終活アドバイザーつよし🍻/Be yourself.🌈代表

終活アドバイザー協会®認定資格者 「想い出」をベースとした ≪新しい『終活』としての【…

終活アドバイザーつよし🍻/Be yourself.🌈代表

終活アドバイザー協会®認定資格者 「想い出」をベースとした ≪新しい『終活』としての【創活】≫がコンセプト。 課題は『 認知症社会/2025年問題に対応した生きやすさ 』の追求。 【創活】は「自分の物語を生きる」「人生会議」に必要な『 自己投資 』『学び直し』です。

メンバーシップに加入する

新しい『終活』としての【創活】の始め方、進め方、クリエイティングノートを中心として、楽しい人生の企画をしていくための相談室です。まずは『わからないこと』の理解を出発点として、順を追ってプランニングの道順をご案内致します。

  • 01【創活】総論

    ¥2,750 / 月
  • 02-②【創活】各論プレミアムプラン≪ご家族様向け≫

    ¥3,850 / 月
  • 02-③【創活】各論プレミアムプラン≪団体様向けプラン≫

    ¥5,500 / 月
  • 04【創活】終身型フルコースプラン

    ¥5,500 / 月
    初月無料
  • 03【創活】勉強会プラン

    ¥50,000 / 月

マガジン

  • トランスミッションⅠ

    • 101,161本

    参加者650名、フォロワ数1500名、100,000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加、お待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン

    • 23,423本

    このマガジンは「楽しく、続ける」を趣旨として発信してます。まだnoteに慣れてない人は知り合いづくりと記事の共有を兼ねてぜひご参加してみてはいかがでしょう🌹 ※原則1日投稿記事は2本までとしました。ご了承ください。

  • トランスミッションⅡ

    • 6,733本

    トランスミッションⅠのミラーマガジンです。脆弱性が報告されたため設置しています。🌱参加者100名、フォロワ数150名、3000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加、お待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • 雑談bar

    生きた証としての 【雑談】を ビールとともに流し込んでいます。 お気に入りのお酒を連れて 読んで欲しいです。

  • 新しい『終活』として【創活】が必要なワケ

    なぜコイツは 『終活』を【創活】として再定義してまで 推してくるのか。 そのワケの種明かしです。

最近の記事

  • 固定された記事

【創活】=『生きかた創り』+『終活』

【創活】の基軸 僕がコンセプトとして掲げている 新しい『終活』としての【創活】は 終活アドバイザーとしての確固たる理念と位置付け 随時発信させていただいている内容です。 そしてその基軸は『想い出』です。 青臭く思われるかもしれませんが この点に関しては強く想いを込めて伝えています。 一方で 【創活】は新たに定義付けしたとはいえ 『終活』であることには変わりはなく 自身の人生を真剣に見詰めたときに 『終末期である人生の最期に重きを置く』か 『「生きる」とい

    • 『終活』を普及させることが社会貢献

      拝啓 私は「終活アドバイザー協会認定アドバイザー」として 主な発信・配信活動の場をSNSをメインに据え 「終活」の普及・促進に努めております。 終活アドバイザーとして 人々が人生の最終章を迎えるまでに 心穏やかに 且つ 心を燃やして過ごすことを サポートする事業を展開しております。 今回、皆様の地域での「終活」支援のための 全面的なお手伝いを提案させていただきたく ご連絡させていただきました。 「終活」とは 「人生の終わりに向けた活動」というイメージが強く 「不吉なも

      • マガジンという名の【サイトマップ】

        僕の用意しているマガジンは ブックマークのように 基本的には内容ごとに 分類しているはずなので このまま サイトマップにも なり得るのかと。 記事にするほどでもありませんが 以下ご紹介させてください。 ⇩『終活』に必要なマインドなど⇩ ⇩『終活』が必要なワケ⇩※【雑談bar】のなかでも 特に大切にしている内容も 入れています。 ⇩人生に必要な『おカネのおハナシ』⇩ ⇩『エンディングノート』について⇩ ⇩僕のココロの洗濯⇩ ⇩メンバーシップ⇩【️終活アドバイザー

        • 『終活』にも必要な「自己分析」について

          客観的な数値に現れるモノの 自己評価は 実力相当なもの になるのにもかかわらず 具体性のないモノ 抽象的なモノに関しての 自己評価は 恐ろしいぐらいまでに高くなる。 前者は数値化された成果や成績が 個人の能力や努力の直接的な反映であると 考えられるため。 一方で具体性のないモノ 抽象的なモノに関しての 自己評価は 『過大評価』されることがある。 これは 創造性や人間関係など 「明確な基準」が 存在しない領域では 自己の能力を過信しやすいから。 人は 「自分の感

        • 固定された記事

        【創活】=『生きかた創り』+『終活』

        マガジン

        • トランスミッションⅠ
          101,161本
        • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン
          23,423本
        • トランスミッションⅡ
          6,733本
        • 雑談bar
          54本
        • 新しい『終活』として【創活】が必要なワケ
          68本
        • 何度も読みたくなる記事
          12本

        メンバーシップ

        • 【️《料金表》】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • Twitter【️𝕏】にて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【️自己紹介のコーナー】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【️《料金表》】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • Twitter【️𝕏】にて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【️自己紹介のコーナー】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

          意外と多い人生の『ギャンブル化』

          歴史上には 「偶然」や「運」から生まれた 多くの重要な発見があります。 歴史を通じて 多くの重要な発見が 「偶然」や「運」によって もたらされました。 しかし いくらビギナーズラック的な発見とはいえ これらの事例に共通していることは 「些細な変化」を見逃さない『洞察力』と 予期せぬ現象に対する『好奇心』です。 これらの感性と気付きがあったからこそ 世界を変える発見が生まれたのです。 だからといって 「偶然」や「運」を 人生の主導権と考えてしまうことは 一度き

          意外と多い人生の『ギャンブル化』

          『自分らしく』に惑わされないこと

          「自分らしく生きなさい」という言葉を耳にします。 ビジネス書や啓発本を筆頭に 『終活』の分野でも 頻繁に出てくるフレーズです。 『自分らしく』という言葉は 個人の個性や特徴が よく表れている様子を指すことが多く それは人それぞれ異なります。 僕はひょっとしたら 『終活』を指導させていただく立場として あるまじきことなのかもしれませんが この「自分らしく」を基準に 『終活』を展開し 推し進めることがとても苦手です。 というかむしろ このコトバが嫌いで避けていま

          『自分らしく』に惑わされないこと

          『抗うこと』『受け入れること』

          生きることは 日々「選択をする」ということ。 その選択の基準はほとんどが 個人の価値観と考え方に委ねられ それが「生きかた」として具現化されます。 人生は 「抗うこと」    と 「受け入れること」     が ギリギリのラインで 戦っているといえます。 特に困難に直面したとき 選択を誤ることを恐れることは あたりまえの感情です。 ときにはこれまでの価値観を 真逆にひっくり返すような 決断をしなければならないこともあります。 逆にいうとそれは 考え方を変

          『抗うこと』『受け入れること』

          「続けること」に大切な時間を掛けるのであれば意識しておく必要があること

          『終活』のおハナシをさせていただくときに 頻繁に出させていただいているのですが 幼いころからほぼ全員が共通して 「継続」していることに 「歯磨き」 があります。 誰もが毎日継続している シンプルな「習慣」ですが 「習慣」とは 「無意識」に行動を取る状態です。 「継続」が「習慣」となることは ある意味成功ですが 「歯磨き」の例で言うと 単に毎日行うだけではなく 「正しい方法」で行うことが重要です。 これは 人生の他の側面にも 当てはまります。

          「続けること」に大切な時間を掛けるのであれば意識しておく必要があること

          『時間の感じかたを変える』生きかた

          仕事や旅行などで 「初めて」訪れる場所へ向かうとき 「行き」の時間よりも 「帰り」の時間が 短く感じることが多いと思います。 この現象は「帰り道効果」と呼ばれ 「予測」と「経験」の違いによって生じます。 帰り道が短く感じられるのは 往路に掛かる時間を短く見積もり その結果 復路に掛かる時間を過剰に見積もるため との研究結果もあります。 初めて経験することに関しては ココロと記憶がまっさらな状態であるため 「経験する」ことに対しての予備知識

          『時間の感じかたを変える』生きかた

          note 様10周年おめでとうございます。

          実際本格的にnoteの場で記事を書き始めたのは まだ1年も経っていません。 それまではたくさんの作者様の作品を ひたすら読ませていただくことに 活用させていただき 自身の発信のツールとしては まったく稼働していませんでした。 もともと「なにかを書く」ということを 継続的に取り組むことが苦手であり 20年近く前から 急速に展開された「ブログ」なども 各サービスに登録はするものの ほとんど書いたことはありません。 その後相次いでサービスを開始された 「mixi」や「GREE

          note 様10周年おめでとうございます。

          『成年後見制度』の課題・問題点

          この制度が始まったとき 少し不安があったことを思い出しました。 これから必要な制度であるとは思うのですが やはり・・・という感じです。 YouTubeの動画とその記事を ご覧ください。 生活している環境の中で 自分が出来ないことや 時間が取れないこと 言葉を濁さずに言うと 「面倒くさいこと」に関しては 「専門家」にお願いすることが多いと思います。 たとえば 特に高度に専門的で複雑な問題に関しては 士業含むいわゆる「専門家」へ 困りごと・不安ごとの解決と対策を 依頼する

          『成年後見制度』の課題・問題点

          「生きること」にココロを奪われてください。

          という教えがあります。 個人的にはこのように理解しています。 『死』のない「生」を前提とした人生設計は 『妄想』であり『幻想』である。 「生」のない『死』は 人生に『幻滅』と『虚無』を生む。 『現実』に『夢中』になることに 『終活』の意味がある。 妄想や幻想の対義語は 『現実』であり 人生に幻滅し虚無感に陥らないためには とにかく『夢中』になること。 つまり 【『現実』に『夢中』になること】 そのために 『終活』を利用しやすくしたものが 僕の武器です。

          「生きること」にココロを奪われてください。

          キミはオオタニサンを目指せるのか

          人生における 「攻め」と「守り」について 考えてみると あるひとつの課題に辿り着きます。 「攻め」 ①チャンスを追求すること。 新しいことに挑戦し成長の機会を探すこと。 ②目標を設定すること。 夢の実現や目標の達成に向かって努力すること。 ③リスクへの理解。 成功のためには リスクを取らなければならないことがあります。 苦渋の選択を覚悟する必要があります。 「守り」 ①リスクを管理すること。 無謀な行動は避け 安定の確保を忘れないこと。 ②健康と安全を

          キミはオオタニサンを目指せるのか

          かなり『強め』にお伝えしたいこと

          『終活』の意味を 間違えて認識してしまうと 「誰のために」「なんのために」 することなのか 迷子になってしまうことになる。 正解は 「自分のため」 「生きるため」 そして 過去⇒現在⇒未来の時間軸のなかで 丁寧に 「生きかた」を整える「老い支度」であり 間違っても 「死に支度」ではない。 「老い」は生きている証拠。 若くても ひとつずつ年齢を重ねる。 誕生日を迎える度に 「老い」を迎えている。 だから 「老い支度」は 「生きる」ことを前提に

          かなり『強め』にお伝えしたいこと

          『人生会議』は「編集会議」

          目に見えるもの 物質的なものにのみ 『幸せ』を追い求めることは 目標をより具体化して掲げるぶんには 有効で適切なもの で・す・が・・・ それらが「ない」という事実が 「不幸せ」 ということと 捉えてしまい 人生に対する「不満」を生み出し 「生きかた」に 焦りを感じるかもしれません。 しかし ココロのなか 精神的なものに 『幸せ』を委ねることは 到達すべきゴールが あまりにも 不明瞭になりすぎます。 『幸せ』の基準は 人それぞれであり 物心のどちらかに 偏るこ

          『人生』は【物語】であり「生きかた」とは ≪物語のジャンルを決める≫ こと。そして「生きる」とは『物語を紡ぐ』ことなのです。

          「ウチで一緒にご飯食べていかれませんか?」最近『終活』のご指導をさせていただいている方に 頻繁にいただけるお誘いです。 最初の頃はほとんど全部お断りしていたんです。 お金をいただいていている立場として 人生の少し突っ込んだお話もさせていただくなかで 食事までご一緒させていただくことは なにか違うなぁという思いが強く 「やってはいけないこと」という理解のもと 非常にありがたいお誘いなのですが なにかと理由をつけて避けて通ってきました。 でもあるとき思ったんです。 僕の『

          『人生』は【物語】であり「生きかた」とは ≪物語のジャンルを決める≫ こと。そして「生きる」とは『物語を紡ぐ』ことなのです。