利便性の陰

直に会って話ことの大切さをコロナ禍の生活で
知ったひとは少なくないと思います。
それに気づいただけでも今後に活かすことができます。
リモートのもどかしさだけではありません。

これは、書店で本を買っていた日常から、
ネットで本を買うようになったときに、
書店で本を買うことの大切さを改めて知りました。
そのときに感じたことと似ています。

何か利便性が上がる変化が起きたとき、
それ以前の同等の行為の

もっとみる
スキをありがとうございます。
2

家を購入するならどうする?娘が生まれ、考え直したポイント

私たちは、結婚前にマンションを購入している。

将来子供は1人できると想定し、3LDKの70平米。仮に子供ができなくても、2人で住むには充分な広さだと思った。

しかし、生活が続くにつれ、部屋にはどんどん物が増えた。正直、物を捨てればいいのだが、我々夫婦は物が捨てられない性格のため、どんどん増えてゆく。

仮にモノを捨てたとしても、夫が実家からプラモデル、古い服やらを持ってくるので、モノが減らない

もっとみる

しがない大学生の日常日記④

今回はとある愛読している雑誌を読んでいて考えたことを記したいと思う。今日ではスマートフォンで実に様々なことができる。写真を撮り、服を買い、動画を見て、音楽を聴く、はたまた地球の裏側の人と会話だってできれば、疑問に思ったことの答えを簡単に得ることもできる。

 経済学を学んでいるときにトレードオフの原理というものを知った。つまり何かを得ることは何かを失うということ。必ず交換が起きるというわけだ。では

もっとみる

集中力を無くした人間

先日、「あかの」さんという方の記事を見て、あることを考えました。

では、何を思ったかと言いますと、

人間の集中力、無きに等しくなる/もしくはもうそうなりつつある説

だ。

この人間の集中力に関しては、斎藤孝さんの著書「読書する人だけがたどり着ける場所」からも少し引用したいと思います。

最近は音楽もネットを介して聴くことが多くなっていますが、ネットでの「向かい方」ではイントロを聴いていること

もっとみる
まさかハートまで!マメですねぇ・・・
4

hontoを使い出して早4ヶ月。前に比べて書籍代が数倍かかるようになりました。電子書籍やばいな。

こんな僻地に遥々ありがとうございます!
1

二次観戦。

極楽山本の軍団クラスター問題。

発生するのはなにもコロナばかりではない。

それが「二次観戦」ではないだろうか。

皆さんの想像に難くない文字通りの、

当事者以外の人たちが二次的に観戦して

あーだこーだ吐き出し、拡大させる。

SNSを手にした私たちがどうしても、

やってしまいたがる衝動だ。

毎日、無意識に二次観戦のエジキを探し

マスコミはエサのタネを提供し続ける。

わかっちゃいるけ

もっとみる

‪covid19接触確認アプリが各国でイマイチ信頼されない残念な現状と要因、心配事の払拭

日本ではcocoa。これは入れましょう。入れてください。感染しそうにない慎重な人々しか入れてないと何にもなりまへんので。
心配だったら使う側が登録内容なりsecureなVPNなり何なり好きなように介して自衛すれば良い。

なんでもかんでも利便性と安全性と信頼性を兼ねたサービスを無料で施せと駄々を捏ねて御膳立てにフリーライドしたいなら、その見返りとして個人情報を差し出せば良いし、結果そういう層のデー

もっとみる

徒歩5秒の「コンビニエンス」ストア

スーパー大好き人間です。

よく「コンビニまで徒歩○分」が生活の便利さの指標として用いられるが、コンビニで買い出しはしないので「スーパーまで徒歩○分」が大事。

その点、今回は「徒歩5秒」です。徒歩5分ではなくて5秒。

前の住居は徒歩10分、その前も徒歩10分、その前の前も徒歩10分でしたので、1回あたり20分を節約できる。これまでもほぼ毎日スーパーに通っていたので、この時間短縮が想像以上にキて

もっとみる
見つけていただきありがとうございます😊

ケータイの利便性に隠された罠。

今時ケータイなんて言わないよね。

スマホだよね。

ただ、あえてケータイといったのは
ガラケー時代からスマホ時代の今まで、というか
携帯電話が身近になった今
本当になんでもできるなぁ…と思ったわけです。

本当に便利。ありがとうネットワーク。

私はSNSの使い方とかそんなんではなく"ネット社会で迷子にならないコツ"をお話させていただきますね。

まず、

私が最初にケータイを手にしたのは
小学

もっとみる
また読みにきてくださいな💓
13

第13章:今の時代を築いているのは「わたしたち」である

今回は、一般的な歴史の見方とはちょっと変わった視点のお話をさせたいただきたいと思います。

わたしの得意分野でもある「芸術と文明の相関関係」を軸として、過去の芸術史と文明の発展という歴史を同時並行で見ながらまとめていきたいと思います。

ところで、みなさんは日常において文学や美術に触れる機会をどれくらい持たれていますでしょうか。

そこまで触れる頻度が高くない方々にとっても「おもしろい!」と思って

もっとみる
ありがとうございます!来週も価値ある学びを発信します!
69