Keiyatlong

Keiyatlong

    最近の記事

    スー・トンプキンズ先生の『西洋占星術ハンドブック』が届きました😆の記事の訂正

    スー・トンプキンズ先生の『西洋占星術ハンドブック』が届きました😆の記事で、何ハウスのルーラーが何ハウスのときみたいな、ハウスコネクションの載っている洋書で、"The Only Way to Learn about Astrology"のVolume 2としましたが、正しくはハウスコネクションが載っているのはVolume 3でした。お詫びして訂正いたします。なおこのシリーズは秀逸だと思います。ネイタルチャートを読むには始めの3巻だけでも読むと良いと思います。 ちなみに第4巻は

      • スー・トンプキンズ先生の『西洋占星術ハンドブック』が届きました😆

        届く前から、スー・トンプキンズ先生の『西洋占星術ハンドブック』の紹介文を書きたくてウズウズしていました。ついにアマゾンに頼んでおいたスー・トンプキンズ先生の『西洋占星術ハンドブック』が届きました。実際には昨日配達たれていたみたいだけど。 天体、サイン、ハウス、アスペクトなど占星術の是非とも押さえておきたいことが詳細に書いてあります。アスペクトは天体の組み合わせが書いてありますが、それが何度のときにとかは詳細には書いてありません。アスペクトの種類の解説は秀逸だと思います。また

        • フランスのアマゾンで、試しに本と送料でいくらになるかやってみたら(確定直前でカートを削除)、なんと、アマゾンプライムのお試しになっていた。😓 解除して課金されないようにしたけど焦った。😅

          • 先程、明日の月と天王星のコンジャンクションの星読み記事で、「ショックを受ける人もいそう」みたいなことを書きましたが、その後、及川幸久氏の動画を見たら、某製薬大手の凄い話をやっていました。私からすると想定内の話ですが、ショックを受ける人もいるでしょうね。💦

            2023年1⽉29⽇⽉・天王星合(天王星蝕を伴う)

            2023年1⽉29⽇の⽉・天王星合の東京のホロスコープです。新月を除き、月と他の惑星のコンジャンクション(合)のホロスコープを見ることはあまりしないのですが(月は早く動く天体で、非常に多くなり煩雑なため)、今回は天王星蝕を伴うという事で、見てみようと思いました。単なる新月より日蝕の方が影響が大きいと考えられているように、おそらく単なる⽉・天王星合より、天王星蝕を伴うほうが影響が大きいものと思われます。なお、月と天王星がきっかり同一赤緯になる時刻と、きっかりコンジャンクションに

            昨日、成城石井に行ったらキクスイドー(菊水堂)のポテトチップがあった。😆 ポテチとしてはかなり高いけど、軽い食感と化学調味料などが入っていないのが魅力です。また、工場からすぐ出荷する揚げたてなのもいいですね。😊💖

            今日は金星が魚座入りする日です。金星の魚座入りは午前11時33分(日本時間換算)です。日本(東京)ではコッホでは10室、プラシーダスでは11室でのイングレスです。アセンダントは牡牛座で、金星はそのルーラーもあります。

            2023年2⽉4⽇⽴春(旧正⽉節)

            今回は、今年2023年(令和5年)の立春のホロスコープをご紹介したいと思います。多分、西洋占星術において立春(太陽が水瓶座15度)のチャートを作るのは一般的ではないと思います。しかしながら日本を含む東アジアでは、ひとつの正月的な節目として重視されていることや、太陽が春分点まで45度(セミスクエア)であることから、節目として見てもよいのではないかと思い、作ってみました。 なお、旧正月・春節というのは、立春に一番近い(前後ともあり得る)新月の日だそうです。なお、西洋占星術では春

            マドモアゼル・愛先生太陽回帰図(2023年)

            今日1月25日はマドモアゼル・愛先生のお誕生日につきソーラーリターンの図をご紹介したいと思います。ソーラーリターン(太陽回帰)図です。ネイタルチャート(出生時のホロスコープ)ではありませんので、ご注意下さい。 アセンダントは獅子座ですね。ネイタルチャートの10室にあたるところです。ますますご立派な感じがします。 獅子座のルーラーの太陽は、ネイタルチャートの6室、ソーラーリターンチャートの6室水瓶座にあります。ソーラーリターンの6室は他に山羊座に冥王星があります。今年も本を

            祝 令和五年初場所幕内最高優勝!!  貴景勝光信関ネイタルチャート

            令和5年(2023年)初場所において、優勝されました貴景勝光信関のネイタルチャートです。ウィキペディアの情報に基づき作成しました。生まれた時刻は分かりませんでした。外側の緑の記号は千秋楽の日のトランシットの星の位置です。 生まれる前の日蝕は牡羊座の28度台(数え29度)でサビアンシンボルは「天球の合唱隊が歌っている」です。言葉では表現し得ない場の雰囲気を察知するなどの意味があるそうです。相撲感などとして、土俵の上でも大いに役立つ資質でしょうね。 太陽は獅子座。第2デークと

            2023年1月29日上弦

            2023年1月29日上弦の東京のホロスコープです。この日は旧暦では1月8日です。DCのすぐ手前(合)の牡牛座8度台(数え)9度での上弦で、サビアンシンボルは「飾られたクリスマスツリー」です。変な平等主義みたいなのではなく、まず自分の必要なものを確保するという意味がある度数のようです。いろいろな方が食糧などを備蓄しているそうですが、そういうのもこの度数的な感じがしますね。月はDCとともにドラゴンヘッドとも合です。月・DC・ドラゴンヘッドの度数全てのサビアンシンボルが「飾られたク

            恭喜發財!!今日は旧正月

            今日(2023年1月22日)は旧正月です。 恭喜發財!!皆様あけましておめでとうございます。 旧正月に限らず、旧暦の朔日は新月の日で、旧正月は立春に一番近い新月の日ということだそうです。今年は立春より前に旧正月になりましたが、立春より後にあることもあります。年が明ける前に立春が来た時の心境を詠んだのが、『古今和歌集』に出ている、在原元方の歌 今日の場合は、午前5時53分に新月を迎えました。1室水瓶座1度台(数え2度)での新月で、サビアンシンボルは「予期されなかった雷雨」で

            徳川家康公ネイタルチャート

            徳川家康公のネイタルチャートです。誕生日や出生地はウィキペディアの情報に基づきました。時刻は、複数のネット記事に寅の刻となっているため、午前4時で作成してみました(寅の刻は午前3時から5時です)。 生まれる前の日蝕は獅子座の27度台(数え28度)でサビアンシンボルは「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」です。生活の細々としたことに熱中するほうがリラックスできるなどの意味があるそうです。また、このシンボルのような国作りを目指したのかもしれません。 アセンダントは射手座または

            明日(2023年1月22日)は、旧正月で新月の日です。なお、立春に一番近い新月の日を旧暦の1月1日とするそうです。1室水瓶座1度台(数え2度)での新月で、サビアンシンボルは「予期されなかった雷雨」です。新月の星読みは https://note.com/astrology_k/n/ned55643f6c85

            今日は、蒙古タンメン中本さんに行って、北極ラーメンを食べてきました。店で食べたのは、2回目ですが、あれは本当に美味しいですね。😋 ただ辛いだけではなくて、ちゃんと美味しい。🥰 辛さと旨さがなんとも絶妙。午前11時頃に店に着いたのですが、長蛇の列ではないものの少し待ちました。

            昨日は地元の一の宮にお参りしてきました。三が日は避けたら昨日になってしまいました。まだ、お正月という感じで参拝者も多く、昇殿してご祈祷を受ける方も多いようでした。