単身

短期間で家探しの成果をあげるためには?

こんにちは。ひらきちです。

「学生さんの夜中の音で眠れんから引っ越したい」というモチベーションで、東京都で家探し、1ヶ月で8回内見予約(実際には6箇所内見)して家が見つかった話について紹介します。

家を見つける上で大事なこと

「優先度をつけること」

優先度をつけないといつまでも決まりません。結婚相手に対して要望が多過ぎて結婚できないのと同じ状態になってしまいます。結婚したことがないので、本

もっとみる
ありがとうございます~!うれしいです。
2

カルガリーに到着してから二日目の昼

どうも。昨日更新しようと思っていたのですが、まばたきをしたらあっという間の朝5時でした。

言い訳はさておき、やることはやってきました。

そして、カルガリー到着してからの自分の失敗と、効率良く動ける手段をご紹介したいと思います。

まず、到着時間のおすすめです。

初めての入国での到着時間は、朝〜夕方くらいが良いと思います。

VISAの入国審査時にいる警察官が色々と情報をシステムに入力をしない

もっとみる
おかげでまた書きたくなります!ありがとう!
6

3年半の休職を経て単身赴任で復職

”Enjoy your work”

皮肉たっぷりのイジワルな目。

(バカヤロー!楽しめる訳ないだろ!こっちは寂しくていっぱいいっぱいだっつーの)

”I love you"

いつものようにハグ&キスをして、軽く片手を上げ、いつものように彼は出掛けてゆきました。

ワンオペの始まり。一週間の別れ。

逆の立場だったら私はどんな態度を取っただろう?

二度目の復職

今回二度目の復帰に関して、彼

もっとみる
ありがとうございます❤励みになります(*´艸`*)
5

なぜ、突然タイに移住したのか。

“なぜ、タイなのか。”

これまで本当に多くの方に問われてきた。

私はついこの間まで、日本から出ずに生涯を終えるつもりだった。そう言えるほど、とてつもなく日本がだいすきだ。日本の美しい歴史・文化に自らすすんで触れる。そのたび海外旅行で日本から出る数日すら、惜しいとさえ思っていた。

思い詰めたら必ず訪れる“大神神社” 。地元に日本最古の神社があることが誇らしい。私にとっては、自

もっとみる
シェアもお願いいたします✨
33

女子が単身でアメリカに渡ってキャリアを積むということ

こんにちは、 #橋渡し人 ことShihoです。

今回は、自分が単身でアメリカに渡って感じた感想と、海外でキャリアを積むということについて考えていきたいと思います。

私は、日本初の大学院生VCとして、これからボストンと日本の橋渡し役となり、人生をかけて創薬研究を盛り上げていきたいと思っています。その中で、ご縁があってインターンや就職先として推薦していただいた方から、このようなコメントをいただきま

もっとみる

ソロ市場が間もなく100兆円市場へと成長する理由

前回の記事で、ソロ度による4象限についてご説明しました。

今回は、今後ソロ社会化が進行する中で、消費市場がどう影響を受けるのか、についてお話します。

かつて、消費市場の鍵を握っていたのは主婦でした。1980年代までは皆婚社会でしたし、専業主婦率も高かった。彼女たちの消費の主戦場はスーパーでした。

しかし、90年代以降、未婚化・単身化が進むとともに、コンビニの隆盛が起きます。下記のグラフでも歴

もっとみる
いつもありがとうございます! 励みになります!
30

新しい旅〜穂高養生園での7泊8日を経て〜

もう二週間近く経ってしまった。
穂高養生園で、橋本久仁彦さん、通称くにちゃんが守る、7泊8日の円坐に参加してきた。

今回、参加するに当たって、当然1歳の息子は同伴できず。
でも、彼へのサポート体制は、万全だった。
彼へのサポート体制が万全ということは、私が、私単身に戻り、思う存分に、その場に浸るためのサポートが、万全だということ。

大迫力の紅葉を、毎日、毎日、毎瞬、毎瞬、感じながら、過ぎ行く秋

もっとみる

北海道から単身、東京にプログラミングを学びに来た 〜2week〜 2018.10.21

10月から、東京の表参道にある「G’sACADEMY TOKYO」のLAB6期として、プログラミング学習をスタートしました。

期間は約6ヶ月間ですが、プログラミングとともに自分自身のアイディアを実現するための方法もここではサポートしてくれるといった点が、他のスクールと違っております。
そんなことで、北海道を飛び出してきて2週間が過ぎようとしおります。
正直言って、あっという間に時間が過ぎていきま

もっとみる

食費を入力して「見える化」――。

特に単身暮らしでは、外食や出前が増えてしまうが、連日になると思っている以上に食費も嵩張る。そこで期待されるのが「食費のみを入力する家計簿」アプリだ。

今回はそれを実現するアプリ「食費簿」のご紹介。
https://play.google.com/store/apps/details?id=cutboss.engelboss

世の中の『なぜ』に応えられるひとで在りたい

みなさんの経験の中でなぜだろう?どうしてやらなきゃいけないだろう?と思ったことがあると思います。

それについて思ったことを綴っていきます。

なぜだろう…?と思うことは大事
例えば、数学でいうとなぜ因数分解なんて学ぶのだろう?

なぜ点pは動くのだろう?なぜ弟Aくんは兄Bくんと一緒に家を出ないのだろう?

英語学習でいうと、なぜ日本人なのに英語なんて勉強しなきゃいけないんだろう。

どうせ海外で

もっとみる
さては…おぬし良いやつ!?
4