『旅立ちの島唄~十五の春~』プレミア上映会レポート(2013/04/26) 喜納昌吉&チャンプルーズ at 伊江島ゆり祭り(2013/05/14) 涼しいアルゼンチン

3
ターキッシュ・クラリネット前史 その1

ターキッシュ・クラリネット前史 その1

トルコ:ターキッシュ・クラリネットの名手(6) シャリュモー、バセット・ホルン、ターキッシュ・クラリネット そもそもクラリネットという楽器は、シャリュモーという古楽器を改善する形で、1700年代初頭にドイツ・ニュルンベルクで発明されたと言われている。操作のためのキィも始めは2つだったが、徐々に増やされ、1812年には、どんな調性の曲にも対応できる13キィシステムとなり、その後1800年代前半にはシンプル式とも呼ばれるアルバート式がウジェーヌ・アルベールによって生み出された。

3
音楽と舞踊

音楽と舞踊

音楽が消費される商品になったのはいつからか。耳で聴くという行為の対象になったのはいつからか。音楽が、独立した芸術の一分野になったのはいつからか。 昔の音楽を知れば知るほど、音楽は舞踊と切り離せないことがわかってくる。 昔の音楽を演奏するときは、必ず舞踊を想定しなくてはならない。 といって、今の独立した音楽が嫌いなわけではないけど。 でも、少なくとも身体性を失った音楽は嘘だと思う。

【トレーナーのモーニングルーティン解説!】ミューズ音楽院でのレクチャー第2弾

【トレーナーのモーニングルーティン解説!】ミューズ音楽院でのレクチャー第2弾

#音楽専門学校で講義 #ミューズ音楽院 #モーニングルーティン 音楽専門学校のミューズ音楽院でのレクチャー第2弾。 現在、私がやっているモーニングルーティンを説明しています。 ★ホーミー・ホーメイ・倍音唱法 体験クラスの予定こちら https://t-william.net/l/tenrai_comp1.c.html ★声の大学のメルマガこちら https://t-william.net/l/kdmm1.d.html 声の大学の情報を確実にGETしたい場合はメルマガがおすすめ!!読者限定企画や特典もあり! ★LINEはこちら https://lin.ee/ufyEPGB

28
自己紹介とデモンストレーションパフォーマンス@某音楽専門学校

自己紹介とデモンストレーションパフォーマンス@某音楽専門学校

先日、講義させて頂いた某音楽専門学校でのレクチャーを含めた自己紹介とデモンストレーションの演奏です ★ホーミー・ホーメイ・倍音唱法 体験クラスの予定こちら https://t-william.net/l/tenrai_comp1.c.html ★声の大学のメルマガこちら https://t-william.net/l/kdmm1.d.html 声の大学の情報を確実にGETしたい場合はメルマガがおすすめ!!読者限定企画や特典もあり! ★LINEはこちら https://lin.ee/ufyEPGB

35