三木佳世子|NHKディレクター→サイボウズ→PR会社役員

NHK報道ディレクター12年→男児出産後時短で復職後に転職→サイボウズ(株)で企業の組織開発コンサル→複業で自己PR講座、メディアPRなど→株式会社LITA 取締役 未来はエンプティキャンバス!誰もが制限なく未来を描ける世界をつくることが使命。何かヒントになれたら嬉しいです。

三木佳世子|NHKディレクター→サイボウズ→PR会社役員

NHK報道ディレクター12年→男児出産後時短で復職後に転職→サイボウズ(株)で企業の組織開発コンサル→複業で自己PR講座、メディアPRなど→株式会社LITA 取締役 未来はエンプティキャンバス!誰もが制限なく未来を描ける世界をつくることが使命。何かヒントになれたら嬉しいです。

最近の記事

父と会う。

6年前の今日、1月10日の手帳には「父と会う」と予定が書かれている。 生後3ヶ月を過ぎた息子を父に見せに行き、一緒にご飯を食べた。小さな息子の手を握り、ガラガラを振って微笑んでいた。息子の名前の由来を伝えると、何度も頷き、良い名前だと言った。 それが、元気な父に会う最後となった。 2022年、新たな年が明け、希望に満ちて幸せなお正月を過ごしていた。 仕事始めから、新たな役職に心引き締まり、目の前の仕事に邁進していた。そんなふうに私が日常を過ごしていたとき、父はこの世界に

    • 頑張り屋さんでいることに疲れている人へ

      9月「頑張る」を手放すことに決めた。 今日は9月最終日、あと数時間で新しい月が始まる。 節目の日に、私が最近思い切って手放したことを書こうと思う。 それは、「頑張ること」 実はこれまで、頑張ることでしか評価されないと思って生きてきた。 頑張らないと親から認めてもらえない。褒められない。という幼少期を経て、ちょっとでも手を抜くと、平均台から転げ落ちてしまいそうな悲壮感でもって、私は肩にも眉間にもガチガチに力を入れて、唇を噛みながら大きくなった。(その頃の癖で、今でも気づく

      • 1週間の始まりに、意識したいのは山場

        女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 手帳やカレンダーにスケジュールを書いている方が多いと思います。せっかくなら予定を把握するだけじゃなくて、心がけるといいよ、と思うことをまとめました。 ビジネスパーソンの皆さん、1週間いろんな予定が詰まっていることと思います。お仕事関連とプライベートを分けて書いている方もいれば、1つにまとめている方もいますね。使い方は今回は置いておいて。 忘れないように予定を書き込むだけ

        • プレゼン自己紹介もSNSの発信も、プレスリリースと一緒!〇〇目線が大事

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 私が講師を務めるPR塾では、毎月1回メディアの方をお招きして受講生の方々がプレゼンをする機会があります。初めて参加される方もいれば、2回、3回と回を重ねられている方もいます。 何度か経験されている方は、分かりやすい資料を作って共有されながらお話をしたり、時間内にきちんとお話がまとまるようになってきていて、成長に感動!1分間という時間制限があるので、最初は大体時間内には収ま

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • メディア視点から考えるPRのヒント
          三木佳世子|NHKディレクター→サイボウズ→PR会社役員
        • 新米CHOワーママ奮闘記
          三木佳世子|NHKディレクター→サイボウズ→PR会社役員

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          夫の許可は必要ですか?

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 喜怒哀楽で1週間を振り返ってみよう、という先日の記事のところで少し触れたことについて。今、ある選考に応募している私に夫が言ってくれたこと。 チャレンジしていることを夫に話してみた「日曜日、息子を見ていてくれる?実はね、面接があって…」と、先日夫に話しました。ある選考の1次、2次試験に受かって、3次の面接がちょうど日曜日。 日曜日に家族と一緒にいられない理由をきちんと話し

          おススメ!喜怒哀楽で1週間のふり返りを

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 少しほっとできる時間がある金曜日、土曜日。私がしているリセット方法をご紹介します。 1週間を振り返ることで気持ちをリセットお仕事をされている方は、平日はなかなかお忙しくて時間がとれないですよね。私もなのですが、金曜日の夜や土曜日に、1週間を振り返る時間を少しとるようにしています。これをすることで、気持ちばリセットできて、新しい週に向けて活力を蓄えられる気がするのです。もち

          知ってもらいたいなら、買ってもらいたいなら、アンテナを立ててもらおう

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 会社の女子4人でご飯を食べていたときに、新たな発見がありました! 私が役員、講師をしている株式会社LITAの社長と社員2名でランチを食べに行ったときのこと。 社長の笹木が、朝レモン白湯を飲んでいるとか、瞑想から1日を始めていると話したことにびっくり。そこから健康をテーマに話が盛り上がったのですが、少し前の笹木だったら、健康について話すなんて考えられなかったのです。止まる

          打席に立つことで自分にとっての当たり前が変わる

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 あなたは最近失敗したことがありますか?今日は「失敗」について感じたことを綴ってみます。 少し前のことです。私が講師を務めているPR塾で毎月行っている「メディア交流会&勉強会」というものがあったんですね。「メディア交流会&勉強会」というのは、毎月メディアの方を招いてその方を前に、受講生が1分間ご自身がPRしたい商品やサービス、活動についてプレゼンをする、というもの。 泣い

          思うような人生を生きるためのスキル 伝える力

          女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。いろんなヒントが詰まった三木佳世子の公式LINEはこちらから。 うまく伝えられるスキルは、思うような人生を生きるために必須です。じゃあどうしたらうまく伝えられるようになるのか、というお話です。 伝えるスキルを学ぶ授業はなかったけれど日本人は、ディスカッションやプレゼンが苦手な人が多いですよね。特に女性は、人前に立って話すのは少し敬遠される風習もありますね。だから社会人になって突然、会議でプレゼンをしなきゃ、となると困るのです。 そも

          ポリアンナの良いこと探し、知っていますか?

          5歳になる息子がいるのですが、最近どんどん哲学的なことが話せるようになってきて、会話がさらに面白くなってきました。例えば先日は、 「どうして嘘をついちゃう人がいるんだろうね?」 と聞いたら 「嘘はね、つきたくてついているんじゃない。つかなきゃならない何かがその人にあったんだと思う」 と!息子、いいこと言うぞ!と思って 「たっくんは、そんな嘘ついたことがあるの?」の問いは、意味ありげな含み笑いをしながら 「ないよ」 だって。子どもとの対話から学ぶことって多いですね

          相手の期待値を越える行動で、自分に付加価値をつける

          仕事をしていく上で、一般的に”ここまでできたら文句はないでしょう”というラインってありますよね?期日は守っている、やってほしいと言われたことはやっている…そこをどれだけ超えてするか、で結果は変わってくるよというお話です。 インテリアグリーンサービスの担当者のことこんなことを思うきっかけになったのは、自宅に来てもらっているインテリアグリーンサービスの会社の担当の方のこと。私は植物が大好きで、家のダイニングや玄関、ベランダ、寝室などに寄せ植えや大小さまざまな鉢をいくつか置いてい

          育児と仕事の両立について

          PR塾の講師として、株式会社LITAの役員として、三木佳世子一個人としてのチャレンジや学んでいることもあり、毎日忙しい日々を過ごす中で、育児をどうしているの?というご質問をよくいただきます。今日はお仕事のことをおいておいて、子どもの教育のことについて書いてみますね。 子どもの勉強は時間がかかる…私は週のうち半分は帰りが遅くなるくらい忙しい毎日なのですが、私の子どもは今保育園の年長さん。小学校お受験の準備真っただ中です。なかなか高価な塾に通っています。 小学校の受験ってどん

          アイデアは人に会うことでカタチになる!

          アイデアをカタチにしていくプロセスで自分の中で煮詰まりすぎちゃって、途中で止まってしまう…というご相談をいただきました。 アイデアが煮詰まりすぎる理由ありますね。ぐるぐる考えて、ある時点で答えが出ず停止状態。そのまま忘れていっちゃうというパターン。そうなってしまう理由を考えてみました。 多分「プライド」が邪魔しているんじゃないかな。完成度が低いモノを外へ出すことへの抵抗感。「あなたってこの程度なんだ」って思われるのが嫌。だから自分で完璧に練り上げるまで、なかなか外に出せな

          マインドフルネス瞑想のススメ!

          世界のビジネススクールやトップリーダーたちが実践しているマインドフルネス。私も3年前に知人のグループで教えてもらってから、行っています。私がアンバサダーを務めている日経クロスウーマンのdoorsでマインドフルネスに関する記事を見つけたのをきっかけに、マインドフルネスについて感じていることや効果について書いてみます。 マインドフルネス瞑想って?この記事は、マインドフルネス瞑想協会、代表理事の吉田さんという方にお話を伺って書かれたもの。実は私も、マインドフルネスを日々の生活に取

          女性の働き方について思うこと

          昨日の日経新聞の記事を読んで、胸がもやもや苦しくなっています。テーマは、コロナ禍における女性の就業について。 皆さん、M字カーブって聞いたことがありますか?働く女性の数は出産、育児で一時落ち込む(M字の谷の部分)けれど、その後、また増えるということ。安倍さんの頃の政府は女性活躍を掲げて就労を促進していたため、2019年に女性の就業者数が3000万人を突破して、M字カーブは解消したと言われていたそうなんです。 それが、コロナ禍でそうではなかったことが分かった…ということ。

          何のために仕事をしますか?

          4月5月共に満席だった、しなやかキャリア&ワークショップとプレスリリースワークショップ!6月も開催します!女性がもっと自由に、ハッピーに美しく。ご案内はこちらから。 あなたは、何のために仕事をしますか?生活のため?お金を稼ぐため? 今の私は、幸せに生きるために働いています。 一度立ち止まったから、今の私がある私はNHKで12年ディレクターの仕事をしてきました。そのなかで1年ちょっと育休をとったんですよね。今の私があるのは、その時期があったからだと思っています。ディレクター