まなかい;立冬 第58候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)』

光と水。

太陽光が空に浮かぶ水の粒を透過するとき。水滴が光の秘密を見せてくれる。

太陽と地球が世界を見るためくれたとしか思えない瞳。

一人一人異なると言われる瞳の虹彩。

目は、無量光のうち、だいたい七色の光の組み合わせが見えるようになっているらしい。

眼球という天体がふたつ。

頭蓋骨の窪みに嵌って、油のような物の中に浮いている。

虹蔵不見

冬、空気が乾いて、空に水が減って虹が見えな

もっとみる
ありがと〜
1

小雪(二十四節気)・虹蔵不見(七十二候)と百寿大吉

11月22日頃は二十四節気では小雪です。暦便覧には『冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也』、七十二候では「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」、虹を見かけなくなる頃という意味です。小雪(しょうせつ)とは雪が少ない、まだ本格的な降雪に至らないことを意味します。
いよいよ季節も冬に移る時期、柑橘類の収穫も始まります。文人華にも柑橘類の実を飾る雅題も多くあります。写真は、春蘭と百合や百合根に仏手柑をあし

もっとみる

チキンコンフィ レモンバターソース「小雪」のおうち養生レシピ#2

内側から乾燥を防ぐ冬のハーブ料理

鶏肉は幅広い年齢の人に食べやすく、どんな体質の人にもおすすめの食材です。また、レモンとバターは潤いを補う食材で、乾燥しやすい冬の季節に取り入れて欲しい食材。それらを組み合わせたレシピをご紹介します。

ジュ二パーベリーは、聞き慣れないかもしれませんが、お酒のジンに使われるハーブとして有名です。生薬名では杜松実(トショウジツ)と呼ばれ、消化を助ける効果があります。

もっとみる
ありがとうございます!
8

さつまいもとレモングラスの炊き込みご飯「小雪」のおうち養生レシピ#1

冬の感染症対策に!ハーブの炊き込みご飯

レモングラスは抗菌作用が強いハーブです。生薬名は香茅(コウボウ)と呼ばれ、体を温め、鎮痛・抗炎症作用があり、風邪・伝染病の予防に効果があると言われています。

さつまいもは「脾」と「腎」にアプローチし、気を補い、体の潤いを作ってくれる食材。乾燥しやすい冬におすすめの食材です。

鶏の出汁も加えることでより気を高めることができ、アジアンな風味に。

材料<4

もっとみる
ありがとうございます!
10

寒暖差に負けない「小雪」の過ごし方

小雪について

「小雪」は冬の最初の節気で、太陽黄経が240度に位置する時。今年は11月22日に当たります。「小雪」の期間は11月22日から、次の節気「大雪」(12月6日頃)までの約15日間を指します。

※二十四節気とは?
二十四節気は太陽の動きをもとにしており、太陽の黄道上(360度)の動きを15度ずつ、24等分して分けた季節の事です。毎年同じ時期に、同じ節気が巡ってきます。節気の感覚が一定で

もっとみる
ありがとうございます!
9

新嘗祭

「豊葦原瑞穂国」読めるって人、手をあげて。おそらく、多くの人は読めないと思います。解答は、記事のどこかに記載してありますので、どうぞ最後まで読んでくださいな(笑)。

神が降臨して早々、申し訳ないのですが、今の時期を和風月名で表せば神無月でして、神は不在の折につき(笑)。 神につきましては以下を。

神無月じゃなくて、霜月じゃないか、とツッコミを入れたい方、少々お待ちを。

暦には、大きく3つあり

もっとみる
ありがとうございます😊とても励みになります
42

虹蔵れて見えず - 冬・小雪のこよみ -

虹蔵不見  | にじ かくれて みえず

- 冬の七十二候 -

__________________


11月22日〜26日頃
空気が乾燥して、虹を見かけなくなる時季のこと。

蔵の字は、潜む・かくれるという意味もこめられています。

湿気のある日はそうないはずですが…
最近は少し汗ばむほどの日があったり
雨がぱらついたりと
むしっとする時も増えた気がします。

体調は揺らがずい

もっとみる
わたしもスキです♡

小雪 - 冬のこよみ -

小雪  | しょうせつ

- 冬の二十四節気 -

__________________

暦の上では「小雪」となりました。

11月22日から12月6日頃まで。
寒さがすすみ、そろそろ山のほうでは小雪が降りはじめる時季のことをいいます。

季節はすっかり冬…と言いたいところですが
そうとは思えないほどあたたかい(むしろ暑い)日が続きましたね。

この時期は
それまで

もっとみる
ありがとうございます♡
1

小雪❄️

二十四節気は小雪を、七十二候は虹蔵不見を迎えましたね😃寒さが増してきてますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
連坊では、ヘルシー野菜と湯豆腐も食べられます🍲あったまりますよ〜👍

小雪をむかえる

今日(11月22日)は二十四節気の「小雪」。
紅葉した葉が落葉になり、
山には初雪が舞い始める頃という。
二十四節気もこの後、大雪、冬至で今年を終える。

手帳を見れば、昨年は寒さが全国的に
厳しかったようで、曇りながら最高気温は13℃。
翌日には20℃に戻すというような乱高下の日が
続いていた。

今年は、数日前の夏日の気温から下がったりと
気温の乱高下はあるものの、今日は日差しもあり、
暑くも

もっとみる
スキをありがとうございます。
3