打ち明け話

Happy Birthday To Me

結婚してから初めて独りで過ごす誕生日。

夫にはあと2週間ほど実家に居てもらうことにした。

(仲悪いわけじゃないです。昨日は一緒に遊んで、家の前でバイバイした。)

先月末から色々あって、警察のお世話になったりとかして、起こること全部ネタ~って普段思っていても、いざ当事者となると全く笑えなかった。

『私には人の心がない』というタイトルで書こうとしたけれど、自分語りがしたいなんてめちゃくちゃ人間

もっとみる

2020/07/07  罪の話

突然ですが、罪を犯したとはっきりと自覚していることはあるでしょうか。

あれは仕方なかったとか、そうさせる背景があったとかではなく、純粋に自分の心の弱さを世の中で、形にしたことが。

私はある。

いつも綺麗じみた言葉を並べているけれど、私は罪を犯した。警察のお世話になるようなことではない。何かの履歴に残ることもない。数日停学にはなった。その程度で済んだから比較的軽い罪だったのだと思う。悪いことを

もっとみる
蚊に刺されやすい体です
22

書きたいことを書くのは難しい。

noteを始めてみたものの、実名で、所属も明かして、文章を書く、ということがどうもいけない。実名で公開されるとなった瞬間の、書きたいことが全然書けなくなる感じ。これなんなんだろう?

NHKを辞めてから、SNSでの発信を躊躇いなくできるようになり、FacebookもTwitterもInstagramもやってるし、最近ではstand.fmというラジオまで始めた。でも、全部を自由に書けているか?という

もっとみる
きゃー!嬉しい〜♡
7

読みたい人がいるのかどうか分からない、なれそめの話・第1話

SNSで繋がっている社長さんが、奥様との劇的ななれそめを書かれていて面白く読ませていただきました。

人の歴史の中にある、その人が経験してきたストーリー、というのは面白いんだなと言うことを気づきとしてつぶやいていたら、私のなれそめも聞きたいという声が少しだけあったので、ここでこそっと書いてみようと思いました。

ただ、別に私の場合ロマンチックなエピソードとか、劇的な何かというのはありません。ただ、

もっとみる
ありがとうございます!明日きっといいことが起きます。
16

打ち明け話

人に言うのも呆れるくらい
細々した場面で、やっぱり1ミリも
親には尊重されてなかったんだなって
感想が積み重なっていったけど

打ち明け話として
概要を聞いただけの人の中には
その積み重なった出来事にまで
想像が届かない人もいて

人が捨てた希望を容易く拾って
本人の前に差し出そうとしてくる人も

まるでそれを善行と信じて疑わない人もいる

こうして、もう何回も踏み潰されて
グチャグチャになってる

もっとみる

家族への新築計画の提案

平成30年12月30日の午後10時半だったと記憶していますが、
家族に新築購入の説明をするのに、コタツの前に集まるよう言いました。
私自身、マンション派で戸建ての計画はありませんでしたが、以下の2つの理由から今回決心しました。

① マンションの、1回目の大規模修繕が終わりましたが、2回目以降、修繕
 に かかる資金計画が未知数で、将来に対する不安を抱くようになりまし
 た。しかしながら贅沢を言わ

もっとみる

バカにされたくない笑われたくない自信がない

10代のころ、私には人を笑わせる”才能”があった。

私が口を開けば、あらゆる人が笑う。何かするたびに笑う。

人類が長い時間をかけて獲得した意思表示、笑いに囲まれながら、とうの自分は無理やり口角を吊り上げることで精一杯だった。もちろん、目は笑っていなかった。

小学生のころ、人一倍純粋だった私は、周りの同級生が「ませていく」過程についていけなかった。大人への階段をふみしめていくにつれて純粋さを捨

もっとみる
はぶ あ ないす でい
26

食事中に汚物を見ても平気だよ。ただ…

自分と他人の境界線について、言いたいことが出てきた。

タイトルにもあるように、私は食べている時に汚いものをみたりきいたりしても、何ら支障はない。

食事は味覚と嗅覚を使う行為だから、この2つが侵されなければ大丈夫だ。

それはつまり、視覚や聴覚がどんなものをとらえようとも、味覚と嗅覚が食べ物に触れているなら、食事に関しては一応問題はないということ。

だから、食べている最中に排泄物とか動物の死骸

もっとみる
はぶ あ ないす でい
11

おウチでKAKUTAができたのは3/3  KAKUTA一同

4月21日、それぞれの返信

異儀田夏葉の返信

バラちゃん、ありがとう
バラちゃんのライン読んで、我慢してた涙がドゥワッと出ました
さやみ、わたしも一緒だよ
かかえこんで辛かったね
ポッドキャスト班で気づけずにごめん
ヒロも、そうちゃんも、気持ちを聞かせてくれてありがとう

わたしも気持ちの浮き沈みがあって、緊急事態宣言が出てしばらく経った最近は特に、テレビのニュースやケータイをみられない日

もっとみる
あなたのスキがわたしの力のみなもとっ( 'ω')(吉田紗也美)
20

おウチでKAKUTAができたのは2/3  桑原裕子

さやみが泣いた夜。続き

その夜、KAKUTAの新劇団員・吉田紗也美が電話口で話してくれたのは、おおよそこんな話でした。

毎日が不安すぎてどうしたらいかわからない。アルバイトには行く。でも一時間だけ働いたらもう帰されるような日々で、そのために電車に乗っていくのも怖い。これ以上続いたら本当に生活ができなくなる。お金のこと、生活のこと。これからの不安に潰されそうになる。今だけでも福岡に帰りたいと思う

もっとみる
ありがとうございます!また遊びに来て下さい!!(成清正紀)
21