クリエイティブディレクション

他人になかなか言えない職種、クリエイティブディレクター

2歳の息子が、せっかく買ってあげた仮面ライダーゼロワンのベルトを装着せず、何を思ったのかピーマンやトマトをベルトの丸い部分に乗せてフライパンがわりにユサユサ振っている。どうやら野菜炒めでも作っているつもりらしい。全身に脱力感を感じながら、おいおい、そのベルトは仮面ライダー、、、に変身する主人公と同じように、料理もある意味食材の変身といえるのかもしれないな、、、とぺこぱのツッコミのごとく息子の自由な

もっとみる
読んでいただきありがとうございます。
29

「幸せなデザイン。」

デザインという言葉ほど、人にとっての定義が違う言葉も珍しい。今の時代にあるべきデザイン、デザイナー、デザインチームの再定義。

デザイン×社会性

自分が受けてきたデザイン教育も含め、数多くの先人がデザインのあるべき姿について論じて来たと思う。そしてその多くは「デザインx社会性」であり、「より多くの他者を幸せにする」を求める事と言った言い方である。

社会性とは「他者に何を求められているか」であり

もっとみる

電通トップのクリエイティブディレクターはどんな本を読むのか?

先日「すべての仕事はクリエイティブディレクションである」を読んで、ものすごく勉強になった。詳しくはこちら

その巻末に参考文献として36冊の本が掲載されていた。著者の古川裕也さんといえば、言わずと知れたクリエイティブディレクターで、日本最強の広告代理店電通のクリエイティブのトップである。そんな人がどんな本を読んでインプットしているのか?あなた気になりませんか?

ということで以下に掲載します。ちな

もっとみる

【書評】すべての仕事はクリエイティブディレクションである+参考文献一覧📖

普段言語化できていないモヤモヤを、誰かに
「〇〇とはこういうもんだ!!!」
と断言されると、「へえー😲」と思わず納得してしまうときがある。

しかも、それが実績のある名前の知れた人ならなおさらで、それが絶対的なフレームワークとして自分の中の「考え方の骨格」にまで影響を及ぼすことさえ稀にある。

この本もそんな一冊。クリエイティブディレクターがやるべきことは以下の4つと断言している。これが正しいか

もっとみる

恋愛にもクリエイティブディレクターを。

こんばんは。

久々に『彼女のいる彼氏』を一気に全巻読破して、胸の高鳴りがおさまらないわたしです。CA(サイバーエージェント)にいたクリエイターが描いたお仕事ラブコメなのですが、ITベンチャーでやってると、ところどころ使われる用語や仕事での悲喜こもごもなどがあるあるすぎて。もともと2~3年前にも通勤電車の中で読んでいたのですが、あの時よりもずっと共感しながら読めているいま笑

今日ちょうど、政治に

もっとみる
i think so too!
3

2020年1月16日(木)

昨日 ●●様WEB制作のお打合せの際に●●社長よりご指導いただいた、
「制作の事情に流されるのではなく、
 いかに工夫して、表現したいことを実現できるよう乗り越えるか?
 それを考えるのがプランナーの仕事であり、
 それができていないから伸びないのだ」というご指摘は、
恥ずかしながら「天啓」と言いますか、
自分のなかのモヤモヤが あざやかに整理された、
非常に重要なお言葉でした。

営業と制作の間

もっとみる

2020年1月9日(木)

昨日の続きのような話になってしまいますが、
やはり職種間の役割分担は
組織を強くするうえでも欠かせないことだと思います。

そして、その役割分担は
毎回 明確に言語化しなくても お互い分かり合えていて、
ひとつの案件が起きたとき
それぞれのアプローチでそれぞれが主体的に自走できる
というのがあるべき姿ではないでしょうか。

この「毎回 明確に言語化しなくても」というのは、
小さな組織でスピードを優

もっとみる

2020年4月14日(火)

●●様への提案業務については、
昨日よりもスムーズにディレクションできたように思います。

その要因としては、
残り時間が少なかったこともさることながら、
ディレクションを
「する側」の要望だけを押しつけるのではなく、
「される側」の都合も考慮したうえで、
ちょうど良い着地点を見出せたためだと考えられます。

コミュニケーションは交渉や取引とニアイコールであり、
受け入れることも重要であると再認識

もっとみる

2020年4月13日(月)

テレワーク初日は、
ほぼ●●様の提案業務のみで1日が終わってしまいました。

その要因として大きくは、
はじめてのテレワークによる混乱が挙げられます。

 ■ 打合せの始めにくさ(機器トラブル)
 ■ 打合せ自体の進行しにくさ(だれがいつしゃべるのか?) などです。

しかし、
これらはそう長くはない時間で解決できる、
慣れの問題だと思います。

むしろ「テレワークあるある」として、
のちのちのク

もっとみる

みんなが夢想した「アレ」が来ているのかもしれない。

大人になるにつれ誰でも、大人になった知識や経験を持ったまま
青春時代や子供時代に戻ってやり直したい、みたいな夢想をしたのではないだろうか。

あるいは、遠慮のない同級生とのたわいない雑談の中で、「もし・・・だったら」という
禁断の果実の様な、幻想的夢想の話題の「アレ」のことである。

男なら、今の知識やテクニックを持って学生時代に戻り、女性を口説きたいとか、
ちょうど今活躍している、IT系や映像の

もっとみる
うれしっす〜!
9