購読者限定Slackコミュニティを作る目的

購読者限定Slackコミュニティを作る目的

おはようございます。準備と実行のトレードオフについて考えているプロコンです。 基本的にビジネスをやる上で戦略設計などの事前準備はめちゃくちゃ大事だと認識していますが、設計に時間を使いすぎるのもダメというのもまた真理です。特に、流れが速い近年のビジネスを鑑みると、事前準備を素早く完了させ、実行しながら柔軟に対応していくのが重要ということは皆さんもご存じのとおりです。 ただ、現実を考えたときにそのバランスに最適解はなく、また業界によっても変わるため知識として具体例を出すのが難

スキ
3
有料
980
より良いものを作り、残し、継続する。

より良いものを作り、残し、継続する。

いろんな人がいると、いろんな意見がある。特に飼育業は、答えがそうそう見つからない。現時点でのベターなんだと思う。 より色んな意見や考えを集めて、それをしっかりと残して、繋いでいく。まさに、シェイピングのよう。 それも自分が正解だとか、正義だとかではなく。そういう進め方ではなくやりたい。 分からない事が多いから、仮説を立てて、それがどうであったのかを検証する。そのためには共通の言語とか、記録、数値が必要だと思っている。 難しいことだけれど、少しずつやっていきたい。

スキ
7
広告の効果測定の重要性と一般人の知らない業界の闇について

広告の効果測定の重要性と一般人の知らない業界の闇について

おはようございます。スモールビジネス情報を発信するための時間が事業よりも圧倒的に長くなってきているプロコンです。そろそろ文筆家を名乗って生きていこうかと思っています。 例えば、必ず成功する道というものがあればだれもがそこに向かって歩み続けると思うのですが、現実世界では成功する道が見えていたとしても、一見楽に見える険しい道を歩もうとする人が多いですね。 今回は、広告を出稿して成功をつかむために必要な効果測定の話をしていこうと思います。先に述べておくと、今回の記事はWeb業界

スキ
8
ラブコメに出てくるヒロインの顔似てる仮説の検証
+6

ラブコメに出てくるヒロインの顔似てる仮説の検証

これまで数多くのアニメを見て、その感想を日記で書いてきたのはご承知の通りですが、その中でふと思ったことがあります。 「ラブコメに出てくるヒロインの顔似てね??」 顔以外にも、だいたい黒髪ロングだし、最後は少しデレるけど物語の大半はツンツンしてるし、語尾も大概「~だけれど」だし。 「似てると思うんだよなぁ・・・」 「何でこうまで似るんだろう??」 「何か深遠な宇宙法則によって必然的にこうなっている可能性も・・・・」 そういった声無き声が日増しに高まって抑えられない。

スキ
2
特異サンプルからのブレークスルー仮説
+6

特異サンプルからのブレークスルー仮説

鬼滅の刃から帰納法・演繹法を説明するという面白いセミナーがありました。ここでは、もう少し範囲を広げて「ブレークスルー仮説」の誕生から新方針決定までを深掘りして説明したいと思います。 帰納法について帰納法はいわゆる小さな存在のいくつかをピックアップして傾向を見て、それらから大きな集団の性質・傾向・法則などを定義します。 サンプル事例 「竈門さんの一家が鬼に襲われた」 「不死川さんとこの奥さんが鬼になって、自分の子供を殺した」 「胡蝶さんとこの娘さんが、鬼に喰われた」 ▼上

スキ
13
アジア伝統衣装を米国ウェディング業界に持ち込んで月商2万5千ドル-海外スモールビジネスの具体例
+10

アジア伝統衣装を米国ウェディング業界に持ち込んで月商2万5千ドル-海外スモールビジネスの具体例

おはようございます。スモールビジネスの人として認知されたいプロコンです。 海外から見た初詣の行列は日本から見たイスラム教の聖地巡礼のような宗教行事としてとらえられるように、ある場所での当たり前は違う場所では奇妙な風習として取り上げられることってよくありますよね。 今回紹介する事業は、チャイナドレス風ウェディングドレスをアメリカに導入した「East Meets Dress」です。 East Meets Dressは、ウェディング業界という大きな市場の中から「アジア風ドレス

スキ
7
有料
980
新規事業のセオリー_フェーズⅢ.1. 検証の定義と構成要素
+1

新規事業のセオリー_フェーズⅢ.1. 検証の定義と構成要素

「新規事業を創ること」はとても難しいことであり、とてもとても楽しいことですね。このnoteが「新規事業を創る楽しさを、皆さんと共有できる場」になることを期待しています。 新規事業のセオリーでは、新規事業創造のステップをフェーズ毎に区切って連載していきます。記事の最後に全体像(連載目次)を記述しています。 フェーズⅢ : 仮説検証    1. 検証の定義と構成要素 ここから「フェーズⅢ : 仮説検証」に入ります。これまでの「フェーズⅡ : 仮説設計」にて多くの調査、検討を

スキ
18
挑戦する人生を選ぶと、幸せになれる

挑戦する人生を選ぶと、幸せになれる

先日、相模原女子大で起業講演の機会をいただき、その際に挑戦することが幸せに繋がるという話をしました。 人は本能的に進化に喜びを感じるとても俯瞰した視点でみると、40億年という生物史の中で、人類は初めて自らを知ろうと挑戦した生物です。その大きな試みのひとつが、ダーウィンの唱えた進化論です。 進化論の歴史的背景を振り返ると、人類は進化するために存在していると感じます。 すべての生物は進化するために生きていて、進化しなければ滅びてしまいます。進化は変化であり、変化は挑戦により

スキ
14
事業コンセプトの構造化テンプレート【ABCモデル】<サマリ>
+1

事業コンセプトの構造化テンプレート【ABCモデル】<サマリ>

今回は、新規事業や、新しいプロダクトを作るときに、最低限考えておいた方が良い、「事業コンセプトの構造化テンプレート」について解説しました。 記事はこちら↓↓↓ まとめると、 <サマリ> ・仮説の想像力も必要だが「ロジック」でも考えられる ・構造化することで、情報を圧倒的に整理しやすくなる ・構造化することで、チームで議論しやすくなる 構造化の考え方はこちらです。実際のテンプレートや、作成例は、上記の記事をご参照下さい。

スキ
5