築地書館

自然とひとの関わりを考える書籍の出版社です。
    • 書籍情報
      書籍情報
      • 80本

      小社刊行の書籍について。

    • ほっとトーク
      ほっとトーク
      • 17本

      築地書館社員が語る、日常のあれこれ話です。(月1回予定)

コロナ後の食と農―まえがき

「新型コロナウイルス禍は(中略)グローバル経済のもろさを露呈。(中略)食料やエネルギー、労働力を他国に依存する日本の病巣もあらわになった。(中略)経済学者で思想…

コロナ後の食と農―目次

まえがき 第1章 小規模家族農業の解体と工場型畜産がコロナ禍を生んだ 新型コロナはなぜ中国の「武漢」で発生したのか 小規模家族農家を辺境に追いやるグローバル化がパ…

コロナ禍での食事の変化

コロナ禍で、外食、残業をしなくなったせいか、食べ物と食べ方が変わった。加齢のせいで、量をたくさん食べられなくなったことに加えて、肉を食べたくなくなり、野菜や豆の…

東大式 癒しの森のつくり方―はじめに(浅野友子)

「富士癒しの森研究所」……およそ東京大学の研究所とは思えない名前の小さな研究所が山梨県山中湖村にあります。私は9年前にこの研究所に所長として赴任しました。癒しの…

東大式 癒しの森のつくり方―目次

はじめに 第1部 癒しの森と森づくり 第1章 富士山麓・山中湖畔で始まる、新たな森と人とのつながり 1 東京大学の森「富士癒しの森研究所」  なぜ山中湖畔に東大が …