フォニックス

【大人の英語学習】なぜ英語が聞き取れないのか?

どうしてもマクドナルドとしか

聞こえないんです。

英語がそう聞こえたら

何度聞いてもそれにしか

聞こえない!!

初級者さんには

よく起こることですよね。

それがどうして起こるのか?を

今日はお話していきたいと

思います。

そもそもの英語と日本語の音の違いから

日本語だと起こらないことが英語だと起きてくるんです。

それが日本人が英語の聞き取りに苦戦する理由。

逆を言えば、

もっとみる
Thank you sooooo much!
1

【フォニックスでネイティブイヤーに】

皆さんは、フォニックスってご存知ですか?
フォニックスとは、
発音の法則を学ぶメソッドで、
英語圏の国語の授業、
つまり英語の時間に必ず習う学習法です。

子供の頃、
インターナショナルスクールのESLでは
このワークブックを
毎日20〜30ページやっていました。
※10月に編入して2ヶ月遅れてたので
 猛ダッシュで同級生に追いつきプラン

▼中身サンプルはこちらのPDFをご覧ください

日本の英

もっとみる

TOEFL初受験で95点取ったから勉強方法をメモしておくよ(独学派)④発音編3/3 ※IPA追記7/24

発音編…ラストにするつもりだったのだけど、長いからまた記事分割。

(と書きましたが、7/24にIPA追記しました。これで完成。)

「フォニックス(Phonics)」と「IPA」についてです。大分ポピュラーなので今更かと思うのですが、私のように全く知らなかった人のために簡単に説明&使ったリソースを紹介しておきます。

☆フォニックス

以下、イメージを掴むためのとっーてもおおざっぱな説明です。

もっとみる
ありがとうございます(/ω\)すごくうれしいです…!!
1

NY Joyの子育てエッセイ<5> WesのDr. Seussをご存知ですか?

※<1>〜<4>は、PonoLipoのHPで、英文も全て無料でお読みいただけます。

Dr.Seussシリーズは、親子代々お世話になっている大人気の子供の絵本のシリーズです。私の父が、よく読んでくれたのを覚えていますし、私自身子供達に何度も読み聞かせてきました。私の息子が好きなDr. Seussシリーズの絵本は「あなたは、私のママなの?」というタイトルの絵本です。餌を採りにママ鳥が巣を離れた時に、

もっとみる

自分の子供に英語を学ばせるなら、何から始める?

年々、英語の必要性は強く求められてきていますが、ご自身でも英語を学び直すには何から始めると良いか分からず、参考書を買っても続かない経験をされた事があるのではないかと思います。今回のテーマは、今から自分の子供に英語教育を始めるならどんな事が有効か、自身の経験を通して重要だと思った事をお伝えできればと思います。今回の内容は、社会人になって英語学習に行き詰っている方へも参考になればと思います。

 まず

もっとみる

子供の英語 フォニックスが重要 イギリスの学校で

Phonicsフォニックスという言葉を聞いたことがありますか?イギリスの小学校の英語教育で子供たちに真っ先に教えるのがフォニックスです。幼少期にフォニックスを学ぶことで英語の発音だけでなく、読み書きの力もがっちりつくようになる学習法です。

日本の小学校も英語の授業が導入され、お子さんに英語を学ばせるワクワクする気持ちとお子さんがちゃんとついていけるか不安な気持ちの両方を持っている方も多いと思いま

もっとみる
スキありがとうございます!すごく嬉しいです!
3

あいうえおフォニックスっていうYouTube英語の発音勉強するのにめちゃ勉強なるです。
https://m.youtube.com/watch?v=8wAweTYaMOY

今週忙しくて、英語お役立ち情報でお茶を濁しつつ毎日noteを続ける日々…本当はもう少しnoteを探ってアウトプットの種を探したりしたい…

ありがとうございます!良ければ覗いていって下さい。
3

幼少期から続けず、後悔している習い事。
英語、ピアノ。

ピアノ、譜面にカタカナで「ドレミ」書いてしまったのが、間違いだった。
英語は書かなかったけど、私はカタカナ時代。
今、フォニックス。
子供はまだどうにかなりそう。私もがんばろ。

息子と一緒に英語を学ぶ その1 音読とフォニックス

息子(10歳)に英語を教えようと試みている。教えるのは苦手だし、自分の子供だとなおさらそうだし、なかなか苦戦中ではある。

でも、息子にreadingを教えていて、自分も発音を学び直したくなってきたので、教えるというよりは一緒に学ぶつもりでやってみようと思う。

ここ数日間、試しているのがYoutubeを使った音読練習。

"Reading Practice for Kindergarten an

もっとみる
読んでくれて、ありがとう
3