目的別 システム構築のポイント⑤

今回は、「地域包括ケアシステム・地域連携の強化」を目的としたシステム構築のポイントです。

■入退院支援業務における地域連携強化のポイント

そもそも「地域包括ケアシステム」とはなんでしょう?

高齢者が住み慣れた地域で、自分らしい生活を最期まで過ごせるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援をシームレスに提供するシステムのことです。
国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、地域包

もっとみる
私もスキです。
1

愛してた

愛している 愛していた
ふりかえるけど ふりかえれない
セックスがしたい
できない

でも 頭の中ではできる
女は嫌いでも
女のエロスにはひかれていく
ふれたいとも 思う

でも
正しい常識ばかり言う やつらは ごめんだ
笑顔しろ 楽しい男でないとだけ
楽しめ

お前とは価値観が違う
股開かないだけだ
女が母親のように ふりして

可愛いと認識
男を管理したいだけだ
自分の母性に包み込んで
そして

もっとみる
ありがとう
3

IT導入で効率化し、利用者さんとの本質的な関わりを大事にしたい

こんにちは!横浜AC(エリアコミュニケーター)の松澤です。
「これからの介護を考える」シリーズの第六弾です。

今回は、なごやかケアリンク株式会社 
取締役 大浜 見栄子さんにお話を伺いました。

大浜さんと初めてお会いしたのは横浜市の事業所でした。本部所属ではあるものの利用者さんやスタッフの皆さんととても親しくコミュニケーションを取られており驚きました。

介護事業所でのタブレット利用やITツー

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!
5

リハ、ケアマネ、自治体の方向性を一致させるには?

現在、生活期(通所リハビリ、訪問リハビリ)にリハ職として関わらせていただいている中で、次回の介護報酬改定の軸となっている、

「自立支援・重度化防止」

に関して、2021年はより意識して取り組んでいきたいと考えています。

タイトルにもあるように、自立支援・重度化防止を達成するためには、

①リハ職、②ケアマネ、③自治体
がそれぞれの専門性を最大限に活かし、協働していく必要があると思います。

もっとみる
ありがとうございます!
12

【10minutes チャレンジ 100日連続更新達成!】地域包括ケア(病棟)というシステムから、セラピストに求められるものを考えてみた

皆さん、おはこんばんちわ。

兵庫県で常勤PTとして働きつつ、
整体院と講師業を週末起業したり、
もっと家事や育児ができて
人生幸せになる男性を
増やすべく
情報発信をしている、
2児のパパこと
中井 宏俊(なかい ひろとし)です。

無事に100日連続更新を達成!

読んでくださっている皆さん、

♥いいね、をくださった皆さん、

ありがとうございます。

そんな今日の記事も

昨日のTwitt

もっとみる
スキ、サンキューです!!今後も読んでくださるとうれしいです!
3

藤井の2020年を振り返る

皆さま、すっかり遅くなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

見出し画像の写真は、まちだ丘の上病院の屋上からの初日の出です。

いつもながら、何をやっているかよくわからないと言われてしまいますので、
昨年一年間の簡単な近況報告をさせていただければ。

コンパクトに言うと

3月頃からは、COVID-19の感染拡大に伴い、物理的には東京都内や町田を拠点に活動し、オンラインでのコンサル

もっとみる
スキありがとうございます!
12

60%

新規で在宅ケアマネジメントのオーダーが入った際に良くある話。

遠方のご家族、または定期介入していないご家族などのケース。

「久々に行ってみたら大変なことになっていた」

もちろん「大変」=「大きく変わった」ように感じるのでしょう。

多いのは

「家の中が汚い」

「冷蔵庫の整理が出来ていない」

「鍋の焦がしがあった」

「受診が出来ていない」

「薬の飲み忘れがある」など。

だからこそ

もっとみる

子ども食堂からフードバンクに至る経緯

児童養護施設で出会ったたくさんの子ども達

私は出産後、児童養護施設に配属となり初めて児童虐待の現実を目の当たりにすることになりました。性的虐待、身体虐待、ネグレクト様々な事情で子どもたちは施設にやってきます。
様々な家庭を見つめる中で共通することがありました。それは、どのような家庭であっても、子どもは親のことが大好きだと言う事です。
施設を退所になり、親に手を引っ張られながら嬉しそうに手を振って

もっとみる
うれし~♪
5

措置

社会人として初めて勤務した大規模社会福祉法人

新卒ながらに担当した部署は

特別養護老人ホーム50床(本館)

特別養護老人ホーム30床(新館)認知症専門棟

養護老人ホーム50床

ケアハウス30床

合計、160名の方への支援を行う部署でした。

以前の記事でもお話ししましたが

3人1組のスリーマンセルで1年間勤務表が決まっている形で

準公務員扱いの給与体系でした。

当時、男性職員も数

もっとみる

2021年の抱負

明けましておめでとうございます!
皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年はコロナウイルスの影響もあり、我々リハビリ業界においても様々な変化の必要性を実感した一年となりました。

私は、和歌山市の整形外科クリニック(無床)に勤めているので、コロナ第一波の緊急事態宣言などの時期に受診数、医療保険での通院リハビリ、さらに介護保険下の通所リハや通所介護などにおいても利用者の低下が顕著となったこ

もっとみる
ありがとうございます!
20