新刊情報

東大式 癒しの森のつくり方―はじめに(浅野友子)

「富士癒しの森研究所」……およそ東京大学の研究所とは思えない名前の小さな研究所が山梨県山中湖村にあります。私は9年前にこの研究所に所長として赴任しました。癒しの森──なんともほんわかしたキーワードを掲げたこの研究所はいったい何を研究するところなのか? 私に何ができるのか? はじめはとまどうことばかりでした。

何を研究するところなのかは、半年ほどで体感できました。例えばこんなふうです。研究所が行う

もっとみる
スキありがとうございます!

東大式 癒しの森のつくり方―目次

はじめに

第1部 癒しの森と森づくり
第1章 富士山麓・山中湖畔で始まる、新たな森と人とのつながり
1 東京大学の森「富士癒しの森研究所」
 なぜ山中湖畔に東大が
 時代背景と研究テーマの変遷
2 山中湖村のたどった道─寒村から国内有数のリゾート地へ
 山野の恵みにたよる厳しい暮らし(江戸時代?明治時代)
 観光による開発の兆し──富裕層向けの保養地(大正時代~昭和初期)
 山中湖村の発展と

もっとみる
スキありがとうございます!

20カ国で刊行の大ベストセラー! 脳科学と教育学を超えるスタンフォード人間成長研究の決定版! 『「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わる』【刊行のお知らせ】

9月刊単行本はスタンフォード大学教育学部教授 ジョー・ボアラー[著]『「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わる』📖(9/18発売です)

「自分は算数脳を持ってない」。そう考える人は少なくありません。早い時期に大人や教師から「あなたは理系ではない」と言われてしまう人も多いことでしょう。でも、もし生まれつき何かに”向いている”人などいないとしたら?”思いこみ”こそ

もっとみる
スキ💛ありがとうございます!
5
スキありがとうございます!

人に話したくなる土壌微生物の世界―編集部より

ほんの30年前まで、わずか1%しか存在を認識されていなかった土壌微生物。
研究手段の発達により明らかになったその働きは、動植物の生育を手助けしたり洞窟を作ったりするだけでなく、エネルギー生産、環境浄化といったさまざまな場面で暮らしに役立つものでした。

一方で、病気をもたらす土壌由来の微生物もいます。
肺炎を引き起こすレジオネラ菌や食中毒を発生させるボツリヌス菌、大腸菌O157が有名ですが、研究が

もっとみる
スキありがとうございます!
2

人に話したくなる土壌微生物の世界―はじめに

私たちの生活は微生物と関わりのあるもので満ちあふれています。納豆、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品や、味噌、醤油、コチュジャンなどの発酵調味料、さらにビール、ワイン、清酒などの発酵酒も微生物の働きで作られています。ヨーグルトは乳酸菌、ビールやワインは酵母菌、納豆はもちろん納豆菌によるものです。ぬか漬けやキムチは乳酸菌と酵母菌の共同作業で、清酒に至っては、コウジカビ、酵母菌、乳酸菌という三種類もの微

もっとみる
スキありがとうございます!

人に話したくなる土壌微生物の世界―目次

はじめに

第1章 未知の世界がいま明らかに──人と微生物との関わり
身近な微生物
微生物の発見
病原菌の発見
土壌微生物学のはじまり
土壌微生物学の新時代

第2章 土と微生物
田んぼでは連作障害が起きない!? ──持続的農業と微生物の関係
99%は未知──土壌微生物
反芻動物と微生物──共生微生物1
根粒菌の働き──土壌微生物2
菌根菌、キノコが山を緑に?──共生微生物3
大気を作った微生

もっとみる
スキありがとうございます!

菌根の世界―おわりに──菌根共生の進化を考える(小川真)

この本の編者、齋藤雅典さんから送られてきた原稿を読ませてもらって、書かれた内容の新鮮さと著者たちの熱意に、ある種の感動を覚えた。「なぜこれほど大切なテーマが、長い間放っておかれたのか」「あそこにもここにも、おもしろいタネが埋もれているのに」「この考える楽しさを、次の世代に伝えなければ」という著者たちの声が聞こえてくる。菌根の仕事に取りかかった1960年以来、半世紀以上、私も同じ思いを抱いて能力以上

もっとみる
スキありがとうございます!
1

菌根の世界―はじめに(齋藤雅典)

「キンコン」「キンコンキン」という言葉を聞いて何のことかわからなくても、「菌根」「菌根菌」と漢字で表すとなんとなくイメージがわいてくるかもしれない。菌根とは、菌類いわゆるカビの仲間が植物の根に共生している現象を指す言葉である。マツタケがマツの根に共生するマツタケ菌から生じる子実体(キノコ)であることはよく知られている。まさにマツタケ菌はマツの根に共生する菌根菌なのである。

じつは、マツタケ以外に

もっとみる
スキありがとうございます!

菌根の世界―目次

はじめに

序章 地球の緑を支える菌根共生─菌と根の奇跡の出会い―――齋藤雅典・小川 真
根の表面を覆う菌と根の内部に入りこむ菌
特定の植物と関係を結ぶ菌
緑の誕生
植物と菌が出会うとき
【コラム】菌根と共生─用語の使い方(齋藤雅典)

第1章 土の中の小さな宝石─アーバスキュラー菌根菌―――齋藤雅典
心を虜にする輝く胞子
アーバスキュラー菌根菌を観察する
分離し、同定し、分類する
分類体系の

もっとみる
スキありがとうございます!