dora_e_m

ソフトウェアエンジニア、3児の父。 プログラミングなど具体的なインプリメンテーションで…

dora_e_m

ソフトウェアエンジニア、3児の父。 プログラミングなど具体的なインプリメンテーションではなくチームビルディングや自己の成長戦略など、経験から語れることを語ろうと思います。脱線もしていきたい。

マガジン

  • アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで

    2024/07/22出版の「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」の制作裏話をまとめています

  • DevLOVEのノート

    • 157本

    開発現場と越境する人のためのコミュニティDevLOVEのNoteです。イベント告知、案内、関係者のnoteを投稿していきます。

  • くれない note

    • 7本

    「くれない」に染まったこの俺を慰める奴はもういない・・・。

最近の記事

スクラムフェス大阪2024神奈川トラックで「OODAふりかえり」について話してきたのでふりかえる #scrumosaka

スクラムフェス大阪数あるスクラムフェスの中でも際立った個性を放つスクラムフェス大阪。「大阪」と銘打ちながらも各地域のトラックが用意され、近年では実際に各地域でサテライト会場が設置されるスクラムの一大祭典に参加・登壇してきました。今回、自分のセッションは「ふりかえり」をテーマにしていたこともあり、忘れる前に振り返っておきたいと思います。 Day1今年のキーノートは横道さん! なかなかインパクトの強いタイトルですが、横道さん自身が歩んできた道のりでの葛藤、逃げ出しそうになった

    • なぜ忙しいときほど休息をとるべきなのか

      昼飯を食う暇もないぜ!みなさん忙しいですか?少なくともこのブログに目を通すくらいの余裕はあるけれども、基本的には忙しい日々を送っておられることでしょう。 人によっては「昼食を摂る時間もない」という方もいらっしゃるでしょう。タイパ重視、昼は完全栄養食でチャチャっとすませて仕事に邁進する、そんな毎日かもしれません。 斧は研いでいるか木こりのジレンマという有名な逸話があります。忙しさに追われ、根本的な問題解決に手が回らない、スキルアップに時間を割けない、だからずっと忙しいまま・

      • なぜぼくらは「コミュニケーション能力が低い」と言われるのか?

        求められるコミュニケーション能力ソフトウェア開発の業界に身をおいて10数年。「ソフトウェアエンジニア(以下、エンジニア)なら人と話さなくても仕事できていいな!」なんて思っていた私ですが、エンジニアとはいえコミュニケーション能力が求められる場面は少なくない、という事実と日々向き合っています。 エンジニアに求められるコミュニケーション能力には以下のようなものがあります。 技術的な内容を分かりやすく説明する力 チーム内での協力、情報共有 相互の建設的なフィードバック 問

        • ワクワクする目標をつくることは、なぜ難しいのか #目標づくりガイドブック #OKR

          目標づくりに関する本を出版します2024/07/22に、翔泳社より「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」が出版されます。 出版までの間、不定期で本書についてnoteで発信していき、どういった背景、プロセスで本書が執筆されたのかを紹介します。このnoteを通して、さらに本書に興味を持ってくれる人が増えたらうれしいなーと思っています。一連の投稿は下記マガジンにまとめていきます。 今回は、ワクワクする目標をつくることの難しさについて考えてみます。 そもそも、なぜ「ワ

        スクラムフェス大阪2024神奈川トラックで「OODAふりかえり」について話してきたのでふりかえる #scrumosaka

        • なぜ忙しいときほど休息をとるべきなのか

        • なぜぼくらは「コミュニケーション能力が低い」と言われるのか?

        • ワクワクする目標をつくることは、なぜ難しいのか #目標づくりガイドブック #OKR

        マガジン

        • アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで
          5本
        • DevLOVEのノート
          157本
        • くれない note
          7本

        記事

          エンジニアリングマネージャーとしての在り方に悩んだら「エレガントパズル」を読むといい

          エンジニアのマネジメントという難問岩瀬義昌さんの翻訳により、ついにエレガントパズルの日本語版が登場しました。書籍「スタッフエンジニア」の著者であるウィル・ラーソンが同書の前に執筆していた一冊で、スタッフエンジニアの中でもエレガントパズルは紹介されていました。スタッフエンジニアを読んだエンジニアリングマネージャーたちは、きっと本書の邦訳を心待ちにしていたのではないでしょうか。 幸運なことに「エレガントパズル」の翻訳レビューに関わる機会があり、出版前に一通り読んではいたのです

          エンジニアリングマネージャーとしての在り方に悩んだら「エレガントパズル」を読むといい

          OKRをフル活用するために役立った書籍たち〜アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ4 #目標づくりガイドブック #OKR

          目標づくりに関する本を出版します2024/07/22に、翔泳社より「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」が出版されます。 出版までの間、不定期で本書についてnoteで発信していき、どういった背景、プロセスで本書が執筆されたのかを紹介します。このnoteを通して、さらに本書に興味を持ってくれる人が増えたらうれしいなーと思っています。一連の投稿は下記マガジンにまとめていきます。 今回は、私がOKRを活用するうえで役立った書籍について紹介します。 OKROKRに関

          OKRをフル活用するために役立った書籍たち〜アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ4 #目標づくりガイドブック #OKR

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ3 本書につながったアウトプット #目標づくりガイドブック #OKR

          目標づくりに関する本を出版します2024/07/22に、翔泳社より「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」が出版されます。 出版までの間、不定期で本書についてnoteで発信していき、どういった背景、プロセスで本書が執筆されたのかを紹介します。このnoteを通して、さらに本書に興味を持ってくれる人が増えたらうれしいなーと思っています。一連の投稿は下記マガジンにまとめていきます。 今回は、本書を執筆するきっかけになったアウトプット、エッセンスとして取り込んでいるアウ

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ3 本書につながったアウトプット #目標づくりガイドブック #OKR

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ2 この本のOKR #目標づくりガイドブック #OKR

          目標づくりに関する本を出版します2024/07/22に、翔泳社より「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」が出版されます。 出版までの間、不定期で本書についてnoteで発信していき、どういった背景、プロセスで本書が執筆されたのかを紹介します。このnoteを通して、さらに本書に興味を持ってくれる人が増えたらうれしいなーと思っています。一連の投稿は下記マガジンにまとめていきます。 今回は、本書を執筆するにあたって設定した、「アジャイルチームによる目標づくりガイドブッ

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ2 この本のOKR #目標づくりガイドブック #OKR

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ1 本書執筆の動機 #目標づくりガイドブック

          目標づくりに関する本を出版します2024/07/22に、翔泳社より「アジャイルチームによる目標づくりガイドブック」が出版されます。翔泳社の方と企画について話し始めたのが2023/05あたりだったので、1年越しでついに出版までこぎつけました。感無量。 ありがたいことに、書籍紹介ページの公開直後から大きな反響をいただいています。"目標"というトピックへの関心の高さを改めて感じています。 出版までの間、不定期で本書についてnoteで発信していき、どういった背景、プロセスで本書

          アジャイルチームによる目標づくりガイドブックができるまで ステップ1 本書執筆の動機 #目標づくりガイドブック

          イルカになった中年〜スクラムフェス新潟2024のふりかえり〜

          円熟のスクラムフェス新潟新潟で生まれたわけじゃないけど、新潟は自分にとってまぎれもなくふるさとだ。小学二年生から高校三年生まで過ごしたこの土地で、アジャイル、スクラム、テストの実践者たちが集まるイベントが開催される。どの文脈でも参加する理由しかないこのカンファレンスに参加するのは今回で三回目。 さきに結論から言ってしまうと、過去最高に楽しく、学びがあり、モチベーションが無限に湧き出てきてしまうようなすばらしい場だった。 久しぶりの新潟やっぱりね、脳裏に刻み込まれた景色を

          イルカになった中年〜スクラムフェス新潟2024のふりかえり〜

          OKRをツリーにする前に言っておきたいことがある

          「OKRはツリーではない」から約1年半以前、「OKRはツリーではない」というタイトルで登壇したことがあります。OKRを採用している多くの現場で、組織レベルのOKRから個人レベルのOKRまでをツリーでつなげる「OKRツリー」で運用しているけれど、OKRはツリーじゃなくてもいいんだよということを伝えたい発表でした。 「ツリーじゃなきゃいけないと思っていたけど、ツリーじゃなくてもいいんですね!」など、様々な反響をいただきました。 それから1年半。「OKR」というキーワードを入れ

          OKRをツリーにする前に言っておきたいことがある

          4月は自分の疲労に目を背けないようにして過ごした

          久しぶりのnote更新前回noteを更新したのが3/30だったので、約一ヶ月も経ってしまいました。 この4月の対外的なアウトプットとしては、アジャイルウェアさん主催のイベント、DevOpsDays Tokyo 2024、Atlassianコミュニティのイベントへの登壇、会社のTechブログで一本記事を書く、というものがありました。 もちろんこういった活動の前提には日々のカケハシにおける業務があるわけで、noteでの露出こそなかったものの、わりと活発に動いてはいました。 受

          4月は自分の疲労に目を背けないようにして過ごした

          【在職エントリー】カケハシに入社して半年が経過しました

          もう半年?まだ半年?2023年10月に株式会社カケハシにEMとしてジョインしてから半年が経過しました。 もう半年も経ったの?という気持ちと、まだ半年しか経ってないの?という気持ちが半々です。前者は、カケハシに来てからの日々が楽しくあっという間に過ぎ去っていったという感覚から。後者は、めまぐるしいスピードで変化し、濃密な体験を繰り返す中で数年分の経験をしてるような感覚から。 このエントリーでは、ざっくりと半年間のできごとをふりかえって見ようと思います。 ひたすらインプッ

          【在職エントリー】カケハシに入社して半年が経過しました

          Scrum Fest Kanagawa 2024- 春の陣 - でみんなの心に放火してきた (3/18加筆修正)#ScrumKanagawa

          はじめにイベント終了直後に、失いかけた意識の中で参加レポートを投稿しました。8時間寝て元気が出たので、あらためて加筆修正して投稿します。 スクラムフェス神奈川2024春の陣でキーノートやってきたよいってきました、スクラムフェス神奈川。 プレイベントを挟んで、スクラムフェス神奈川主催としては初めての本格的なカンファレンス(しかも合宿)でキーノートを担当させていただくという身に余る光栄に預かりました。 さて、スクラムフェス神奈川いったいどこでやるのかというと、なんと小田原

          Scrum Fest Kanagawa 2024- 春の陣 - でみんなの心に放火してきた (3/18加筆修正)#ScrumKanagawa

          開発生産性フレームワークSPACEについての覚書

          はじめに自分たちのチームがどういう状態なのか推定するための指標として、開発生産性フレームワークSPACEの活用を試みているところです。いまのところは概要記事を読んで、元の論文をざっくり読んで、それをもとに「自分たちで追いかけるならこういう指標かな?」って考えて、チームに共有して、みんなでどうするといいだろうねって考える段階。だからnoteとかにまとめるのは、もうすこしカッチリ言語化できたり、その指標を追うことで何か変化が起こったタイミングにしようと思っていました。 先日参

          開発生産性フレームワークSPACEについての覚書

          t-wadaさんが後世に残したい実録レガシーコード改善の再放送に参加したらchat欄にt-wadaさんがいて最高の体験だった #技術的負債_findy

          人気すぎて参加できなかった勉強会去る1/15、本来であればこの日に「t-wadaさんが後世に残したい、実録レガシーコード改善」に参加するはずだった私は、PCの前で途方に暮れていました。connpassにログインできなかったのです。 SNSを覗くと、同じように「ログインできない!」という嘆きが多数、観測されました。2,000人を超える参加者が殺到したため、connpassが耐えきれなかったのかもしれません。 主催のFindyさんがYoutubeでも配信するなど救済措置を講じて

          t-wadaさんが後世に残したい実録レガシーコード改善の再放送に参加したらchat欄にt-wadaさんがいて最高の体験だった #技術的負債_findy