西桜会WEB講演会❗️
+2

西桜会WEB講演会❗️

スキ
1
人生は一度

人生は一度

こんにちは!士載です! 今日は、「人生は一度」と 題して書きたいと思います。 私は、難病と気質の制約がありますので、 「好きなコトをして生きる」と いう感じにしか生きられないなぁと、 最近、思っています。 タダ、 「好きなコトを 好きなようにしては生きられない」とは 思っています。 「好きなコトを 他人様のニーズに合うように変換して 生きる」という感じでしか できないと思っています。 私には、 「好きでもないコトを あたかも、『好きなコト』であるかの ように、演じ切

スキ
5
続・適応障害って普通に治るの?

続・適応障害って普通に治るの?

適応障害でなかなか治りにくいケースについて自分の経験もふまえてまとめました! ひとつめは人間関係がからんでるときですね。職場の雰囲気が悪いときやいじめとか仲間外れとかパワハラです。これらは深くダメージを受けるのでとても厄介です。 ふたつめは原因が複数あるときです。例えば転職と引っ越しが重なったとき、大変な業務と家庭の事情が重なったとき、人間関係と業務への適応があげられます。 みっつめは相談できる人がいないことです。相談できる人がいないから病気になりやすいという見方もでき

スキ
28
【ソーシャルワーカーの倫理綱領改定②】冒頭の「価値と原則」が「原理」に置き換え。「原理」は「価値」よりも絶対的で揺るがないものとの説明。
Ⅰ人間の尊厳、Ⅱ社会正義、Ⅲ貢献、Ⅳ誠実、Ⅴ専門的力量⇒
Ⅰ人間の尊厳、Ⅱ人権、社会正義、Ⅳ集団的責任、Ⅴ多様性の尊重、Ⅵ全人的存在と大変化。

【ソーシャルワーカーの倫理綱領改定②】冒頭の「価値と原則」が「原理」に置き換え。「原理」は「価値」よりも絶対的で揺るがないものとの説明。 Ⅰ人間の尊厳、Ⅱ社会正義、Ⅲ貢献、Ⅳ誠実、Ⅴ専門的力量⇒ Ⅰ人間の尊厳、Ⅱ人権、社会正義、Ⅳ集団的責任、Ⅴ多様性の尊重、Ⅵ全人的存在と大変化。

スキ
2
【ソーシャルワーカーの倫理綱領改定①】「2014SW専門職のグローバル定義」を受けて、日本社会福祉士会でも2020年6月に改訂を行っている。SWは専門職であるとともに学問である。sw専門職の中核となる任務は、社会の変革や開発および社会的結束の促進と人々のエンパワメントと開放。

【ソーシャルワーカーの倫理綱領改定①】「2014SW専門職のグローバル定義」を受けて、日本社会福祉士会でも2020年6月に改訂を行っている。SWは専門職であるとともに学問である。sw専門職の中核となる任務は、社会の変革や開発および社会的結束の促進と人々のエンパワメントと開放。

スキ
1
小学生ヤングケアラーの読みやすい記事
+1

小学生ヤングケアラーの読みやすい記事

今まで|情報発信《 じょうほうはっしん》を「|子供向け《 こどもむけ》」に行ったことが無いことにnoteカイゼンの「ルビ(ふりがな)」|機能《きのう》のお知らせで気づきました。 |昔《むかし》からヤングケアラーの|存在《そんざい》は|社会的《しゃかいてき》に|認識《にんしき》されてましたが、|情報検索《じょうほうけんさく》において|小学生《しょうがくせい》もスマホやタブレットで|検索《けんさく》する|時代《じだい》なので、|子供向け記事《こどもむけきじ》にはふりがながあると

スキ
1
異なる対応

異なる対応

最近気になった記事 サッカーJリーグの出来事。 J1の鹿島・J2の水戸 同じ茨城県がホームタウンの両者。 しかし… J1鹿島はスタジアムが県有施設なので無観客試合 J2水戸はスタジアムが市有施設なので有観客試合 緊急事態宣言が出た茨城県ですが、 対応の違いが生まれました。 コロナ発生後はスポーツイベントや学校行事などでも 一人ひとりの間隔を開けて対応しているところが多いように感じます。 個人的にも間隔を開けることや消毒、マスク着用等をすれば問題ないのでは

Zoomでの『オープンダイアローグ」に参加しました。
+2

Zoomでの『オープンダイアローグ」に参加しました。

前回のブログでは、オープンダイアローグの概要について確認しました。 実践をしてみたいと考えていた私は、SNSなどをチェックするようになりました。 オープンダイアローグはどこでできるのか? 果たしてどこでオープンダイアローグができるのでしょうか? こくち〜ずのイベントを見ると、オンライン・オフラインで開催されています。 また、Facebookでも公開グループがあったので、参加してみる事にしました。 ただ、なかなかタイミングが合わなかったのと、全く知らない人と果たして

スキ
2
第1回口頭弁論期日報告会 2021.9.6 16:30-③質疑応答(原告・弁護団)
+1

第1回口頭弁論期日報告会 2021.9.6 16:30-③質疑応答(原告・弁護団)

会場:北海道教職員センター4階大会議室 原告:佐々木カヲル(社会福祉士) 弁護団(弁護士):加藤丈晴、須田布美子、犬塚賢護、髙橋友佑、 配付資料 動画 前半部分はこちら ↓ 司会 みなさま、本日はお忙しい中、私どもの報告集会にお越しいただきましてありがとうございます。それではこれから本日第1回口頭弁論を行いました元道職員SOGIハラ訴訟について、報告集会を行います。報告集会はまず、弁護団から期日報告をし、次に原告である佐々木カヲルさんから第1回期日を迎えた感想などをお

スキ
1
有料
2,000
保佐人の姿勢とは

保佐人の姿勢とは

コロナ禍で公的な福祉機関はお休みになったりと、障害者や高齢者にとっては本当に長い忍耐を強いられている今日この頃。 Aさん(41歳)も、1人自宅で過ごすことを強いられることが度々。私が保佐人に就任して2年目ですが、悩ましかったのは金銭管理。深刻な状況でないが故に悩んだケース。 本人の収入は障害年金2級+別居家族の支援1万円。出費は食費・医療費・趣味などで1ヶ月の残額はわずかに黒字程度。ですが、時に自宅修繕や無駄に広い敷地の草刈り代で、バカにならない金額が飛んでいく・・。結局