自分の思い出

315

母の着物姿と買い物籠

私が小さい頃、冬になるとよく母は着物を着ていた。ウールの着物を着て白い割烹着を着た母はいつも忙しそうに家事をしていた。母の着物姿が大好きだった。
母は近所のお店に買い物に行く時、籐の買い物籠を持って出かけた。今で言うエコ
バッグである。

母は今85歳。最近は着物を着ることもなくなった。買い物する時は籐の籠ではなくナイロンのエコバッグを使っている。

相変わらず元気に畑と家事で忙しそうだ。先日帰省

もっとみる
やりますな

母の後悔と私の人生

私は高校生になりひとり暮らしを始めた。母は私を8歳上の兄と一緒に住まわせたら私がもっと勉強したかもしれないと今も後悔している。

私が高校時代もっと勉強していたら、今の私は存在しないのかな。どんな55歳の別の私がいるんだろう。しかしそれを見ることは叶わない。

生活のちょっとした選択が人生を大きく変えてしまう。それは死ぬまで続く。自分でよく考え日々選択していこう。

やりますな

BMXフリースタイル

今朝テレビをつけたら東京オリンピックのBMXフリースタイルを放映していた。世界トップレベルの神技が繰り広げられていた。

長男が高校時代、ブラジリアン柔術の師匠からBMXを譲ってもらった。毎日BMXに乗って高校に通っていた。ある日帰宅した長男が先生からBMXが校則違反だと言われたと話した。後部に付いているハブステップが危険だと言われたらしい。しばらく放置していたが毎日のように先生に注意されていた。

もっとみる
やりますな

優しさと親切について

村上春樹さんの小説かエッセイで、優しさはよく分からないが親切は分かるみたいな意味の文があった。今も深く理解できていないが妙に印象に残っている。

今日ふとその文章を思い出しネットで検索してみた。小説の文章は見つけることが出来なかったが、こんな村上春樹さんのインタビュー記事を見つけた。

「愛は消えても親切は残る」っていうのは、アメリカの小説家カート・ヴォネガットの小説のなかの言葉なんですけど、僕は

もっとみる
やりますな

小ブスの勧め

若い頃自分は小ブスだと自覚しながらも、どこかで痩せたら綺麗になれると期待していた。そしていつもダイエットしていた。

55歳になり、やっと悟った。痩せたところで私は小ブス程度の顔だということを。

小ブスで良いのだ!と今は素直に思える。昨日娘にも小ブスの自覚を持ち明るく自信を持って生きるようにアドバイスした。なかなか難しいだろうが頑張ってもらいたい!

ナイス!!

今回の帰省で親戚の人に言われた20年以上前の会話

色白で肌の綺麗な赤ちゃん(長男の従姉妹)を見た親戚の叔母ちゃん「白くて可愛い子やなあ💓」

長男(知之)「僕黒いんよ〜」

叔母ちゃん「お肌すべすべで綺麗なあ💓」

長男(知之)「僕肌汚いんよ〜」

母(私)「知之ナイス!!」

格闘技の遺伝子

家族や親戚に柔道、相撲、レスリングをしている人が多かった。子どもの頃から父や兄とテレビでよく柔道や相撲の試合を見ていた。小さな頃は父や兄姉と相撲したり、柔道部の兄の稽古相手(投げられ役)になって受け身の練習をしていた。

私は球技が苦手で、得意な競技は柔道や相撲だった。しかし柔道の練習はキツくサボりの私には到底無理だったし、男受けも悪いと思い断念した。

今日東京オリンピックの柔道の試合を見た。阿

もっとみる

父の思い出

私の記憶には無い思い出。理由はよく分からないが、幼い頃私はあちこちに隠れる癖があった。お風呂の湯船に隠れたり、押入れに隠れたりしていた。家族が探して見つかってもキョトンとした顔をしていたらしい。

小学生になり隠れなくなった私に父がよく話をした。父「昔あるところに、隠れる子がいたんやと…」私「いや〜!」若い頃の父は我が子をよくイジって笑っていた。

幼い私が隠れていた理由は全く分からない。ただ今日

もっとみる

東京オリンピックが始まった

前回の東京オリンピックは1964年10月10日から開催された。私が生まれる約1年前だ。そして今日東京2020オリンピック開会式が始まった。いつもなら私はオリンピックの開会式を見ない。しかし今、長期帰省中のため映画が観えないので開会式を見ている。感動のない開会式を見ていると映画がたまらなく観たくなってきた。

明日から世界トップクラスのアスリート達による闘いが始まる。放送されるなら大好きな新体操、陸

もっとみる

ダイヤモンド婚💎

私は何年か前に銀婚式を迎えた。銀婚式は結婚30周年。結婚50周年が金婚式。そしてダイヤモンド婚が60周年。ダイヤモンド婚より長い結婚記念式はない。

私の父母はダイヤモンド婚を超えた夫婦だ。夫婦揃って60年以上生きて結婚生活を続けることは非常に難しいらしい。

私と夫が離婚せずに生きてダイヤモンド婚を迎える年齢は85歳。なかなか厳しい気もするが、30年後まだnoteを書き続けていればダイヤモンド婚

もっとみる