イノカ

「人と自然が、100年先も共生できる社会へ」という理念のもと、IoT・AI技術を活用して生態系を陸上に再現する『環境移送技術』を研究開発する、東大発のベンチャー企業です。 HPはこちら→ http://corp.innoqua.jp/

イノカ

「人と自然が、100年先も共生できる社会へ」という理念のもと、IoT・AI技術を活用して生態系を陸上に再現する『環境移送技術』を研究開発する、東大発のベンチャー企業です。 HPはこちら→ http://corp.innoqua.jp/

    マガジン

    • アクアリウム×サイエンス

      最新の論文をアクアリウムでなんとか活かせないか頭をひねって書いたnoteたちです。

      • アクアリウム×サイエンス

    最近の記事

    環境移送の使い方 vol.2 環境教育 〜プログラミング教育の次は、サンゴ礁教育?!〜

    こんにちは。株式会社イノカ COOの竹内四季です。 「環境移送技術」の応用領域について解説する本記事シリーズ第2弾では、イノカが創業当初より力を入れている”環境教育”について取り上げます。 ※ イノカの環境移送技術については、こちらの記事をご覧ください。 「海の生態系を目の前で見せることができる」というイノカの環境移送技術の強みを活かし、三井不動産とのコラボで創業2年目(2020年)に誕生した環境教育プログラム『サンゴ礁ラボ』。 2022年現在では、生き物や環境につい

      • 環境移送の使い方 vol.1 海洋生物に対する影響評価 〜脱炭素の次に日本企業が迫られる生物多様性対応 〜

        こんにちは。株式会社イノカ COOの竹内四季です。 「環境移送技術」の応用領域について解説する本記事シリーズ第1弾では、脱炭素の次のメガトレンドとして日本企業が直面する生物多様性対応を社会的背景に、環境移送ソリューションとしての「海洋生物に対する影響評価」について取り上げます。 ※ イノカの環境移送技術については、こちらの記事をご覧ください。 今後、株主・金融機関やサプライチェーン全体での視点など、社内外の幅広いステークホルダーにとって脱炭素と同じように対応が求められる

        • イノカの「環境移送技術」とは何か 〜サンゴベンチャーのその先へ〜

          こんにちは。「環境移送ベンチャー」株式会社イノカ COOの竹内四季です。 早いもので、イノカは創業から丸3年が経過し、第4期目に突入しました。前年度はメディア等での露出の機会も増え、認知いただくことも増えてまいりました。 現在のイノカは、これまで力を注いできたサンゴという領域を超え、コアコンセプトである「環境移送」を再定義する重要な局面にあります。 今回から数回にわたり、弊社の技術コンセプトである環境移送技術に関する記事を執筆してまいります。 本記事シリーズ執筆の目的

          • 水生生物マニアにインタビュー Vol.4 〜 サメ飼育のアクアリスト〜

            初めまして。イノカの南部です! 今回は自宅でサメの飼育をされているという、もろぬきさん (Twitter)にインタビューしてみたいと思います。 サメの飼育をされているとのことですが、水槽のサイズはどれくらいの大きさなんでしょうか? − 横幅84cmのサイドフロー付きアクリル水槽で飼育しています。またサイドフローですが、こちらは自作の物でパイプ径5cmの配管を使っています。 将来的には縦横1.5mの大型水槽で飼育下でのサメの産卵から孵化までの一連の繁殖を成し遂げたいと思って

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • アクアリウム×サイエンス
            イノカ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー2022スタートアップ部門を受賞いたしました👏

            みなさん、こんばんは。 あっという間に春ですね〜!またnoteの更新をさぼってしまいました。 じつは、抱卵しました!と記事をだしたあと、 無事にサンゴが産卵したのです🥚❣️ その記事も書かないとなあ〜と思っているうちに3月も中盤です。 おそろしいです…😂(産卵の記事もまたあげます!) そんなサボりがちなnoteですが、嬉しいご報告があったので 本日更新いたしました! じゃじゃん! 3月6日にセンターオブガレージで開催された 株式会社リバネス主催「リアルテッ

            生態系エンジニアとは? CAO増田にインタビューしました!

            株式会社イノカの多様性溢れるメンバーの中でも、ひときわ異彩を放っているのが「CAO;Chief Aquarium Officer(最高アクアリウム責任者)」を務める取締役 増田直記の存在だ。 国内でも有数のアクアリストであり、イノカの生態系技術の根幹を担う増田に、イノカ創業の背景やコアテクノロジー、今後の展望についてインタビューしました。 ■アクアリストとは − 今日は宜しくお願いします。早速、色々と分からないことだらけなのですが(笑)まず、増田さんは国内有数のアクアリス

            今年もサンゴの抱卵に成功いたしました😭!

            みなさん、こんにちは! なんと、なんと、大ニュースです!!! イノカで2回目のサンゴ抱卵成功です👏 プレスリリースも一生懸命書いたのでぜひシェアしてください🙇‍♀️ 今回、人工環境下での抱卵成功&抱卵の時期をコントロールしています! 人工環境とはなんぞや?と思われるかもしれませんが、 海の水を使わずに塩と水で海水をつくり、 温度や水質を一生懸命 人間が調整し、 海の力を借りずにコントロールした環境とイノカでは定義しています。 これのなにがいいかというと、どこ

            とらのもんサンゴ礁ラボ、ついに開講です!

            みなさん、こんにちは🤗 3連休いかがお過ごしでしょうか? ついについに、イノカオフィスにて念願のサンゴ礁ラボ第1回が 12月12日と19日に開催されました👏 イノカが設置している中で1番大きい水槽をみんなに見てもらいながら 開催できること本当に本当に嬉しいです!!!! 配布するシートもグレードアップしております! みんな夢中になって水槽をみてくれていて、感動して涙がでそうでした… 19日はAMとPM両方とも取材にはいっていただきました。 1月15日 AM9:

            新虎小屋にて出張サンゴ礁ラボが開催されました!

            みなさま、あけましておめでとうございます🎍 今年もよろしくお願いします🙇‍♀️ また、更新をさぼってしまいました…!がんばって追いつきます! また、虎ノ門オフィスで開催中のとらのもんサンゴ礁ラボですが 1/15スタートの回が残りわずかです。 みなさま、お申し込みお忘れなく! さて本日の記事は、12月5日に、虎ノ門にある新虎小屋という施設で開催された出張サンゴ礁ラボレポートです! 港区さまと共同の企画で、今回は港区の小学生たちに集まってもらいました。 今回はなお

            弊社代表 高倉が30UNDER30を受賞しました

            みなさんこんばんは🤗 10月からの負債を取り返そうとした矢先に、1週間も間をあけてしまいました… 継続するってむずかしいです!また、今日からがんばっていきます。 さて、今年のイノカでもっともおおきいニュースといっても過言ではありません。なんと弊社代表の高倉が、Forbes 30UNDER30に選出されました👏 本当に発表されるまで、いろいろな方に言いたくて言いたくて🙊 社員全員でうずうずしておりました! 高倉自身も起業のときから憧れていた賞であったことから非常に喜

            よこはまサンゴ礁ラボ最終回が開催されました

            みなさん、こんばんは🌗 めっきり寒くなりましたね…!風邪やコロナに気をつけてがんばっていきましょう! 10月16日に三井アウトレットパーク横浜ベイサイドにて横浜サンゴ礁ラボの最終回が開催されました。 (前回の喜界島の記事と日程が前後してしまいました…) 最終回は、ひとりひとりがみつけた不思議を調べて、仮説をたて、実験した結果を発表する回です。 今回は、日本私立小学校連合会 会長の重永先生や、ファッションデザイナーのマリエさまに審査員として来ていただきました! みな

            喜界島サンゴ礁科学研究所さまとコラボイベントを開催いたしました!

            みなさんこんにちは。更新を怠っておりました…! これから10月後半からのイノカの出来事をすこしずつ更新してまいります! 10月24日、喜界島サンゴ礁科学研究所さまとのコラボ企画 「サンゴキャラバン」が開催されました。 https://x.facebook.com/kikaireefs/photos/a.896114937086108/4785936011437295/?type=3&source=48 なんと…!こんなにたくさんの靴が並んでおります👞👞 今回はなお

            よこはまサンゴ礁ラボ 第3回目が開催されました!

            みなさんこんばんは!いかがお過ごしですか? 急に寒くなってきましたが、風邪をひかないように気をつけてくださいね😷 さて、今週末は よこはまサンゴ礁の第3回が開催されました! サンゴが大きくなっていますね〜〜🐟これからも成長が楽しみです! よこはまサンゴ礁ラボは4ヶ月にわたって おこなわれる長期環境教育プログラムです! 今回は3回目ということで自分がみつけた不思議に対して、仮説をたて、「調査する」編でした! みんなで水質検査をしたり ネットなど世の中に出回っている

            【きかちゃんを救う会×イノカ】サンゴがおうちにやってきた!が開催されました

            みなさん、こんばんは! 今週も1週間はじまりましたね!張り切っていきましょう! 昨日 10/3にきかちゃんを救う会さまと共同で「サンゴがおうちにやってきた!」が開催されました! オンラインのイベントでは実際に宇都宮にあるなおきんぐハカセの水槽をつかって水槽ツアーを行います🐟! とってもきれいです🐟こんな水槽がおうちにあるのうらやましいですね! はやくオフィスの水槽も育ってこんなふうになってほしいです🐟 みんな水槽ツアーもサンゴクイズも張り切って参加してくれました👏

            イノカのオフィスにてサンゴ礁ラボを開催いたしました!

            みなさん、こんばんは🐟 この前まで半袖を着ていたとおもったら、あっという間に10月ですね〜! 今日は、イノカのオフィスにてサンゴ礁ラボを開催いたしました。 せっかくこんなに水槽がたくさんあるんだから、オフィスでサンゴ礁ラボをやってみたい!と思っていたのですが、なかなかタイミングがなく今回がはじめての開催です👏 出番前なのに一生懸命なまこのうんこ💩について調べるなおきんぐハカセ あ、みつかっちゃいましたね🙈 今回は、ご縁があってアークレブさんにご協力いただきオフィス

            第185回 海洋フォーラムがイノカオフィスにて開催されました

            みなさん、こんばんは! 9/28に笹川平和財団さま主催の 第185回海洋フォーラム「東大発AIベンチャーが挑むサンゴ礁生態系の保全」 がイノカのオフィスにて開催されました👏 パネリストとして、  牛山 大輔さま(ハリウッド株式会社代表取締役社長)  角南 篤さま(笹川平和財団理事長) モデレーターとして、  阪口 秀さま (笹川平和財団海洋政策研究所長) に参加していただきました。 本格的な機材…!! 和やかな雰囲気ですね☺️ フォーラムでは、イノカについてた