【B面】チュートリアル作成における指標のメモ

この記事は、チュートリアル作成における指標のメモのB面記事です。読んでない方はリンクからどうぞ。

ここからは、具体的なゲームを事例に上げてその解説と検討を行う。

スプラトゥーン

 チュートリアル用に用意されたステージを動きながら操作を学んでいく。スプラトゥーンで何より重要なのはジャイロを使った特殊なエイム方法であり、これは「提示する必要があるもの」に該当する。歩行より先にそのエイム+ショット

もっとみる

真剣にバカゲーを作る喜びと苦悩

■ゲームを作るって、楽しくて辛い

 僕は個人でゲームを制作している。「まぐろ定食」という名前でいくつか作品を公開している。制作ツールはRPGツクールというプログラミングが分からなくてもゲームが作れるツールを使っている。

 作品について軽く触れておくと、現在公開している作品はほとんどバカゲーと呼ばれるジャンルだ。面白おかしく展開が進んでいき、ギャグを挟んでは突拍子もない方向に物語が進んでいく。そ

もっとみる
ありがとうございまあああああああっ!!
9

[ゲーム#2]ゲーム業界で働くまでの話

こんばんわ、昭和太郎です。
今日はゲーム会社で働くまでの話を書きます。

ゲーム会社と言えばよくTVなどで「子供のなりたい職業」の上位に入る、クリエイティブで楽しそうな仕事というイメージがある。
もちろん自分が新卒で就職を考えた時も、人気な職種としてすごい倍率だったのだと思う。

自分もすぐにゲーム会社で働けたかと言うとそうではない。そもそもゲーム会社に入れる人というのは、企画職なら高学歴、デザイ

もっとみる
君が好きだ!
1

【ゲーム制作期】ストーリー完成!

完璧主義を抜け出すため、作品を完成させるために締切日を設けていました。それが今日です。

もう少しいうと、"ストーリーの締切日"が今日でした。そして午前中めちゃくちゃ集中して修正しまくって先程無事に終わりました。

正直いうともっと練りたいし、もっと書き直したいし、もっと完璧にしたいです。もう本当に難しかった。

でもこのままだと世に出ることなく終わるのが見えています。幸いにも賞の締切日があったの

もっとみる
嬉しいですっ!!!
3

ゲーム開発のためのツールを考える

さて、そろそろ真面目にゲーム開発の話を始めていこうと思います。まずはこのゲーム開発素人がどういうゲームを作りたいのか、その上でどういうことを始めたのかお話ししていきますね。

■作りたいゲームのイメージ

現在構想しているのは、『Teaching Feeling ~奴隷との生活~』のようなシミュレーションゲームです。

同人ゲーム界隈では知らぬ人なしの超有名タイトルで、奴隷の女の子を引き取って愛情

もっとみる

SRPGStudio技術検証 ヘックス制のシステムは構築可能なのか? →MapSimulator自作した結果

こんにちは熱帯魚です。
月末ならぬ月初記事ですね(まあ月初ですらない)

今回は数か月前のツイートで言ってたことを深ぼります

MapSimulatorの内部処理はブラックボックスとなっているので
自作するしか道はない!で作ったはいいけど重すぎてという話。

軽量化にチャレンジ。

(なお、海外の方では既にできている模様)

結論

厳しい。(HELP ME!)
可能そうではある。
しかし、実用に

もっとみる

エンターテイメントとしての小説の役割は終わりつつあるのではないか

自己紹介も済ませましたし、さっそくゲーム開発に関するお話をしていこう……と思ったのですが、その前に、同人ゲームを作ろうと思うようになった経緯について、もう少しだけお話しさせていただこうと思います。

自己紹介でも少し触れた通り、自粛期間中にちょこちょこと小説を執筆して、個人出版していました。元から書くことが好きな私にとって小説は最も身近な自己表現の手段であり、コロナ禍を生き抜く副業になり得るもので

もっとみる

♯6 物語の共通点―心理学のお話

個人ブログ

メンタリストではありません。w

岡目鉢木/Simon.Simonです。

今回は、心理学についてお話したいと思います。

詳細に・・・

私は、大学院で臨床心理学を学んでいました。

いわゆる、心理カウンセラーコースです。

臨床とは、病床の意味ですね。病院のベッドのことです。

心理学とは、心の理論ですね。

およそ3年間学んでいました。

大学卒業後、大学院研究生として、1年間

もっとみる