サンゴ礁

西表島に釣りに行くならコレだ!2

今回はリーフフィッシングについて。
難易度はそんなに高くありません。

ボートフィッシングとカヤックフィッシングが楽しめます。
おすすめはボートフィッシング。なぜなら、シュノーケリングも楽しめてしまうから。

料金は安くありません。だからこそ、彼女や奥さんも100%満足してもらう必要があります。であれば、リーフフィッシングにおいてシュノーケリングは外せない要素になるでしょう。

釣れる魚

正直、

もっとみる

#006:TG-6と行く①

こんちゃす。G組飼育係です。

皆様はオリンパス社の出した小さい巨人、TG-6をご存知でしょうか。
まあこの小さい巨人というのは、私が勝手に付けた二つ名ではありますが。

TG-6は、耐久性に優れ、高画質、マクロ撮影もでき、さらに水中でも使えるといった、万能小型カメラです。

私は去年このカメラに出会い、そして一緒に沢山の楽しい思い出を作ってきました。
この『TG-6と行く』は、そんな楽しさを諸姉

もっとみる
うちのゴキブリも喜んでおります
5

”ちきゅうのおと”のはじまり Part2

前記事の自己紹介に引き続き

ちきゅうのおとをはじめた経緯についてもう少しだけ深く

ルーツは沖縄

父親が沖縄出身ということもあり、幼少期から沖縄には毎年行っていて

特に座間味の海は大切な大切な場所

海に入ると心も身体も浄化されていく

毎年いくたびに自分の変化にも気づける、そんな特別なところです

沖縄の海は珊瑚の種類が多いことで有名で

世界中からダイバーや水中カメラマン達が集まるほどで

もっとみる
Thank you very much!
20

#9 サンゴの健康診断

一日中じめっとした空気に包まれていたが、愛媛にいる友人が送ってくれた夏みかんのおかげで、心に晴れ間ができた。

これでもかというくらいに力を込めて絞る。しぼりたての透明な恵みは、ジンとオレンジリキュールを合わせよう。久しぶりにシェイクした、夏らしい一杯。

サンゴの健康診断

ダイバーは、サンゴが白骨化しているかなどを観察してサンゴの健康状態を確かめていた。

健康診断は、見かけだけではなく細胞レ

もっとみる

#8 Coral Reef

真夏日の今日は、ボトルが半透明の水色に輝くジンとトニックでとにかく爽やかに。ライムのほんのりのしたみどりが夏の湿り気を吹き飛ばす。

今日は色とりどりな海底の話。

サンゴ礁(Coral Reef)

実はというほどでもないが、サンゴ礁は生き物だ。

クラゲやイソギンチャクと同じ仲間だが、ゼラチン質でできているクラゲたちとは違い、石灰岩でできたサンゴが大半を占めている。

さらに実は、海底のたった

もっとみる

サンゴ礁の生物多様性ホットスポットを探せ!

私たちの研究チームは、サンゴ礁生物多様性の保全計画を分析しています。

まずは、サンゴ礁の基盤を造っているイシサンゴ類の種多様性の分布を把握することから、研究をスタートしました。

前の記事で解説したように、イシサンゴの種分布は、海洋保護区(MPA: marine protected areas)を設計するときの基本情報になりますから。

先日、私たちはサンゴ礁の種多様性に関する2つの論文を発表し

もっとみる
ありがとう! 生物多様性の保全を皆で考えていきたいです!
8

沖縄県座間味村を踏破 その2<日本全市町村踏破(制覇)>

2018年5月1日、ゴールデンウィーク沖縄未踏市町村集中踏破四日目、第四村、座間味村。

渡嘉敷島から、座間味村営船「みつしま」で渡って来た阿嘉島。

フェリターミナルで、次の便の時間等確認。昼過ぎの便で、座間味島へ渡る予定。それまで三時間ほど阿嘉島を刊行の予定だ(なお後に書くトラブルの為、この予定は狂うことになる)。

港の近くに建つ「さんごゆんたく館」。いわゆるビジターセンターのようなものだ。

もっとみる
不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
9

海の友人

本日、3月5日はサンゴの日。3(サン)5(ゴ)の語呂合わせですね。国際的NGOである世界自然保護基金(WWF)が、1996年に制定しました。

しかし、サンゴが環境問題に関係する生物であることはよく知られていますが、実際どのような問題があるのでしょうか?

浅い海に生える植物のような形をしたサンゴ礁。これは、実は小さい虫のような形の個体サンゴがたくさん集まって作られたものです。サンゴの骨部分や、有

もっとみる
スキありがとうございます!
5

【勝手にアウトプットver.34】2100年:海の宝石のサンゴが絶滅するようです(写真付きで解説)

2016年、世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」で大量のサンゴの白化現象が起こりました。

グレートバリアリーフ↑

サンゴの体内に「褐虫藻(かっちゅうそう)」というプランクトンがいて、褐虫藻が光合成をしてサンゴに栄養を与えています。しかし、ある温度以上の海水温が続くと褐虫藻が死んだり、体外に排出されたりします。

引用:https://www.env.go.jp/nature/biodic

もっとみる
共感いただけて、嬉しいです!
34
ニャーン💞🐈
35