人気の記事一覧

(詩) やがて失われるこの世界のために

初のチームビルディングゲーム開催

5月末まで早割!【CQ(異文化適応力)養成講座 基礎コース】2024年7月11日開講・東京

INDIGITALのコラムにCQ基礎(入門)講座ご参加者の記事が掲載されました

「One News」でCQラボが紹介されました!

不確実性の回避・受容の例 遅延証明書を発行する日本<6次元モデル⑪>

グローバル企業でのCQの活用

事業の未来は「カルチャーフィット」次第。人材にこだわる企業へ「複業採用」を勧める理由

【CQ LAB Channel】「CQ(異文化適応力)養成講座 基礎コース解説」を公開しました

ホフステード6次元モデルの国別スコア比較ツールが日本語対応になりました

3/18 #3goodthings

【ゼレンスキー大統領⑤】更には、ゼレンスキー大統領の側近の度重なるスキャンダルも支持率低下に拍車をかける。たとえば、政治経験のないゼレンスキー大統領の友人30人が、政府高官に任命されていたという事実の暴露があった。20年3月ゼレンスキー大統領は更に支持率を下げる法案を成立させる。

【ゼレンスキー大統領④】欧米の多国籍企業や国際金融資本の代理人と化したゼレンスキー政府。同政府は、彼らの利益のために、ウクライナ国民が反対・抗議した新自由主義的な政策・法律(国有地の売却や労働規制緩和等々)を推し進めた。その結果、同政権は着実に支持を失っていく。更には・・・。

ホフステード6次元モデル「達成志向(男性性)・生活の質志向(女性性)」とは<6次元モデル⑤>

CQの勉強会を開催しました

ホフステード6次元モデル「人生の楽しみ方」とは<6次元モデル⑦>

【ゼレンスキー大統領③】現実はドラマとは違う。大統領側近の自称専門家たちは国家の統治方法を知らなかった。また当選後、所属議員たちは「議会とは何か」を理解する研修を受けざるを得ないほど、政治については素人だった。ウクライナは、強欲な欧米の多国籍企業や金融資本家の垂涎の的となった。

2023年、プロダクトチーム目線からSalesMarkerの振り返り

4か月前

権力格差の例 サウジアラビアでの記者会見<6次元モデル⑧>

集団主義・個人主義の例 日本の非公式ミーティング<6次元モデル⑨>