岩田あきひと

ビジネスのヒト、モノ、カネ系、または、ビジネスに関連する読書のまとめを投稿させていただく予定です。 みなさまと楽しい記事を共有できたらうれしいです😃。 どうぞよろしくお願いいたします!

岩田あきひと

ビジネスのヒト、モノ、カネ系、または、ビジネスに関連する読書のまとめを投稿させていただく予定です。 みなさまと楽しい記事を共有できたらうれしいです😃。 どうぞよろしくお願いいたします!

    マガジン

    • 人生戦略~孫氏の兵法

      孫氏「孫氏の兵法」は、2500年前の中国春秋時代(紀元前500年ごろ)に、 思想家孫武によって書かれたとされる兵法書のことです。 「孫氏の兵法」は「論語」と同年代の書物です。 孫武は戦争の記録を分析・研究し、勝利を得るための指針を理論化しました。 孫氏の兵法は、共通性のある軍事法則を6000字ほどの13編にまとめた書物です。 13編毎に解説をしてまとめました。

    最近の記事

    モチベーションは常に内発的動機

    人間の欲望は、 達成、快楽、意味合い、良好な人間関係、没頭の5つからなる。 達成や快楽は、 満たされない世代の欲望でした。 満たされた時代を生きている私たちは、 自分が頑張る意味合いや、 自分が好きな人たちととことんハマることを重視します。 出世や世間体よりも、 心の底から楽しいと思える時間を大切にします。 モチベーションが達成や快楽といった外発的動機から、 意味合いや良好な人間関係、没頭といった内発動機へシフトしてます。 ビジネスはプロデューサーによる偏愛の仕事が増えてきま

      • 事業経営で大切なこと

        事業をする上で考えることは多岐にわたります。 学問でいうと、経営学にあたります。 まずは、 顧客ターゲットです。 顧客のセグメンテーション、ターゲットを定め、 意思決定者を特定します。 その後、 何を、いくらで、どこで、どう広告して売るのかを決めます。 まずは、競合他社に勝てる戦略を決め、 どのようなビジネスモデルでビジネスするのかを詳細に決めます。 顧客へどのような具体的価値を提供するのかを決めます。 ニーズとウォンツを特定し、顧客のJOBに適った製品を提供します。 顧客の

        • 聞くと聴くの違い

          聞くとは、 声が耳に入ってくること。 語られていることを言葉通りに受け止めること。 聴くとは、 声に耳を傾けること。 語られている裏にある気持ちに触れること。 聞くは聴くよりも難しい。 言っていることをおもんぱかるよりも、 そのまま受け取るほうが難しい。 聞く技術は、 余計なことを言わずに適切に質問すること。 聞く小手先の技術 ・時間と場所を相手に決めさせる ・表情で反応する ・正直に聞く ・沈黙を受け入れる ・返事は遅く ・相槌を打つ ・オウム返しする ・気持ちと事実をセッ

          • 子育てを楽しむ

            小学生の子供の子育てを楽しもうと思います。 子どもが成長する姿を楽しむことです。 自己決定力、自己肯定感、認知能力、非認知能力の成長を楽しみたいと思います。 子どもは、 良質なコミュニティの中で成長し、幸せを経験するものです。 よって、複数の人たちや町ぐるみで子どもを育てる意識を持ちたいと思います。 タテの関係(親子、先生生徒)、ヨコの関係(同学年の友達)、ナナメの関係(利害のない先輩後輩) を活用していきたいと思います。 子どもを勇気づけてプロセスを承認したいと思います。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 人生戦略~孫氏の兵法
            岩田あきひと

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ヒトはなぜがんになるのか

            すべての生物はがんになる可能性がある。 人間は、加齢とともに、細胞特別変異が起きやすく、 ガンになる確率は格段に上昇します。 国民の2人に1人がガンになるほどです。 ガンは避けられないものとの認識の元、 タバコを吸わない、加工食品を食べない、ウイルス・細菌・寄生虫を除去するなど、 細胞変異を引き起こす習慣をしないことです。 しかし、加齢による遺伝子の特別変異は避けられない。 ガン細胞は免疫力が弱いと発生し、転移する。 免疫力を高めておくことも大切である。 ガンは細胞分裂のバグ

            面白がる力

            面白がる力とは、 知を探索する力とも言えます。 好奇心を持って、 多様な物事に対して、 能動的に受容する力と言えます。 面白がる力が高い人は、 幅広い博識や経験を学びから持ち、 細やかなアウトプットを繰り返している人です。 面白がる力を身につけるには、 読書をすること、 ひとと会話をすること、 経験を言語化することです。 知識のインプットと、経験のアウトプットを繰り返すことで、 視野が広がり、多様な物事に対して面白がることができるようになります。 幅広いインプット、 こまめな

            慢性炎症を治す

            慢性炎症とは、 ストレスや睡眠不足、食事の不摂生からくる 身体の慢性的な炎症です。 上咽頭炎や歯周病、脂肪肝により、身体全体に炎症を引き起こします。 悪い場合、腸にリーキーガットと言う漏れを引き起こします。 特に気付かないうちに慢性炎症になっていることがあります。 上咽頭炎は、症状が分かりずらいです。 上咽頭の近くには血管やリンパ管が豊富に張り巡らされているため、 炎症が血管やリンパ管を通じて全身へ回りやすいと考えられています。 上咽頭は血管やリンパ管の他に迷走神経と舌咽神経

            毎日スキルを鍛える

            スキルには、 カッツモデルの3つ能力がある。 テクニカルスキル、 ヒューマンスキル、 コンセプチュアルスキルである。 テクニカルスキルとは、 業務を遂行するために必要な能力です。 ・接客業務:接遇スキル、トラブル対応スキル ・事務業務:パソコンスキル、経理スキル ・営業業務:プレゼンテーションスキル、商品知識、業界に関しての知識 ・企画業務:マーケティングスキル、係数管理 ヒューマンスキルとは、 良好な人間関係を築き、それを保つことができる能力です。 社内の上司・部下の関係

            学習する技術の構成要素

            学習する技術の構成要素 1.システム思考 各要素間の相互依存性を見つける 相互関連性に着目 全体像とその動きを捉える思考をする 2.自己実現と自己研鑽 自らのビジョンや欲求が何か探り続ける 現状を的確に見極める実現実行する 3.メンタルモデルの克服 固定観念や暗黙の前提を認知ずる メンタルモデルを克服する実現実行行動 4.ビジョンの構築 欲求や願望からビジョンを導く 心から望むアクションをする 5.チーム学習 学習はチームで対話する 優れた解決方法を発見する

            コミュニケーションが上手くいくコツ

            コミュニケーションが上手くいくコツは、 上手くいかない理由を理解して対策することです。 1.言葉は記号である 言葉は伝えるツールです。 よって、相手にわかる記号を使うことです。 具体的に、相手が使っている言葉をリピートすることです。 オウム返しで言葉を紡ぐと、相手は喜び、良く話を聞いてくれたと喜びます。 2.会話の主役は相手である 会話の主役である相手の話を勝手に奪わないことです。 相手の言葉をリピートするだけで、良く話を聞いてくれたと喜んでくれます。 3.相手の話を判

            自律神経は3段階で発動する

            自律神経は、 交感神経と副交感神経からなると言われてます。 副交感神経は、 背側迷走神経複合体、 腹側迷走神経複合体の2種類からなると言われてます。 自律神経は全部で3つあるとするのが、 ポリヴェーガル理論です。 背側迷走神経複合体とは、 脳の延髄の迷走神経背側運動核が延髄の孤束核とともに形成されています。 背側迷走神経複合体は、 単細胞生物にも存在ずる最も古い副交感神経です。 適度に働いている時、 消化、排泄、生殖機能、身体の回復などを司り、リラックスと休息モードになりま

            国際送金決済の課題

            国際送金の手数料は高い。 海外送金手数料、関係銀行手数料、円為替取扱手数料がかかる。 メガバンクの場合、9000円ほど、 手続き期間も4~5日、または、1週間ほどかかる。 2017年の個人間の国際送金は年間60兆円ほどある。 個人による海外通販の利用や、 出稼ぎ労働者の本国への送金ニーズがある。 今後、送金手数料の改善は不可欠である。 現行の国際送金システムは、SWIFTという団体が担っている。 SWIFT(国際銀行間通信協会)は資金移動を促進するわけではなく、 支払い命令

            心地良い空気をつくる

            心地良い空気をつくるには、 エネルギーの循環を良くすることです。 エネルギーは、 生命、感情、知性・精神性、因果・原因体、悟りから生じます。 生命は、健康であることの気分良くを指標とします。 感情は、身体の動きがあることの機嫌良くを指標とします。 知性・精神性は、ユーモアを持つことの気持ち良くを指標とします。 因果・原因体は、ポジティブであることの睡眠の夢を指標とします。 悟りは、運命性を指標とします。 エネルギーの循環を良くするための見た目に気を配ります。 1.堂々として

            脳を鍛えるための運動

            資本主義社会のゲームで勝ちたい、 集中力を上げたい、 今よりも幸せな気分になりたい、 心穏やかになりたい、 賢くなりたい、 発想力豊かになりたい、 記憶力を良くしたい、 自信を持ちたい、 すべて運動によって実現できます。 脳は運動によって変わります。 毎日身体を動かすことが脳を鍛えることにつながります。 いつも機嫌良くなるため、 運動をしてドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリン、エンドルフィンを分泌しましょう。 運動が最も多くのごほうびをもたらします。 昨日よりも幸せに

            プロジェクトにおける戦略と組織のデザイン

            プロジェクトを開始するために、 どこへ到達したいのか、 目的や目標、前提を決めておくことは大切です。 なぜなら、仮説を立てることで、検証ができるからです。 抽象的ではありますが、 プロジェクトの戦略と組織項目を具体化します。 ■プロジェクトの方針 目的:楽しむこと 目標:ゴールを記載する 戦略志向:長期視野で本音で仲間を作ること 戦略策定:演繹的グランドデザインを策定すること 戦略オプション:広い視野で社外と社内のオプションを都度選定すること 技術体系:標準化 構造:システ

            失敗の本質

            組織において、 失敗と成功を分ける分岐点があります。 それは、戦略であったり、戦術であったり、 目的を果たすために実行する組織構造であったりします。 日本の組織は、 米国の組織と異なる点が多くあります。 一般的な日本の組織を題材に、 環境に適応していくための組織のあり方を考えます。 組織の戦略は、 目的、戦略志向、政略策定、戦略オプション、技術体系に分類してみます。 日本の組織の戦略は、 目的が不明瞭なことが多くあります。 戦略志向は、短期的になりがちです。 戦略策定は、結