成年後見

【23】後見のようなヘルパーを目指したい

「後見」という言葉をご存知だろうか。「こうけん」と読む。福祉に関わりのある人なら、成年後見制度などの用語で見た事があるだろう。この「後見」という用語、実は日本の伝統芸能である能の役割の1つである「後見」からきているそうだ。

能の中で「後見」は、能舞台を向かって左側奥に座っている。演目により1人だったり数名だったりする。主な役割は、例えばワキ(演じる人)が演じている最中に、着物の裾が少しめくれ

もっとみる

オオゼキに行きたい、という被後見人さんの話 ほか スーパー小ネタ

雨が続いて「スーパー日和」とは言い難い日々です。しかし食事は待ってくれませんから雨の中でもスーパーに買い出しに行きます。

小ネタ3つ
 1 スーパーの撤退
 2 まいばすけっと
 3 オオゼキに行きたい、という被後見人さんのお話 
 

1 オーケー進出による他スーパーの撤退

 近所の噂レベルなので明記して良いのか迷っていますが、オーケーが進出したことによって、その近隣競合店であるマ○ク○バ○

もっとみる
嬉しいです。ストロング系飲料は濃すぎるので炭酸水で割って飲んでます。
12

認知症患者からお金をもらう

父には愛人がいて、私の知る限りで20年近く続いている。とは言え、相手と会うことはないし、何かしてくれることもない。反対に彼女は毎月のようにお金を無心し、父は自分の意志で送金している。

家庭不和の大きな要因なのは疑いないので腹立たしく、止めたこともあったが怒らせるだけだった。

けれど今は認知症で預金残高の把握ができないし、医療費を払うのすらギリギリでも、お金が足りない理由が理解できない。
彼女も

もっとみる
納得するという感情は満足感であり解放感だよ
1

「社協」って何?「社会福祉協議会」とはどんな団体か、就職してから調べてみました

こんにちは、加藤大貴です。
4月1日から「品川区社会福祉協議会」に就職し「品川成年後見センター」で勤務しています。

実は転職報告をしたとき、ほとんどの人は「社会福祉協議会(社協)」に馴染みがなく、
「シャキョウってなに?」
「写経?お坊さん??」
「へえ、車掌?」
「いきなり社長?」
というような反応でした。コントかよ(笑)

嫁から「『社会福祉協議会』って結局なんなの?公務員のままなの?」と聞

もっとみる

後見人の報酬

3月24日の毎日新聞に、成年後見人の報酬が、財産基準でなく業務量基準となる旨の記事がある。成年後見人の報酬は裁判所が決めるが、業務に即した報酬ももちろんあるが、後見人が管理する財産の多寡で決まる要素が多いと言われている。だから、本人が施設などに入所していて、後見人としてはあまり手間のかからない案件であっても、本人の財産額が多いと報酬は多くなり、逆に自宅で暮らしていて手間がかかるのに、財産額が少ない

もっとみる

タイ王国・バンコク取材記 ~はたして、バンコクに成年後見需要はあるのか?

サワディーカップ。加藤大貴です。
転職前の有給消化中にバンコクに行ってきました。

なぜバンコクに行ったの?

先月、10年以上付き合いのある友人から、「今バンコクに来てるんだけど、いっぱい高齢の日本人がいるみたいだから加藤ちゃんも取材にこない?」とのお誘いがあり、ちょうど3月末に有給取得予定だったので急遽行ってみることにしました。

取材の目的は、「バンコクに長期滞在している日本人に、成年後見制

もっとみる

反響御礼・ご質問への回答 ~転職にあたっての嫁への説得方法等

バンコクの成年後見需要を探る取材旅行から帰国しました!

当地ではネット環境が整っており、スマホを十二分に活用できたので助かりました。(私は超方向オンチなので、Google Maps先生と繋がっていない場所では生きていけません)

先日退職エントリーを書いたのですが、LINEにも「記事読んだよ~」とか「なんで成年後見に興味持ったか教えて!」というメッセージを沢山頂きました。

そしてなんと今朝、「

もっとみる

1月30日不動産・相続セミナー

『相続』について
家族でだれか1人が今回の内容を知っておくと、不要なトラブルや争いも回避でき、選択肢を広げる事が出来ます。
普段生活していると得られない知識を
オウケイウェイヴ&OKGAIAの認定専門家で
第一線で活躍されている
弁護士、司法書士、行政書士をお招きして
専門家の視点から、相続に関する不動産、家族信託や、民法改正等を話していただきます。

日時:2019/1/30(水)19:00~2

もっとみる

筑豊ブロック地域精神医療研究会(PNC)で講演を行いました。

こんにちは、筑豊の弁護士、藤岡です。

平成30年11月16日、筑豊ブロック地域精神医療研究会(通称PNC)にお招きいただき、講演をさせていただきました。

テーマは「精神障がい者の金銭管理をめぐる諸問題」です。

私は金銭管理について法的観点からお話をさせていただきました。

「自分の財産は自分で管理する」のが原則!

法律上は「自分の財産は自分で管理する」ことが原理原則となります(専門用語で「

もっとみる
このワンクリックが励みになります。

後見と信託
どちらも制度的には非常に似ていると思いますが、どうも後見の方は本人も家族なども不幸にしていることが多いような気がします。
本人のためになることをするという意味では非常に近しいのですが、結果的に起こることはだいぶ違う、、、、
セミナーやろうかな