権限委譲

【記事感想】変わる、ドンキ。

店舗の現場で鍛えられた人材が経営を引っ張る体制から、経営資源の配分などに長じた新たなタイプのトップが全体を統括する形にする。

記事元:ドンキ、30年目の大改革

変わりますね。ドンキ。今度は経営経験が十分な人にCEOが譲られます。企業として成長を模索していく段階、いや、世界を目指す上では、こういった人材が必要になっていくのでしょうか?

ドンキの経営、というより店舗経営の在り方としては、現場への

もっとみる

番外編 「時間泥棒は誰だ!」

「時間泥棒シリーズ」最新記事(2019年8月21日水曜日配信)を記念して、文字数の関係で掲載されなかった幻の原稿をnoteにて公開します。こっちを先に読んでから、日経の記事を読むと話としては繋がるはず、たぶんね。

で、読んでいただけるなら、#どんどんシェアして、#いいねしてね

経営者に読ませる「B2Bマーケティング攻略ガイド」
↓クリックすると各話をお読みただけます

第23話 その作業に価値

もっとみる
おぉ、この記事にスキをありがとうございます、頑張って書きます
18

スイミーとリーダーシップ(2)

前回(スイミーとリーダーシップその1)の最後で、
「じゃ、うちの部長の権限って、いったい何なの、何であんなに偉そうにしているの?」とお嘆きのあなたへ、そんな話やアクセプタンスの詳細を次回以降のどこかに書きたいと思いますので、たくさんいいね!やスキやシェアをしていただくと書きたくなります(笑) よろしくね。

と言ったら、170フォロワーくらいでずっと停滞していたのが、203フォロワーにまで増えたの

もっとみる
これ、私も好きな記事なんでうれしいです、ありがとうございます
19

〝BizHint〟にて、ReBoost・河合 聡一郎 様 による、プロ・リクルーター〝事業承継の成功のヒントを探る連載〟、日替わり弁当のみで年商70億の、株式会社玉子屋 代表取締役社長・菅原 勇一郎 様 の撮影をさせていただきました。
https://bizhint.jp/report/272365

改革を妨げる論理

閉鎖的・強制的な性格の強いPTAや町内会の改革を唱えると、必ずといってよいほど反対の声に押し切られる。「親睦のために役立っている」「防犯や防災に必要だ」等々。詰め込み式の大学入試にしても、それによって若者の克己心や学習態度が養われる、といった擁護論がいまだに根強い。

 企業でも分厚い管理職層の非効率性が叫ばれ、組織のスリム化、フラット化が唱えられて久しいが、改革はなかなか進んでいない。優秀なミド

もっとみる
感謝しています。
4

古代ローマに学ぶ権限委譲の類型

先日、権限委譲についてお話をしていた際、平時と非常時では権限委譲のやり方が違うよねという話題が出たのですが

「あー、古代ローマでいうと執政官と独裁官の違いですね」

と言っても通用しなくて切なかったので、いい機会だからこちらで論じてみることにします。

古代ローマの統治システム

古代ローマの人々は、自分たちを

Senatus Populusque Romanus(ローマの元老院と市民)

もっとみる
まずは見える範囲を広げよう。見えない場所は、目指せない。
1

「イタリア、ユーロ離脱」から

----------
三点に注目したい 
 1. 群集心理
 2.N次情報と真実
 3.地方創生

関連代表記事 REUTERS 2018年11月9日 / 19:41
https://jp.reuters.com/article/italy-budget-di-maio-idJPKCN1NE163
----------

A 2018年3月頃だったか、(イタリア)総選挙でポピュリスト勢力が躍進し

もっとみる
夜通し、思考の向こう側が見えるまで、対話しましょう。
5