ScriptableObjectを理解したかもしれない話

こんにちは! P&M Entertainmentです!

最近Unityから離れていたのですが、不思議なもので、そのような状況で逆に理解できなかった概念がある日突然ピンと理解できたりするものです。

特に、数学を勉強していた方にはそういう経験があるのではないでしょうか。わたしは数学というか算数レベルで苦手だったので、このような経験は専らゲームプログラミングにおいて体験していますが。

Script

もっとみる

7月13日19時からUnity Japanスタッフによる公式生放送「Unityステーション」~今回はShader Graph解説シリーズの実践編~

Unity Japanスタッフによる公式生放送「Unityステーション」。次回放送は7月13日(月)19時からです。

6月23日放送回に引き続きShader Graphについて、今回は実践編ということで実際に2Dゲームで使われるようなちょっと凝ったエフェクトを作っていく流れをTipsを交えつつ解説します。Shader Graphを使い始めたばかりの方や理解を深めたい方を対象にしています。

担当

もっとみる

Unity iOSアプリをXcodeを使わず作る(Unity Cloud Build)

どうもマカロンです。

本日はXcodeとお友達になれなかった私がUnityで作ったゲームをipaファイルで出力し、それをAppStoreConnectにアップロードするまでの話をしたいと思います。

Xcodeのエラーに悩まされ、何をやっても解決しない

そんな人への記事です。(なのでもちろんMac推奨)

Xcodeと仲良くなれなかったわけ

今回は実際に出たエラーを紹介します

1.** C

もっとみる

iTweenでコルーチンを使ってみよう

こんにちは、すけです!
現在、Unityの練習もかねて3Dすごろくゲームを制作しています。

便利なアニメーションツール「iTween」を使っていたところ
コールバック関数にコルーチン関数を指定した方が便利だと思ったので
記録として記事にします。

はじめて動画を載せてみたのですが、
ダウンロードしないと見れないようです。すみません。

試される方はAsset Storeからインポート!
iTwe

もっとみる
励みの糧になります。本当にありがとうございます!
1

ユニティちゃんの新LINEスタンプを発売開始! ユニティちゃんの女優デビュー作である映画『踊ってミタ』とのコラボレーションLINEスタンプで、これまでのユニティちゃんLINEスタンプも担当した漫画家・芹沢えののさん執筆によるものです!
https://line.me/S/sticker/12069040

本日発売の雑誌『CGWORLD』でUnity最新ビジュアル表現と題した全26ページの特集を掲載! 主に映像系の最新事例を中心にユニティちゃん新モデルデータ解説、黒猫用品店さんから聞いたBlender & Unity活用術など。
https://cgworld.jp/magazine/cgw264.html

ユニティちゃんの新モデルデータ『サニーサイドアップ ユニティちゃん』を公開しました! Unityの最新レンダリング・HDRPとURPにそれぞれ対応したモデルデータ2種で、URP版ユニティちゃん・トゥーン・シェーダー2も同梱しています!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000132.000016287.html

お家Unity進捗(13日目)

花澤香菜さん、小野賢章さんご結婚おめでとうございます!

【やったこと】
・プレイヤーデータをゲームマネージャーから分離
・敵の新しいデータを作成

敵の種類は増えたが、攻撃パターンは増えてない

【次にやりたいこと】
・フレーバーテキストにバフ/デバフを反映
・敵ごとの攻撃パターンを管理
・複数敵の対応

もっとみる

Unityで円形ゲージを表示できるCirlceGraphicを公開しました

・GitHub

https://github.com/heppoko/CircleGraphic

・何が良いのか?

通常、Unity で円形のゲージ UI を表示したい場合には uGUI の Image の Image Type を Filled にして Fill Method を Radical 360 にすることで実現できます。

ただし、この場合、アルファ値を使って円形に切り抜いたテク

もっとみる

Unity MARS 1.0 入門 (2)

「Unity MARS 1.0」を使って、フェイストラッキングの例としてメガネ(長方形)をかけるARアプリに挑戦してみます。

1. テンプレートの準備

「MARS」には、典型的なARアプリの雛形が用意されおり、これを使うことで、簡単にARアプリが作れます。

(1) メニュー「Window → MARS → Chose Templates」を選択。
(2) テンプレート「Facemask」を選

もっとみる