経済13 知らないとヤバい!経済指標その2 (景気動向指数と日銀短観)

景気とは、絶えず循環を繰り返しています。
そもそも景気とは、さまざまな経済的要素を総合的に判断して、経済全体どうなっているのかを把握するのが景気です。

今回は景気を捉える指数として主に活用されている、景気動向指数と日銀短観について解説します!
それではいきましょう!

景気の捉える!景気動向指数とは

経済の世界では景気の動向を捉える指数として、景気動向指数という指標があります。

景気動向指数

もっとみる
これからもよろしくお願いいたします!!
3

米国株マーケット考察 2020.10.16

マーケットサマリー

米国株式相場は、続落。ダウ工業株30種平均は前日終値比19.80ドル安の2万8494.20ドルで終了し、ナスダック総合指数は54.86ポイント安の1万1713.87で引けました。
 
ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比417万株減の7億9801万株と引き続き夏枯れ相場並みに薄商いな1日でした。

米国株式市場は寄り付き直後はダウが332ドル安まで売り込まれました。主な理由

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。記事をシェアして頂けると嬉しく思います。
1

コロナ不景気

今年はコロナで振り回された一年だと思うのですが、最近は落ち着いてきたというか慣れてきたんですかね。自粛ムードもだいぶ緩和してきてると思います。
緊急事態宣言が出てから半年ほど経つのですが最近やたらと周りの店舗の閉店が目立ってきてます。うちは商店街で周りは居酒屋や飲食店が多数あるのですけど、人の出はマシになったとは言っても、夕方6時以降は出歩いている人はまだまだ少ないように思います。
新しい生活にみ

もっとみる
これからもよろしくお願いします^_^
数量限定で販売中
残り 10 / 10

【え!?そうなの?若くて健康な人は、2022年までコロナワクチン受けれないってよ(WHO)】毎日5分!経済英語NEWS!

おはようございます。
八木翼です。

コロナワクチンが注目されていますが、
どうやら若い健常者はワクチンを2022まで
受けることはできなくなりそうですね。

その世代が経済を支えているんですが。。。

あれ?オリンピックはノーワクチンで挑むつもりですか??笑
いや、笑い事ではないんですけど。。。

ニュースを見てみましょう。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日5分!経済英語

もっとみる

もう少し財政出動しても良いのじゃないでしょうか?

GoTo某なキャンペーンがそれなりに成果を出すのは予想できます。
お金が無い状態では何も動きませんからね。
ただ、それはやっぱり飲食や旅行といった限られた分野でのみの効果というのは否定できない事実。

ここからどれだけ効果を波及させるか、というのがこのコロナ大戦を生き残るまたは勝利する鍵なんじゃないのか?というのは漠然と思います。

例えば、助成金等もそうですね。
企業や民間の財団等が行う助成金や

もっとみる
数量限定で販売中
残り 10 / 10

【銀行株が悪くない!!JPM,C決算発表!!】毎日5分!経済英語NEWS!

おはようございます。
八木翼です。

JPモルガンとシティバンクの決算発表がありました。
結果から言うと、意外と悪くなかったと言えます。
この主な原因として、既に見込んでいた貸し倒れ引き上げ金
が思っていた以上に必要ではなかったからです。
要は倒産する企業が少なかったと言うことです。

ただ、これはコロナ救済で政府がお金を配ったことが
大きいのです。
そして今、救済法案は停滞しています。

PPP

もっとみる

生まれた時から不景気?そのうちなんとかなるだろう?

遂に来たか!という感じのツイートを発見↓
こういう風に、誰かのツイートがバズったりした時には、自分の中のもやもやした感情と向き合ってもよいのではないかな。

↓にぶら下がっているコメントにも目を通してみて欲しい。

不景気というのは、知らず知らずのうちに人を萎縮させる。
消費が減り、明るく前向きな気持ちが奪われる。
怖いのは、この状態が当たり前だと思ってしまうことだ。

振り返ってみれば、第3次ベ

もっとみる

狸寝入りと景気予測

小さい頃、多湖輝の「頭の体操」が好きで、何冊も購入していた。いくつか、お気に入りの問題があった中で、一番のお気に入りはこれだ(手元に現物がないので、だいたいのニュアンスで)。

兄弟のAくんとBくん。いつも一緒にお昼寝をするが、弟のBくんは、ときどき狸寝入りをすることがある。外から見たら寝てるのか、起きているのかわからないはずなのに、兄のAくんは「今、狸寝入りをしてるだろ」と、100%見破ってくる

もっとみる
ありがとうございました!
3

「人々の景気」が良くならないナゾ

近年、株価や大企業の業績は上がっている一方で、働く人々の給料はなかなか上がらない状況が続いています。私は、株価や会社の業績から見る景気ではなく、人々の状況を基にした「人々の景気」というものを考えています。
 今回から、この「人々の景気」が良くならないナゾを、複数回に分けて考えていきます。

目次
・「人々の景気が良い」とは
・「仕事でお金を稼ぐ」は限界なのか

◯「人々の景気が良い」とは
 このn

もっとみる
これからも「スキ」を押したくなるnoteを書きます!

受け入れるべき現実

みなさんこんばんは。いかがお過ごしでしょうか。

10月最初の土曜日、こちらは晴れて昼間は少し暑いくらいで、今日は過ごしやすかったです。

今日はあまり目を向けたくないような、でも向けたほうがよい話をしたいと思います。

まずは、有効求人倍率について。

8月の有効求人倍率は1・04倍で、前月から0・04ポイント低下した。8か月連続のマイナスとなり、2014年1月以来、6年7か月ぶりの低水準となっ

もっとみる
恐縮です!!
6