〈さる國の皇子もみぢを熔鉱炉と くにを〉
日本はもう景気上昇
過去の事
搾つても經済の母乳出ず
アラブの方面、知恵働き如何で
砂漠の緑化も出來
他民族のワーカーを
多勢受け容れる
そんなヴィジョンも
成り立つ-元々富裕地帯。
〈何燃やす?焚火の児には過去短し くにを〉
©都築郷士

あなた正しい!

📺UAEのサザエさん的アニメ:フリージ

※筆者はアラビア文化について明るくありません。素人の記事です。

 このアニメが面白い! アラブ首長国連邦(UAE)発のアニメである。日本では2019年春に放送されていた。ちょうど”令和最初に”放送されたアニメだとも言われている。今日はそんな『フリージ』(Freej)というアニメを紹介しよう。

UAEの国民的アニメ『フリージ』(Freej)

 この『フリージ』、日本におけるサザエさんぐらいには

もっとみる
ありがとうございます。コメントもぜひ!
24

002 ラフィク・シャミ『夜と朝のあいだの旅』

昔、小学生だった私をシリア・ダマスクスの魔術的な街並みに連れ出してくれたのは、シリア生まれのドイツ人作家ラフィク・シャミによる『夜の語り部』という本でした。
その後私は、実家にこの本を残したまま上京してしまい、長い間再び手に取ることがありませんでしたが、少し前に古本屋でラフィク・シャミという名前を見かけたとき、懐かしい気持ちでついそのまま買って帰ってしまいました。それが、今回ご紹介する本『夜と朝の

もっとみる

「青い嵐」の渦「アッラーは天と地の光」

今日は『13の月の暦(ドリームスペル)』で「青い月の嵐の年」の「青い自己存在の嵐の日」。「銀河の音」に注目すれば「2の年」の「3の月」の「4の日」で、2-3-4と綺麗に数字が並ぶ。

一方、同じ「太陽の紋章」で「銀河の音」が1増える関係は、40日が経過した事を意味する。20:13型ツォルキンを眺めていれば自然と気づく事だが、こういう感覚に馴染んでくると、今日で元旦から80日が経過したことにも自ずと

もっとみる
ありがとうございます!励みになります☆
8
スキありがとうございます!
2

MY SUOMI_2014#08

アラビアファクトリーではムーミンマグ展が開催されていました。
ムーミンマグ界では右に出る者のいない最強の友人のおかげで、ユハンヌスが近く閉まっていたところを特別に中に入れてもらうことが出来ました。

いつ来ても素敵な建物!

他のお客様のいない空間、とっても贅沢な時間を過ごしました。
ゆっくり見放題!

何からなにまで可愛い!
ムーミンマグの世界に魅了されて何時間もいたように思います。
付き添いの

もっとみる
kiitos!ありがとう‼︎
3

漢字の真実に気付いてしまった

 皆さん、こんにちは。漢字大好き木賃ふくよし(芸名)です。書けないけど。
 はい。いきなりですが、ワタクシ、今になって、とんでもない真実にたどり着いてしまったのです。

 ええ。コレは世界を震撼させる真実ですよ。ええもう。

 いいですか。落ち着いて聞いてくださいね。

 コレは恐ろしい真実ですよ。いいですか。心してお読み進みください。

 木乃伊とか独活とか難読だったり、薔薇だの麒麟だの漢字は難

もっとみる
(´・Д・)」 ついでにシェアもお願いします。
5

かわいいレトロ集めました

20sは、おうち時間を快適に。かわいいレトロなクラフトアートを集めていたら、ショップになりました。

お気に入りのヴィンテージアイテムやそのほかについて書いていきます。

ちょっと通でちょっとアート、ほどよく趣味がよさそうなインテリアにしたいとき、いい仕事をしてくれるようなアイテムばかりを集めました。サステイナブルに興味がある人にも。

インテリアや建築、レトロ好きに読んでいただけたら、嬉しく思い

もっとみる

MUSTAKIVI Kolmeオープンと石本藤雄展

 
2020年9月19日(土)に、MUSTAKIVI Kolme(ムスタキビ コルメ)をオープンします。

Kolmeから、ブランドMUSTAKIVIを発信

MUSTAKIVI(ムスタキビ)は、北欧・フィンランドのマリメッコ社でテキスタイルデザイナーとして活躍し、その後、アラビア社で陶芸作品を生み出してきた石本藤雄さんがプロデュースするブランドです。2017年2月にロープウェイ街に店舗(ギャラリ

もっとみる

d.11 ガラスの村の人々

ここは小さな村ですから、息のつまることもあります。そんな時は灯台の上からいくつも紙ひこうきを飛ばします。そうするとしばらく村の人たちがそっとしておいてくれるんです。不思議ですね ──。



ヌータヤルヴィのガラス村は、その周辺に広がる広大な森林の恩恵によって生まれました。ガラスを溶かす窯には大量の薪が必要だったからです。今回は、そこに建設されたガラス工場とその村で活躍したデザイナーたちをご紹介

もっとみる
🇫🇮 Kiitos paljon !
7