一個人

そうな人、そうじゃない人、何事も人による。

そうな人、そうじゃない人、何事も人による。

同じことでも人によって考え方が違ったりします。 イメージがそう見えるからきっとそうだと思ってしまいがち。 例えば、「イギリス人は紳士的」で「イタリア人は情熱的)なイメージがありますが、乱暴なイギリス人(フーリガン)もいるし、冷酷なイタリア人もきっといます。 「日本人は優しく思いやりがある」と外国の人から言われても、日本人にだって冷たく思いやりのない人だっています。 何が言いたいか。 人によるってこと。 血液型だって大雑把なA型の人もいれば几帳面なB型の人もいるそうでし

4
和食がプロの味になる「万能だれ&煮汁」の作り方

和食がプロの味になる「万能だれ&煮汁」の作り方

『一個人』春号「口福の家ごはん」特集では、和食・洋食・中華の超定番レシピをおいしくするたれやソースの作り方、調理のポイントを解説しています。そのなかから、『和の基本だれ』、『煮物の煮汁』、『味噌煮の煮汁』とそれを使ったレシピを紹介。自宅にある調味料を混ぜ合わせるだけで、普段の料理が格段においしくできあがります。 ―――――――――――――――――― 和の基本だれと煮汁で料理の味つけが安定素材の味や風味を生かした、シンプルな味つけだからこそ、調味料のバランスが肝となる和食。

13
突撃! 隣の「家ごはん」拝見します。

突撃! 隣の「家ごはん」拝見します。

家族と食卓を囲んだ日常のワンシーンや、腕によりをかけて振る舞ったハレのお祝い料理…などなど。 本誌『一個人』読者のみなさんに、写真とともにごはん事情を投稿いただきました。 *『一個人』春号「口福の家ごはん」特集より ————————————————— 長らく終電近くまで働く生活をしてましたが、コロナで帰宅が早くなり、在宅勤務の日もあったりして、平日も料理するようになりました。食べチョクやポケットマルシェで食材を取り寄せたり、近所のスーパーで気ままに買い物して料理してます。

4
「料理人向け」「お酒好き向け」「トイレ向け」、こんなお守りあるんですよ。【全国お守り巡り】

「料理人向け」「お酒好き向け」「トイレ向け」、こんなお守りあるんですよ。【全国お守り巡り】

雑誌『一個人』編集部です。 御朱印集め、根強い人気ですね。御朱印は書き手によってそれぞれ違いますし、御朱印帳もいろいろあって楽しいですね。 今までお寺や神社に縁がなくても、このブームをきっかけに訪れるようになったという人も多いのではないでしょうか。 お守りも負けじ(?)と工夫を凝らして個性を出したものが多く見られるようになりました。現代風にしてみたり、かわいらしい雑貨風のものなど、多種多様で見るだけでも楽しいです。もちろん昔からあるものにも面白いものや変わったものも・・・

3
春にピッタリのワインと料理で、暖かな春風とともに家飲み

春にピッタリのワインと料理で、暖かな春風とともに家飲み

雑誌『一個人』編集部です。 すっかり春の陽気になり、おうちごはんもなべ料理や煮込み料理から春野菜など素材を楽しむ料理が並ぶようになったのではないでしょうか? ワインも重めより軽めのものを飲みたい気分になったのでは? そこで、春にオススメのお料理とワインをご紹介します。 —————————————————————— いらっしゃいませ。大阪のワインショップ「mista」で店長をしている、ソムリエの竹内香奈子と申します。 ポカポカ陽気が気持ちいいこの季節。テラスでランチをする

5
花に彩られた天守や石垣、歴史ロマンを感じる「城旅」へ

花に彩られた天守や石垣、歴史ロマンを感じる「城旅」へ

日本全国には、春に花見を楽しめる城跡が数多くあります。そんな憩いの場となっている10城をご紹介。桜の見頃を逃してしまった方も、往時をしのぶ遺構や、城をめぐる歴史ロマンを楽しんでいただきたい。 ―――――――――――――――――― 小田原城 【所在地】神奈川県小田原市城内3-22(小田原城総合管理事務所) 【築城年代】15世紀中頃→天正18年(1590)まで断続的に改修→寛永10年(1633)近代化 【築城主】大森氏→北条氏、稲葉正晴 崩れたままの石垣がマニアの間で密か

4
みんな持ってる名字。どうやってつけたんだろう?【日本珍名さん列伝】

みんな持ってる名字。どうやってつけたんだろう?【日本珍名さん列伝】

雑誌『一個人』編集部です。 仕事で名刺交換をして、名字を読めなかった経験ありませんか? 日本には約29万種類の名字があるといわれ、初見では読めない名字も多いのです。そんな珍しい名字をご紹介したいと思います。 ―――――――――― 2月13日は「名字の日」。「苗字必称義務令」で珍名が続々誕生?2月13日は「名字の日」である。1875年(明治8年)のこの日に明治政府から「苗字必称義務令」が出され、国民誰もが名字を名乗ることになった。もともと明治3年に「苗字許可令」が出されたが

6
【日髙良実オーナーシェフ直伝】「鮮魚のアクアパッツァ」

【日髙良実オーナーシェフ直伝】「鮮魚のアクアパッツァ」

一個人編集部のIです。 小腹がすいた時に「パッとつくれる美味しい1品」を覚えておきたい、と思ったことありませんか? そんなあなたにおすすめしたいのが東京イタリアンの名店「リストランテ アクアパッツァ」の日髙良実オーナーシェフから教わった「鮮魚のアクアパッツァ」です! 私は料理はもっぱら妻にまかせて、食べる専門なのですが、これは自分でもすぐつくれて、美味しかったので、ぜひ、みなさんもお試しあれ! ――――――――――   アクアパッツァとは、南イタリアの郷土料理。魚やア

5
幻の黒い“おといねっぷ”そば これを知ったら
もう他のそばは食えない?

幻の黒い“おといねっぷ”そば これを知ったら もう他のそばは食えない?

チューッス! 鉄道とそばを愛する、編集Sっす! このたび一個人2021年春号にて、お取り寄せで愉しむ「県民の味」というページを担当しました。 誌面の都合上、本誌には出てない「真実のグルメ」情報を、ここで公開しちゃいまーす。 そばだけに、茹でたての香ばしい話が「もりもり」。 まずは、読んでミソ! ――――――――――――――― 鉄道がつくった そばとの意外な関係数ある日本の鉄道路線の中で、もっとも北海道宗谷(そうや)本線が好きだ。 個人的に魅力的な路線は他にもあるけれど、

5
自分の名字の成り立ちから祖先のルーツがわかるかも…

自分の名字の成り立ちから祖先のルーツがわかるかも…

雑誌『一個人』編集部です。 突然ですが、ご自分の名字の由来、知ってますか。 普段当たり前に使っている名字ですが、成り立ちを知ると自分や周りの人の祖先の暮らしが、少し身近に感じられるかもしれません。 今回は"名字の成り立ち"について、姓氏研究家の森岡 浩さんに紹介してもらいます。 ————————————————————— 約10万種類以上あるといわれている日本人の名字。 そのほとんどが日本各地の地名、または地形に由来するという。 先祖がどんな場所に暮らしていたのか、名字か

9