連載⑪ 対応力 40代2度目の長期入院

2008年6月19日から2009年10月6日まで、都合4回入退院を繰り返しました。日記帳は継続中で11年が経過して2冊目に入っていましたが、入院中は空白のページがあちらこちらにあり、何の治療を受けているかさえ自分でもまったく把握できませんでした。

最初の入院は一か月強で7月29日に退院しましたが、仕事に復帰しても手順が頭に入らない状況に陥りまた躁状態に。

8月9日から11月11日まで再入院して

もっとみる
ありがとうございます
1

わかった気になるな、できごとよりも人を見ろ

その目の前の相手が発している言葉だけを抜き取るのではなく、相手全体=「人」を見るようにしましょう。意識していると気づきが得られることがあるかもしれません。

嬉しいです!また読んでくださいね!
1

連載⑩ 対応力 30代最初の長期入院 その4

そして、2008年3月20日から25日の6日間、大阪桜ノ宮での上級コースを受講。フランスから大家を招いての本格的なもので、郵便局の有給休暇を取っての参加でした。その際に、同時に受講していた方との縁でアロマオイルとオーラソーマに遭遇。

今にしてみれば、この二つが私の人生を大きく狂わせることになりますが、当時の私はそんなことは知る由もなかったですね。

どちらも医薬品ではないものの、体に与える影響は

もっとみる
ありがとうございます
1

あえて矛盾のある職場に身を置く

[要旨]

厳しい職場環境の中では、上司から矛盾した要求を受けることがあるが、それは、矛盾を受け止めて乗り越えることができるようになるための鍛錬の機会でもあるので、起業家を目指す方は、あえて、矛盾したことを要求される環境に身をおくことも、成長の機会になると考えられます。

[本文]

かつて、Yahoo!BBに勤務していた、須田仁之さんの東洋経済オンラインへの寄稿を読みました。要旨は、Yahoo!

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
4

合気道のススメ(観察力、対応力編)

noteでこれまで何度か合気道をやることの効能を書いているが、いろんな分野の専門家の話を聞くたびにその有効性を再確認する。

たとえば、”観察眼”。

そして、”対応力”。

合気道に型はない。相手の動きに応じて臨機応変に対応するのが武道の本来の姿という考えがもとになっているから。要は自分の身が守れれば良いのだ。

稽古では課題の技を習ったあとに道場生同士で反復練習をするのだが、型や流れを実践する

もっとみる
最後まで読んでくださり感謝です!
1

連載⑨ 対応力 30代最初の長期入院 その3

仕事の内容は、駅前近くの事業所を10数か所回って差し出された荷物を軽ワゴンで集めてきて、伝票処理したのち発送部署に送る役目でした。

15時から20時の勤務で当時朝の弱かった私としては追い風になりました。職場での人間関係も順調に丸3年勤務できました。

しかし、この職だけで定年までというイメージが湧かなかったので、何か手に職をと思いつきどうせなら他人のやりそうにないことをと考え、マルセイユタロット

もっとみる
ありがとうございます

人生で1度は読んでおきたい本、『大人の対応力』

時代が、昔と違ってどんどん変わっていく中で、日本人はストレスに弱くなり、人との関わり方や接し方、考え方など、様々な事に対して変化させなければいけません。

そんな中、僕がオススメする本は、

『大人の対応力』

と言う本を紹介致します。

この本では、人間関係に悩む人に向けた、職場や友人と関わる時の40の対応や、考え方が書かれています。

まず、どんな人が書いているの?

斎藤孝(さいとうたかし)

もっとみる
僕もスキだぞ!!
22

「伝える力」をテーマに、高田氏と佐渡島氏が対談している。
本物であること、これはつまり、価値に通じること。ただ、本物であったとしてもその良さを伝えることが困難。ではどうしたかというと、「つもり」になってはいけない。やはり本物を伝えるためには努力が必要、とのこと。

入院生活の励みになります!

日々止まっていることがない

当たり前だけど、そんな意識もないまま振り返りもせず、あっという間という言葉を使いながら、目の前の新しい季節が教え伝えに来るようだ。それはあっという間ではなく着実に精密な運行だ。

大きな台風🌬10号九州を中心に、、。
台風の多い季節になりました。

本日から二十四節気の白露の季節になる。なので夜は瞑想会です。
先程処暑を振り返ってみた。
この癖を付けたいと思っているが、もう秋めいて来た季節になっ

もっとみる

連載⑧ 対応力 30代最初の長期入院 その2

せっかく始めたこの仕事ですが、通勤に車で片道45分かかっていました。この仕事は長く続けられないと思うようになり、仕事をしながら同時進行で行政書士の資格に挑戦したり、医療事務の資格にも手を出しましたが、世の中はそんなに甘くなく、生兵法は大怪我の基の言葉通りどちらも形にならず、そのまま勤務がずるずると続きました。

結局2004年3月まで約5年間在籍はしましたが、勤務状態はさんさんたるもので、薬が睡眠

もっとみる
ありがとうございます
4