保険福祉課に行った話

『役所って、手続きとか、必要な時だけに行くとこやろ?』
って思ってる人が多いと思う。
特に単身の若者のバリバリ働く方とか。
☞主婦さんとかは、妊娠の際に地域の関わりをつくりましょうとか、
地域の人が家に訪ねてくる事もあるよね、今回はその話とちゃうねんけどね。

今の時代は困った事調べたら、(こうしたらいいで~)みたいな情報も多いし
わざわざ時間かけて役所に行くのもめんどくさい。
なんか、気になるこ

もっとみる
鳥になって羽ばたいてちゃう
9

「地域自治」と「医療や介護」のあり方について思うこと。

「自治体が医療(病院など)を持っていることには意味がある。」

以前、ある勉強会で地域包括ケアの先進的な方(医師)が言っていた。

当時は、あまり意味が分からなかった。

自治体の医療(病院など)には、外から見ても問題点がある。

例えば、
・慢性的な赤字経営
・相場からかけ離れた人件費
・保守的で柔軟性が低い
・医療機関と住民の相互依存など

最近になって、冒頭の石の言葉が、少しだけ理解できるよ

もっとみる
これを励みに頑張ります!!
22

僕が社長になった理由-久徳壮一郎さん-

2019年夏、社長や起業家、独立して活動している人を対象に100人インタビューを実施。みなさんのカッコいい生きざまを紹介していきます。

愛媛県の宇和島で訪問看護を中心に事業を展開している久徳さん。インタビュー当日は、青年会議所の理事長をしていた関係で、子どもたちの相撲大会の引率で東京へ上京したタイミングで実施しました。仕事だけではなく、地域の活動にも積極的に参加し、町を元気にしようとしているのだ

もっとみる

ケアまち座談会はじめます。

ケアまちのこと

私たち、「ケアとまちづくり未来会議」(ケアまち会議*1)は、病院からまちへと飛び出して活動するケアの専門職とその方向性に賛同する多様な専門性を有するメンバーが一緒になって活動する団体です。「ケアとまちづくりの未来」を自分ごととして捉える実践家たちが地域や専門領域を越えて集まり学び合える場をつくることを目的に活動してきました。

「第一回ケアとまちづくり未来会議」を2019年に兵庫

もっとみる

With&Afterコロナの社会に、お寺ができること。武内和久さんご登壇の勉強会

こんにちは、僧侶の神崎修生です。

2020年5月14日(木)に、元厚労省室長、参与を勤め、現在、ONE・福岡株式会社 代表取締役を勤める武内和久さんをご講師に迎え、オンライン勉強会を開催しました。

テーマは、「after&withコロナの社会」です。寺院関係者の学びの場「bラーニング」の主催で、運営の小林信翠さんのご縁により実現し、26名の寺院関係者の方々にご参加いただきました。

内容は、「

もっとみる
お読みいただき、ありがとうございます。合掌
7

45歳への地図

5月9日、44回目の誕生日でした。
軽井沢に移動したまま、福井に戻ることができなくなり、
行ったりきたりの予定が行ったっきりになっちゃって
福井で会えるはずの人たちやキッズたちに会えない寂しい気持ちの中
だからこそやるべきことや守るべきことを必死にやってると
日が暮れる、そんな毎日を過ごしています。

超高齢社会、地域包括ケア、という言葉を、表面上ではなく実践として取り組もうと本気で取り組んできた

もっとみる

介護保険で施術者の訪問??

【頼まれごとは、試されごと】

※まだ、未確定の話です。

ーーーーーーーーーーーーーー

「新型コロナウイルスの影響で外出を自粛している高齢者・障害者のフレイル予防として、施術者を活用した国の対応策が、連休明けにも「介護保険最新情報」にて通知がされる予定であることが分かった。」

https://news-shinkyujusei.net/sokuho2004_016/

ーーーーーーーーーーー

もっとみる

”地域”は「場」ではない。「姿勢」だ。

”流行り病”によって、世の中があたふたしている今だからこそ、医療職の卵(の端くれ)として、考えておきたい話題の一つ、”地域”についてのお話である。
__________________________________________________________________________________
※これ以降、「”地域”で医療を実践する」という考え方を前提に書くため、表記の都合、”地

もっとみる
ありがとうございます~( ^^) _旦~~
6

10.パブリックシアターの転回

都会で育ったので、自分のことはやわで、何ごとにも控えめだと思っているが、アートのもつ魔力みたいなものの虜となって、謙虚さが少し後退しているな、と反省することがある。近頃は、年少のスタッフがそういうところに、無神経なところがあると少し反応してしまうことがある。自戒を込めなければいけないと思うが、なかなかむずかしい。特に優生主義みたいなものについて、取り込まれてしまうことには気を付けなくてはならない。

もっとみる
スキありがとうございます!
9

7.文化政策とケアの考え方

今日も演劇とは少し離れてしまいます。

「子ども」「高齢者」「シングルマザー」を対象としたアート事業(主に参加型で、気軽に楽しめるもの)を、行政に求められることが増えてきた。
 日本の公共劇場の大部分が、指定管理者である財団が運営されていて、そのほとんどは市の外枠団体です。つまり部長以上は行政からの天下りで、方針などは、市の文化部、あるいは教育・スポーツ関連の部署が決定します。そのせいか時折「はぁ

もっとみる
スキありがとうございます!
6