蒼月海里

小説家、ときどきシナリオライター。仙台生まれ千葉育ちの元書店員。 『幽落町おばけ駄菓子屋』『幻想古書店で珈琲を』『夜と会う。』『地底アパート』『深海カフェ 海底二万哩』『水晶庭園の少年たち』『稲荷書店きつね堂』『咎人の刻印』などを刊行。

火星に行きたい。

火星には、赤茶けた大地が拡がっているらしい。 火星には、水はないが氷はあるらしい。 火星には、ダストデビルという凄まじい砂嵐が存在しているらしい。 火星探査機キュ…

『水晶庭園の少年たち 喪に服す電気石』発売とコロナ禍の新刊

5/20に『水晶庭園の少年たち』シリーズ4巻が発売された。 3月に『稲荷書店きつね堂』2巻が発売し、4月に『地底アパート』特装版と新シリーズ『咎人の刻印』と『ビブリオコ…

『咎人の刻印』発売とその経緯。

2020年4月7日、政府が緊急事態宣言を発令したその日。 今までとは毛色が違う蒼月作品が発売した。 吸血鬼と殺人鬼のバディが活躍するというダークファンタジーである。 版…

『稲荷書店きつね堂 犬神書店員来たる』発売中!

『稲荷書店きつね堂』シリーズ第二弾が発売されました! 今回は、ワンコ系の新キャラが登場! 愛嬌があって元気な犬神・千牧を宜しくお願いします! 『幻想古書店で珈琲を…

殻を破る。

蒼月海里はデビューしてから無事に五周年を迎えた。 そして、デビュー作である『おばけシリーズ』も、無事に完結させることが出来た。 完結自体が難しい昨今、17冊も出させ…

ファンレターの送り先について

いつもファンレターを下さる皆さま、本当に有り難う御座います(五体投地)! 電子化が発達した現在、手紙を書くこと自体が稀有になっているかと思われますが、そんな中で…