新着の記事一覧

『ぼくの枕はかく語りき』(戯曲)

研究室から渡辺えり(当時えり子)の単行本を持ち帰る。この頃は、新人劇作家でも注目されれば、戯曲を出版することができたのだなあと、牧歌的でしかも恵まれた時代を思い出す。明日はオフィス三〇○の『私の恋人beyond』を観る。

1時間前

へなちょこな君へ。

14時間前

ダンクシュート

『セイタカアワダチソウが枯れるとき』

サド侯爵夫人

戯曲ってなあに?三島由紀夫『近代能楽集』

【戯曲】キャスリング/水彩奴

【戯曲】書店シリーズ/水彩奴

【戯曲】無くした!