倫理学

グズグズな倫理学

選択肢が二つある場合、どちらか一つは正解だと考えるのは、選択式テストを受けて、頭まで似たような構造になった者の発想だ。必ず正しい答えがあるはずだというのは、世界に対して倫理学的に命令を下すことだ。答えがあるはずだという発想そのものが危険性を持っている。二つに一つとか、必ず正しい解決法があるとか、神は乗り越えられない困難を課すことはないとか、そういった発想は、きわめて危険なものを孕んでいる。

それ

もっとみる
ありがとうございます。また読みにきていただけたらとても嬉しいです。
4

道徳、倫理は不確かなフィクションである。

ある問題について道徳の面から考えるとき、必ずその人の信奉する道徳原理、道徳法則を根拠にして結論を出さなければならない。なぜならその思想の根底の部分から考えないと感覚的な議論に陥ったり別の問題について考えたときに今出した結論と矛盾する結論を出すことになったりしかねないからだ。根っこの確固とした考えがないと自分に都合の良いように考えてしまいがちでもある。

しかしそのどんなときにも根拠となる人それぞれ

もっとみる
Have a nice day : )
2

提案 Glocalization 2.0

Glocalization(世界普遍化)という言葉の定義を段階的に捉えて
仮にビジネスや経済活動を中心とし「地球規模で考え、足元から行動せよ(Think globally, act locally)」という現在までの流れをGlocalization 1.0とすると
Glocalization 2.0は、
考えと行動を分けるのではなく、考えと行動を一致させて
「世界普遍的(グローカリー)に考え、世界

もっとみる

倫理的主張を評価する際の指標の整理

何か倫理的な議論をしようとか、倫理的な表明の評価をしようという時にその評価のモノサシを巡ってすれ違いが起きることがままあるな、と思ったので脳内の整理も兼ねてメモ。もしこの辺掘り下げてる書籍ご存じの方いたら教えて下さい……。

私が考える限り、倫理的主張にはまず2種類存在する。その2つをここでは「理念的倫理」「実践的倫理」としたい。以下で説明する。

まず、人類が目指す理想的な世界を考えたとしよう。

もっとみる

道徳法則の提案

道徳に関することを考えるときに、思考の根底に道徳原理、道徳法則がないと心細い。それがないとそれぞれの問題に対してただ個別に意見を持つことしかできず、考えに一貫性を持たせることができないからだ。何となく直感であれは善い、これは悪いと考えてしまうことにもなる。少なくとも私にとっては、いつでもこれに従うのが善であるという法則を持たないまま具体的な問題に踏み入るのはとても気持ちが悪いことだ。

そんな私だ

もっとみる
ありがとうございます!
4

「ロリコンは絶対悪」という社会の風潮。

ツイッターのトレンドに上がっていた記事。

あらかじめ言っておくが、私はロリコンではないしペドフィリアでもない。

要約すると、「たとえ趣味のことであっても、倫理に反する(特に加害の可能性を印象づける)内容を公開する場合は配慮が必要」という内容であり、これが窃盗や殺人の話なら至極まっとうな意見だと思う。
しかし、この件のテーマである小児性愛となるとちょっと話が違ってくる。

記事では「犯罪だから」

もっとみる

観察日記89

観察日記89
おはようございます。
昨日はふぁーべるのメンバーと久々のお茶会。
ポストコロナやら幸福やら価値についてやらとあちこちに飛びまくってました(笑)
イイ感じに頭の中をほじくり返されています♪
「わからない」を共有できる仲間に恵まれたことがただただありがたい。
コアでマニアックな議論が気軽にできる学び場をゆっくり進んでいきたいものです😁
#観葉植物 #実験 #観察 #ふぁーべる園芸部

もっとみる
ありがとうございます!
2

観察日記88

観察日記88
おはようございます。
京都大学の『【オンライン公開講義】“立ち止まって、考える”』を見ています。 

難しいです😅
でもどんどん引き込まれていきます。
どうしようもなく「やめられない、とまらない」です。
哲学や倫理学は今学んでいますが通信教育なので実際にこういう講義を拝聴できるのはありがたいです。
といっても基礎がまだまだなのでほとんど理解できていませんが、非常に有益な足掛かりをい

もっとみる
ありがとうございます!
3

行動経済学備忘録(11) 罪と罰と自由意思6

3歳の娘が食事中
「長くもぐもぐしていたらママに怒られる。早く飲み込んだら怒られない」と言った。

「長くもぐもぐしなかったら怒られない」と言ったのではなく、「早く飲み込んだら怒られない」と言ったところがさすが我が娘である。「もぐもぐしない」は行動ではない。「飲み込む」は行動である。変容する行動を、驚くほどきちんとおさえている(これは臨床家でも苦労するポイントなのに)。

さて「長くもぐもぐしてい

もっとみる
ネタで落として気分アゲアゲー!
5