相川浩之

2021年11月30日、41年余り勤めた日本経済新聞社を65歳で退職。在職中は新聞、雑誌、ラジオなど既存メディアとIT部門(NIKKEI NET、IT本部、電波・電子戦略室など)で働きました。今後は生活ジャーナリストとして、超高齢社会やデジタル社会の歩き方を考えていくつもりです。

相川浩之

2021年11月30日、41年余り勤めた日本経済新聞社を65歳で退職。在職中は新聞、雑誌、ラジオなど既存メディアとIT部門(NIKKEI NET、IT本部、電波・電子戦略室など)で働きました。今後は生活ジャーナリストとして、超高齢社会やデジタル社会の歩き方を考えていくつもりです。

    マガジン

    • 番組案内/翔べ!ほっとエイジ〜人生100年時代の歩き方トーク

      長寿化だけでなく、デジタル化、グローバル化が一段と進み、これまでのものの見方や価値観が大きく変わろうとしている「人生100年時代」。そんな時代の歩き方を考えるトーク番組です。進行はフリーアナウンサーの町亞聖&生活ジャーナリストの相川浩之。 ・コロナ禍が、社会のデジタル化を加速。2025年には団塊の世代が75歳以上となり、本格的な超高齢社会が到来します。地球温暖化や貧困、戦争など、グローバルに解決しなければならない問題にも直面し、立ちすくんでいる人が多いのではないでしょうか。 ・しかし、時代の変化をつかみ、上手に付き合うことができれば、互いに助け合いながら個々人が自己実現できる社会を手に入れることも可能です。 ・時代の波に乗ることができるのは、変化を恐れず何にでもチャレンジし、人と人のつながりを大切にする、“ほっと”な大人たち。『翔べ! ほっとエイジ』は、そんな大人たちのための情報番組です。

    • くらしとメディアリテラシー

      テレビ、ラジオ、新聞、書籍、雑誌、そしてインターネットから情報を得るだけでなく、自らも積極的に情報発信しながら、いろいろな人とつながり、さらに知見を深める。そんな時代になった。必要になるのがメディアと上手に付き合う方法だ。40年あまり新聞社で様々なメディアに携わってきた経験を踏まえ、あふれる情報に翻弄されず、メディアを上手に、主体的に使いこなす方法をお伝えする。

      • 番組案内/翔べ!ほっとエイジ〜人生100年時代の歩き方トーク

      • くらしとメディアリテラシー

    最近の記事

    翔べ!ほっとエイジ第13回・あなたも下流老人になるかもしれない!生活困窮者を支援している社会福祉士の藤田孝典さんが実際に目の当たりにした「下流老人化」の現実は

     「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」(朝日新聞出版)を2015年に、「続・下流老人 一億総疲弊社会の到来」(同)を翌16年に著した社会福祉士の藤田孝典さん。実際に彼が支援した生活困窮者のケースをまとめたものだけに、「だれもが下流老人になるリスクがある」ことを多くの読者は理解したはずだ。  「下流老人」の出版後、「下流老人にならないため」と称して、金融商品や住宅への投資のPRが盛んになった。しかし、藤田さんは、「それは結局自己責任で下流老人化を防ごうとするもので、抜本的な解決に

      • 翔べ!ほっとエイジ第12回・コロナ禍で社会保障の遅れによる貧困が顕在化、藤田孝典さんに「コロナ貧困」について聞く

         人生100年時代の歩き方は人それぞれ。しかし、社会制度の遅れ、社会の分断など、全ての人にとって障害になる要因もある。日本でも目立ってきた「貧困」は、西欧諸国に比べて社会保障が遅れていることが大きな要因だが、責任は生活困窮に陥る人にあるとする「自己責任論」が幅を利かせ、日本社会では貧困問題への取り組みが遅れいている。  生活困窮者支援をしながら、社会制度の問題を批判してきた社会福祉士の藤田孝典氏に、今回はコロナ禍で顕在化した貧困について聞いた。  我々はこの問題にどう取り組め

        • 翔べ!ほっとエイジ第11回・「大介護時代」を著して10年、樋口恵子さんに「介護は変わったか」を聞く

           2012年末に樋口恵子さんが著した「大介護時代を生きる」。一段の高齢化が進み、介護を支えてきた家族の形が変容してきたにもかかわらず、相変わらず「介護は嫁の仕事」を思っている人の多い日本。これに対し、誰かに介護を押し付けなくても介護できる体制が整っている北欧諸国。日本はいったいどうすればいいのか。そんな問いを発した著書だったが、10年経った今も、介護をめぐる環境が好転しているとは言えない。いま、あらためて「大介護時代」とは何なのか、日本は何を変えていかなければならないのかを樋

          • 翔べ!ほっとエイジ第10回・90歳になったばかりの評論家、樋口恵子さんに「ヨタへロ期」の過ごし方について聞く 

             2019年末に『老〜い、どん!」を著した評論家の樋口恵子さんは、「人生100年社会の初代として、『ヨタへロ期』を生きる今の70代以上は、気がついたことを指摘し、若い世代に、社会全体に問題提起していく責任がある」としているが、インタビューで、自らヨタヘロ期の毎日を明らかにしてくれた。樋口さんが語るヨタヘロ期の毎日は、驚くことばかり。ユーモアたっぷりの樋口さんの語りをゆっくり聞きながら、若い世代の方々は70歳以降の人生をイメージしてほしい。  今年4月には『どっこい生きてる90

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 番組案内/翔べ!ほっとエイジ〜人生100年時代の歩き方トーク
            相川浩之
          • くらしとメディアリテラシー
            相川浩之

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            翔べ!ほっとエイジ第9回・消費者トラブルに詳しい弁護士の平澤慎一さん(その3)若者の社会進出を促すと言う建前の成人年齢引き下げだが、むしろトラブルを誘発しそう。「安心・安全な環境を作ってこそ若者は力を発揮する」と平澤さん。

             成人年齢引き下げに伴い18歳、19歳の女性がAV(アダルトビデオ)に出演する契約を結ばされて、取り消しもできず、出演を強要されるような事例が危惧されると、国会議員が問題視している。わかりやすいケースだが、AV出演に限らず、人生経験の少ない若者が巧みな話術に引っかかり、意に沿わない契約を結ばされる事例は枚挙にいとまがない。  若者の社会参加を促したいということで成人年齢の引き下げが決まったが、若者が力を発揮するためには安全・安心な環境が用意されていることが重要。ところが、結果

            翔べ!ほっとエイジ第8回・消費者トラブルに詳しい弁護士の平澤慎一さん(その2)親の同意がなければ契約を取り消すことができる、未成年者の伝家の宝刀「未成年者取消権」。それがなくなる代わりの対策は進んでいない。

             成人年齢が18歳に引き下げられたことで、それまで18歳、19歳を消費者トラブルなどから守ってきた「未成年者取消権」が使えなくなり、18歳、19歳を守る新たな法規制が求められている。政府では2018年ごろから議論を繰り返してきたが、結局、有効な法規制が打ち出せないまま、アリバイづくりと言ってもおかしくないような消費者契約法の部分的な改正が今国会で議論されている。  18歳、19歳の契約被害が広がってきて初めて、ことの重大性に国会議員たちは気づくのだろうか。平澤弁護士は危惧する

            翔べ!ほっとエイジ第7回・消費者トラブルに詳しい弁護士の平澤慎一さん(その1)成人年齢引き下げでこれまで未成年者として守られてきた18歳と19歳が悪徳商法の標的に。

             2022年4月から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられた。飲酒や喫煙は現行どおり『20歳まで禁止』だが、18歳になると、さまざまな契約が、親の同意なしに結べるようになる。若者の社会参加を促したいと政府は期待しているが、消費者トラブルが増える心配もある。  そこで、ゲストに消費者トラブルに詳しい弁護士の平澤慎一さんを招きし、話を聞いた。  未成年者は、親の同意なしに契約を結んだ場合、原則として取り消すことができる「未成年者取消権」に守られているが、成人年齢が引き下げられ

            翔べ!ほっとエイジ第6回・窪田久美子さん(下)消費者トラブルに巻き込まれないための実践的な教育を紹介。好意のある先輩から紹介されるとNoと言えない女性。巧みなマルチ商法の勧誘をどうかわすか?

             20年間、学校向け消費者教育教材の企画制作を行うとともに、講師などとしても活躍している一般社団法人消費生活総合サポートセンター(Cサポ)の理事、窪田久美子さんに、実際にどんな教育を現場で行っているのかを聞いた。成年年齢引下げに必要な消費者教育には①今まさに成人する年齢の生徒たちに行う教育と、②小学校高学年から大人(18歳)になるまでに身に付けたい消費者教育ーーの2種類ある。  今回は「『金(かね)』と『美』の消費者トラブルに気をつけて!」という高校生向けの教材をご紹介する。

            翔べ!ほっとエイジ第5回・Cサポ理事の窪田久美子さん(上)賢い消費者になるためには子供の頃から消費を学ぶ必要がある。通販サイトの疑似体験ができる教材で、騙されない力をつける。

             20年間、学校向け消費者教育教材の企画制作を行うとともに、講師などとしても活躍している一般社団法人消費生活総合サポートセンター(Cサポ)の理事、窪田久美子さんに、実際にどんな教育を現場で行っているのかを聞いた。  成年年齢引下げに必要な消費者教育には①今まさに成人する年齢の生徒たちに行う教育と、②小学校高学年から大人(18歳)になるまでに身に付けたい消費者教育ーーの2種類ある。  今回はCサポで制作された『ネットショッピングどこを見る?』という中学生向けの教材を紹介しながら

            翔べ!ほっとエイジ第4回・西村隆男横浜国立大学名誉教授(下)消費者教育の第一人者が消費者教育について熱く語る。社会や地球のことも考える消費者市民を目指そう。

            消費者トラブル対策だけではなく、商品の価値をしっかり見極める目、その商品がどのような過程で作られてきたかという幅広い視点を持つ「消費者市民」になるための教育が必要だ。それは、選挙権年齢が下がったことに伴い、しっかりと自分の頭で考えて責任ある発言をする公民権教育にもつながる部分でもある。目先の対策だけではない教育がいま、求められていると西村さんは語る。  キャスターは町亞聖&相川浩之  「翔べ!ほっとエイジ」は主要Podcastとstand.fmで配信。 

            翔べ!ほっとエイジ第3回・西村隆男横浜国立大学名誉教授(上)憲法改正の国民投票年齢が18歳になったことに引きずられて民法の成人年齢も18歳に。熟慮なしに決まった「成人年齢引き下げ」は、若年者の消費者トラブルを広げそうだ。

             成人年齢が2022年4月、20歳から18歳に引き下げられた。きっかけは、2007年に成立した国民投票法。投票年齢が18歳以上となったため、16年には公職選挙法でも、選挙権の年齢が18歳以上になった。投票年齢が18歳以上になるのであれば、ほかの権利や義務が発生する年齢も18歳にすべきという議論が起こり、民法の成人年齢も引き下げられた。しかし、民法の成人年齢引き下げによって、これまで「未成年」ということで守られていた18歳、19歳が大人扱いされ、悪質商法のターゲットになろうとし

            翔べ!ほっとエイジ第2回・映画監督の犬童一利さん(下)18歳で大人扱いされるようになるが、「大人」って何?

             成人年齢引き下げのタイミングで教育・啓発用の短編映画「18歳」を制作した犬童一利監督。会社勤めを数年した後、映画監督になった犬童さん。監督になったばかりの20代のころは勢いで映画を作っていたが、昨年は、「壁にぶつかって悩んだ」という。立場も責任も重くなり、勢いだけでは映画は作れなくなった。 映画を作ることで成長してきた犬童さんも「次」へ行くために自らハードルを高くしているのかもしれない。  「何が大人なのか」「どうすれば大人になれるのか」などを犬童さんを囲み、語り合った。

            翔べ!ほっとエイジ第1回・映画監督の犬童一利さん(上)成人年齢引き下げで4月から成人になる18歳、19歳向けに短編映画「18歳」を制作

             成人年齢が2022年4月、20歳から18歳に引き下げられた。親の同意なしに契約が結べるなど、「大人扱い」されるようになるが、未成年としての法的保護もなくなる。消費者被害に陥らないように、啓発のための短編映画「18歳」を制作した犬童一利さんにインタビューした。  キャスターは町亞聖&相川浩之。    「翔べ!ほっとエイジ」は主要Podcastとstand.fmで配信。

            「翔べ!ほっとエイジ」、音声配信+noteのメディアミックスでスタートしました。今月のテーマは、成人年齢引き下げ。18歳、19歳が大人になることで、悪徳業者が狙い撃ち。消費者トラブルが広がる恐れがあります。

             人生100時代の歩き方を考えるトーク番組「翔べ!ほっとエイジ」がスタートしました。  時代の変化は激しく、コロナ禍が、社会のデジタル化を加速しました。2025年には団塊の世代が75歳以上となり、本格的な超高齢社会が到来します。さらにわれわれは、地球温暖化や貧困、戦争など、グローバルに解決しなければならない問題にも直面しています。  「ほっとエイジ」は、こうした、我々を取り巻く諸問題に果敢に挑戦し、自由な時代をつくっていく世代を指す造語です。「熱い思いがあり、周りをほっとさせ

            ネットの音声配信全盛のいまだからこそ知りたい。ラジオの深夜放送で活躍した落合恵子さんはどう音声コミュニケーションと向き合っていた?

             作家の落合恵子さんにインタビューした。1970年代に文化放送の深夜放送「セイ!ヤング」のパーソナリティとして絶大な人気を博した落合さんは、なぜ、リスナーの心に響く言葉を投げかけ、極めて濃密なコミュニケーションをとることができたのだろうか。当時、私は中学生で放送を聴いていた。落合さんはどう伝えればいいのか常に悩みながらマイクと向き合っていたようだ。 stand.fm spotify https://open.spotify.com/episode/3roGNNMhwpt

            はじめに

             今年4月30日に亡くなった立花隆さんは「勉強を職業にしてきた」「僕は勉強屋だった」と語っていた。(注1)  生涯で本を3万冊を読み、100冊の本を書いた。「読まないと文章は書けない。まず消費者にならないと、ちゃんとした生産者にはなれない」という(「知の旅は終わらない」=文春新書)。  私も、何かを書くときは、まず、何をテーマにしようか、あれこれ考え、案をまとめる。その過程がまず、勉強だ。  しっかり案をまとめ、企画会議に提出(生半可な案だとこっぴどく叩かれる)。会議を